プロフィール

 主にSF小説を書いています、双子烏丸です。  小説家になろう、アルファポリスにも小説を投稿しており、そちらで投稿した作品や、新規で書いたものをこちらにも投稿して行きますので、よろしくお願いします。  Twitterでは「TwinCrow」(@KTwinCro)の名前で活動しています。

ブックマーク

一覧

  • 超能力者の日記

    とある世界にあった日記です

    18,300

    5


    2021年4月15日更新

    とある世界にあった日記。どう感じるかは皆次第です

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • アラフォーおっさんはスローライフの夢を見るか?

    第3巻大好評発売中!!

    1,518,150

    38,380


    2021年4月15日更新

    人生に疲れていたおっさん(38歳・独身)は夜の公園で暴漢に襲われて死んだ。 かと思いきや、目覚めればそこはダンジョン! 傍らには毒舌女子高生! おまけにどういう訳か若返っていた! アラフォーおっさんは人生をやり直すために動き出す! モンスターを倒し、依頼をこなし、スローライフを実現するのだ! そのために――まずはアンデッドが跋扈するダンジョンを脱出せよ!! ハーレム展開もあるよ。 ◆報告◆ 2020年09月19日(土)第3巻発売 2020年03月01日(土)第2巻発売 2019年08月24日(土)HJノベルス様から発売 小説家になろう様、MAGNET MACROLINK様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:27時間42分

    この作品を読む

  • ぶっきらぼう魔女は育てたい

    私は必ず、みんなを幸せにしてみせる。

    352,600

    760


    2021年4月14日更新

    生涯を共にすると決めた彼が二度死んでから、八十年もの月日が流れた。 彼を生き返らせる為に“迫害の地”へ逃げ込み、新薬、新たな魔法の開発をがむしゃらにし続けるも上手くいかず、全てに行き詰っていく。 喜怒哀楽の感情を無くし、薬の副作用で二十四歳の若さを保ったまま、八十年もの時を消費した魔女『アカシック・ファーストレディ』 そのアカシックは、要の薬草が切れたので採取をしに行くと、針葉樹林地帯で捨てられていた人間の赤ん坊と出会う。 二つ目の罪悪感を背負いたくないが為に捨て子を拾い、淡々とぶっきらぼうに育てていく魔女のアカシック。 そして捨て子を育てていく内に、不本意ながらも寄り添える者達が増え始め、独りだったアカシックの心境が徐々に変わっていく。 時には捨て子に励まされ。時にはウェアウルフに論され。時には黒龍に激励され。遠回りな道のりで新たな事を学び、忘れていた過去を思い出し、闇に堕ちていた心が少しずつ浄化され、失った感情を取り戻していく物語。 ぶっきらぼうで不器用な一人の魔女と、拾われた捨て子の一生の一部を。 毎週、水・土曜日に更新中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間26分

    この作品を読む

  • 終焉の天秤は静かに傾く

    本格ダークファンタジー群像劇作品です

    204,510

    5,642


    2021年4月14日更新

    【第3回マグネット小説コンテスト優秀賞受賞作品】 人間と亜人、魔族が暮らす極創星世界《ラピス・ワールド》。極星の女神が創世し、星の加護に護られた美しい世界。 しかし、世界とは残酷だった―――― 生前、魔女と呼ばれた狂った母の手によって命を落とした私。命尽き果てた私へ、星空の下、黒猫が私に告げる。 「天秤座ノ加護ヲ与エタ。オ前ハ今日カラ〝メイ・ペリドッド〟だ」 漆黒の魔女とその守護者は星の導きの下、裁きを下す。今日も私は罪人へ問い質す。 「創星の加護の下、審判者は彼の者へ継ぐ。汝の罪は正義か悪か?」 これは、世界に虐げられ殺された私が死神と契約し、審判の魔女として残酷な世界を変えていく物語―――― 終焉の天秤は今日も静かに傾く―――― 死神と契約した審判の魔女、彼女を救うべく転生した青年。創星の加護を与えられし者達がそれぞれの信念の下、残酷な世界で紡ぐ本格群像劇風ダークファンタジー、ここに開幕! ☆タイトルあらすじから気になった方、冒頭プロローグ4話だけでも読んでいただけると雰囲気が分かるかと思います。 ☆冒頭表紙を変更しております。(表紙はあっきコタロウ様に描いていただきました) ☆挿絵有の話には★をつけております。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間26分

    この作品を読む

  • ひとくちセリフ劇場

    「セリフだけ?」「しかも140字」

    975,045

    1,217


    2021年4月14日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

    読了目安時間:2時間35分

    この作品を読む