プロフィール

趣味で小説書いてるおっさんです。よろしくお願いします。

ブックマーク

一覧

  • 魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    ♡871,126

    〇15,745

    異世界ファンタジー・連載中・6060話・810,605字 ぽてゆき

    2020年10月30日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 ※〈第1回ノベルアップ+小説大賞〉に応募しているこちらの作品もぜひ! 『伝説の勇者ポイントカード』 https://novelup.plus/story/261249263 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

  • 自主企画第二弾となります

    ♡70,155

    〇810

    ブログ/活動報告・連載中・24話・25,061字 ののあ

    2020年10月29日更新

    あの夏コンに続いて、自主企画第二弾:秋の夜長コンテスト! テーマは『秋』! 参加者は随時募集中です! 少しでも興味がある方はご参加or覗いてみてください!

  • タイトルで勘ぐったあなたはえっ(規制)

    ♡9,900

    〇10

    エッセイ/評論/コラム・連載中・3話・5,257字 ミハイル純

    2020年10月29日更新

    あなたは「飢え」に苦しんだことがあるだろうか? 食欲は三大欲求の一つであり、満たしても満たしても「飢え」というものは、まるで我らの宿敵「死」の手先かのように必ず襲ってくる。 そう、例え夜であろうとも「飢え」という悪魔は、常にあなたと共にある。 だがしかし、現代社会にはそんな悪魔たちから我々を救ってくれる味方がいる。 そう、彼らは「夜食」と呼ばれ……彼らもまた、我々を誘惑してくる一面を持つ。 本エッセイは、その中でも特別、作者自身が世話になった夜食の一つを紹介したい。 その名は「 缶詰 」 いわゆる“CANNED FOOD”である。 我々現代人が誇るあらゆる分野の学問、技術をフル活用して創り上げた 「 人類最速最強の食事 」である。 かつて、JK ( Jiei - Kan )だった作者を、幾度となく「飢え」から救ってくれた食事でもある。 本エッセイでは、読者であるあなた方の身近にも売られている「心強い味方」 そんな彼ら「缶詰」の魅力について、書き綴っていきたい。

  • 悪役令嬢の無理難題に華麗に答える策士を見

    ♡1,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・33話・97,187字 ぺる

    2020年10月29日更新

    侍女頭、レイが仕えるお嬢様は街でも学園でも有名な令嬢。 ある時は学園祭の出し物が気に入らないから変更しろと無理を言ったり、気にくわない上級男子生徒を素っ裸にしたりで大騒ぎ。 ある時は知らぬうちに命の危機にさらされ危ない目に遭ったり……。 ある時はダンスで転び、家に恥をかかされたと幼い妹を罵倒!さらにはダンスパートナーには転ばせた罪で報復すると言い出し高笑いを浮かべる。 わがままばかりでどんなことでもやってのける性格の悪さ。しかしレイは笑顔で答えます。 「お嬢様の願いを叶えましょう。」 お嬢様のためなら情報操作、人海戦術、ありとあらゆる策略を巡らせ、望む結果を手にいれる、策士な侍女頭のクールで華麗な暗躍劇! 学園祭のお出し物を変えるのですね。わかりました、すぐに人を使って変えて見せましょう。 お嬢様を危険にさらすものは許しません。身を呈してお守りいたします。 報復をお望みですか?それでは世間の批判なく、その者たちを社会的に殺して見せましょう。 すべてはお嬢様のため。 さぁ皆さん お嬢様にとってより良い世界を作るため 今日も定例会議を始めます。

  • 事故で異世界に来てしまった少女のお話

    ♡256,900

    〇700

    異世界ファンタジー・連載中・113話・208,261字 すすき

    2020年10月29日更新

    風見志穂<かざみしほ>は普通の高校生である。 農作業中の事故によって魔法の世界に移動してしまった志穂は、そこで精霊の力を借りる剣の使い手に(事故で)選ばれてしまう。 元の世界に帰るために精霊と出会う冒険に繰り出す志穂。最初はしぶしぶだったけれど異世界を歩く事に少しずつ楽しみを覚えていく。