プロフィール

新作の予定は未定。 今のところ、読み専です。

ブックマーク

一覧

  • 現代の妖退治物語。

    ♡749,090

    〇31,550

    現代/その他ファンタジー・連載中・111話 夏月凛太郎

    2020年6月23日更新

    古の時代、妖は人々の隣にあり、時として人々の生命を脅かしてきた。 ――時が経ち、現代。 妖は物語の彼方へと押し込まれ、その存在が信じられなくなって久しい。 だが、妖が消えたと思われた現代にも、妖は密かに、しかし確かに存在していた。 地方都市――丹来市。 地元の進学校に通う少年穂積善には、高校生としての顔の他に、もうひとつの顔を持っていた――人知れず妖を退治する、拝み屋としての顔を。 拝み屋の少年:穂積善と「鴉」の通り名を持つ情報通の少女:印藤小霧が妖絡みの事件に立ち向かう和風伝奇活劇。 ※MAGNET MACROLINK、小説家になろうでも掲載しています。 ※表紙は電咲響子様よりいただきました。ありがとうございます! ※挿絵のある話にはエピソードタイトル横に★印をつけております。「昏い水」第一話の挿絵はrosine@ロジーヌ(@rosine753)様よりいただきました。ありがとうございます!

  • 生まれる時代を間違えたサムライ、異世界へ

    ♡1,204,030

    〇30,290

    異世界ファンタジー・連載中・68話 shiba

    2020年4月12日更新

    【剣術 × 恋愛 With 巨大騎士】でお送りする架空戦記物です。 (※小説家になろう様でも掲載しております) 斑目蔵人(まだらめ くろうど)は武人である。ただし、平成から令和に代わる時代に剣客として飯が喰える筈も無く…… 気付けば何処にでもいるサラリーマンとなっていた。 化物染みた祖父に叩き込まれた絶技の数々は役立たずとも、それなりに独り暮らしを満喫していた蔵人は首都高をバイクで飛ばしていた仕事帰り、光る風に包まれて戦場に迷い込んでしまう。 図らずも剣技を活かせる状況となった蔵人の運命や如何に!?

  • いらっしゃいませ!ヤマムラ電機へようこそ

    ♡7,300

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・19話 アタホタヌキ

    2020年1月22日更新

    【注意:本作では実際の家電に使われている機能や現実に存在する家電などが紹介されますが、あくまで筆者のイメージであり、実物とは異なる可能性がございます。実際の機能につきましては、各家電メーカーのホームページ、お問い合わせ先、最寄りの家電量販店にご相談ください。】 いらっしゃいませ! ようこそ! ヤマムラ電機 異世界店へ!! 今日のおススメ商品ですか? お客様は運がいい! 本日は大特価セールとなっておりまして冷蔵庫に炊飯器、電子レンジも掃除機も何もかもが大特価でお届けできます!! 使い方は簡単。この魔法のコンセントを壁に取り付け、家電のプラグを差し込むだけであら不思議! あなたの生活を一変させます! エアコン! 空気清浄機! テレビにブルーレイディスク!! まとめ買いでさらにお買い得!! 配送をご希望でしたら、うちの翼人店員が空からお届け!! 現実世界からおこしの方々にも、家電のお役立ち情報や、現実世界でも使える情報をお届けできれば幸いです! ああ、海竜族のお客様は水中のご使用にはご注意ください。防水加工されているかどうか、必ずご確認くださいね。 さて、ヤマムラ電機 異世界店! 五周年記念オープンセール! あなたの生活に寄り添ってお届けさせていただきます!!

  • ぜひ読んでください!!

    ♡11,700

    〇5

    異世界ファンタジー・完結済・142話 アタホタヌキ

    2019年11月20日更新

    【小説家になろうで最新話公開中!!LINEノベルでも公開中です】 「きっと掴んでみせる……君を救えるバッドエンドを!!!」 交通事故で死んだタクミは、女神ペルセポネによって勇者になるべく異世界“ティエア”に転生した。 だがタクミが見たものは、まさにクソゲーだった。スライムもスケルトンもゴブリンもなにもかも誰でも倒せるクソザコ。せめてドラゴンは!!……と思ったら蚊の大きさだった。 せっかく剣道で鍛えて手に入れたチート級ステータスも完全に宝の持ち腐れ。だが、そんな世界は滅びの運命が確定していた。 知らず知らずのうちに、破滅への序曲は奏でられ、さらには事態は異世界だけではなく現実世界をも巻き込んでいく。 いくつものキーワードに秘められた世界の真実とは? 世界を救うためのたった一つの“バッドエンド”。それは君と俺とで作り上げた最期の偽証≪ブラフ≫ 【百話超えの作品なので追いかけやすいように一日一話更新で原作に追いかける形にさせていただきます】