プロフィール

名前が長いノベプラのユーザー ※掲載するすべての作品はフィクションであり実在の人物・組織・出来事とは一切関係ありません。

ブックマーク

一覧

  • 創作徒然草

    創作に関して気ままに書く!

    748,356

    1,450


    2022年7月5日更新

    主に小説創作に関して気ままに書いていきます。 ネタが思いついた時だけの超不定期更新! 続くかどうかも分からない(^_^;) ――と言いつつ200回を超えました。最近は広く創作関係の話題を扱っております。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間26分

    この作品を読む

  • 100文字ショート

    100文字きっかりです。

    520,746

    272


    2022年7月5日更新

    小説を書く力を取り戻す為のリハビリとしてTwitterに投稿を始めたのが、この作品を創るきっかけになりました。タイトルも含めて、100文字完結型の短編集です。誰もがやったことがあるだろう日常の失敗、勘違い、自慢などを100文字にまとめてみました。皆さんにクスッと笑ってもらえる作品を目指します。 ※モバスペBOOKというサイトにも掲載しております。

    読了目安時間:2時間9分

    この作品を読む

  • レジェンド・オブ・ダーク遼州司法局異聞 

    アラサー女子上司達に鍛えられる物語

    801,035

    2,481


    2022年7月5日更新

    感想コメントで『キャラ多すぎで覚えらんねえ』と言うことで減らして『特殊装甲隊 ダグフェロン『廃帝と永遠の世紀末』 甲武の闇』となりました ほとんど事件の内容は同じですが、キャラは覚えやすいよう『濃く』しました ギャグも増えました 地球人類が初めて地球外人類と出会った辺境惑星『遼州』の連合国家群『遼州同盟』。 その有力国のひとつ東和共和国に住むごく普通の大学生だった神前誠(しんぜんまこと)。彼は就職先に困り、母親の剣道場の師範代である嵯峨惟基を頼り軍に人型兵器『アサルト・モジュール』のパイロットの幹部候補生という待遇でなんとか入ることができた。 しかし、基礎訓練を終え、士官候補生として配属されたその嵯峨惟基が部隊長を務める部隊『遼州同盟司法局実働部隊』は巨大工場の中に仮住まいをする肩身の狭い状況の部隊だった。 さらに追い打ちをかけるのは個性的な同僚達。 直属の上司はガラは悪いが家柄が良いサイボーグ西園寺かなめと無口でぶっきらぼうな人造人間のカウラ・ベルガーの二人の女性士官。 他にもオタク趣味で意気投合するがどこか食えない女性人造人間の艦長代理アイシャ・クラウゼ、小さな元気っ子野生農業少女ナンバルゲニア・シャムラード、マイペースで人の話を聞かないサイボーグ吉田俊平、声と態度がでかい幼女にしか見えない指揮官クバルカ・ランなど個性の塊のような面々に振り回される誠。 しかも人に振り回されるばかりと思いきや自分に自分でも自覚のない不思議な力、「法術」が眠っていた。 考えがまとまらないまま初めての宇宙空間での演習に出るが、そして時を同じくして同盟の存在を揺るがしかねない同盟加盟国『胡州帝国』の国権軍権拡大を主張する独自行動派によるクーデターが画策されいるという報が届く。 誠は法術師専用アサルト・モジュール『05式乙型』を駆り戦場で何を見ることになるのか?そして彼の昇進はありうるのか? 表紙絵 ぶぶききさん

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29時間0分

    この作品を読む

  • さあ、おまえの積みを数えろ

    アニメ、マンガ、プラモの積みの記録(笑)

    49,460

    50


    2022年7月5日更新

    「さあ、おまえの積みを数えろ」 と、某ライダーに言われても把握できないくらいに積みを重ねております。 具体的にはHDDレコーダーに溜まった未視聴のアニメ、通販のダンボールに入ったままのマンガ、高く積み上がったプラモデルの箱など。 ちょっと自制し、積みを減らさなければ――ということで、積みの増減の記録をつけようと思い立ちました。 2021/11/29(月)を起点とし、毎週月曜日に集計した結果を発表していきます。

    読了目安時間:31分

    この作品を読む

  • ラ・シルフィード La Sylphide

    少女は馬に乗り、風になる

    62,700

    102


    2022年7月5日更新

    常にヒトの側にいる動物、馬。 時に荷を運び、時に散歩の足となり、狩やスポーツの際にも、ヒトとの見事なコンビネーションを見せてくれます。 悲しいかな戦争の歴史においても、言うに及ばず。 機械化が進み、現代の生活のほとんどにおいて馬力を必要とはしなくなったものの、多くはスポーツや趣味の分野において、乗馬クラブや牧場、イベントなどで、彼女たちと深く関わることができます。 そんな馬たちに敬意を表して、この作品をお届けします。 乗馬には様々なスタイルや流派があります。 その中で本作は、和式馬術に則っています。 和式馬術: 日本において、武士たちにより発展したと言われる馬術です。 馬は、小型の在来馬。 重い甲冑をつけていても馬に負担をかけず、かつ、戦闘に適した乗り方です。 なお、拙作「スケーティング弓術部ニーケ」のスピンオフ、クロスオーバーではありますが、本作だけでも楽しめるかと存じます。 SF的要素あり。

    読了目安時間:1時間31分

    この作品を読む