プロフィール

異世界ラブコメを主に書いてます。 ネタを入れないと死んじゃう病です。

ブックマーク

一覧

  • 賢者が恋した賢者の恋

    コミカル+シリアス+恋愛?×群像劇‼️

    1,067,556

    5,567


    2022年6月26日更新

    【作品紹介】 これは、物語を考えないまま書き始めた物語。 最初は、ファンタジー世界を舞台にした短編のラブコメを書くつもりだった。しかし、そうはならなかった。 ラブコメが何たるかを知らず、そもそも、小説すら読んだことのない私が、小説など書けるはずもなかった。 しかし、書き進めるうちに、物語が浮かんできた。 このキャラクターは、どうしてこうなったのか? 彼らの過去には、何があったのか────? それらの疑問が積み重なり、繋がり合い、物語は構築されていった。 ラブコメを書くつもりだったので、当然恋が始まる。思いついたのは【絶大な力を秘めた女性が賢者に一目惚れをする】というものだった。 最初に思いついたヒロインはラシディアといった。 賢いが少し天然の可愛らしい魔女とした。 次に思いついたのが、ジュメイラという戦士だった。ラシディアとは対照的で、グラマラスで快活、しっかりした感じの女性だった。 あまり深く考える事もなく、ヒロインはラシディアとし、ジュメイラはその義理の姉とした。 次に、ラシディアが誰に、どういった経緯で恋に落ちるかを考えた。 今思えば、恋に落ちるまでも重要な物語であるはずなのだが、何しろ私は小説初心者。短絡的に【一目惚れ】という安直な方法を選んだ。 賢者との出会いはこうだ。 ヒロインたちが街へ来て、偶然出会って一目惚れ────。何とも捻りのない流れだ。よくこんな設定で話を続けようと思ったものだ。 しかし、当時の私にはそれ以上の発想は一切浮かばなかった。 ヒロインたちは街へとやって来た。なんの為に? そうだ。街へ行く理由が必要だった。 そこで咄嗟に考えた。それが、【めちゃ強い魔物を倒さないと手に入らない素材で作った特別な魔法薬を売りに行く】というものだった。 そして、その魔法薬の噂を聞きつけた賢者がやってきて出会う──。そうだ、それにしよう。 その程度の考えで物語は進められた。 しかし、私は思った。──ラシディアたちって、何故そんな力を持っているのだろう、と。 二章を書き終える頃、ようやくその答えが分かった。 太古の昔より続く忌しき宿業──。彼らには壮絶な過去があり、過酷な未来が待ち受けていた。 それを描く為、第三章から主人公たちの過去へと遡り、この物語は始まる────

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:17時間15分

    この作品を読む

  • ゴブリンガールはガチャを引く!

    抗え! レベル2のド底辺モンスター!

    733,800

    1,100


    2022年6月25日更新

    勇者はレベルアップしてどんどん強くなれるのに、モンスターには生まれながらに『固定レベル』が定められている世界。 そんな理不尽なルールを作った魔王を倒すべく、レベル2のゴブリンが立ち上がる! ガチャで排出されたアイテムを召喚できるチート装備『スマートフォン』さえあればどんな魔物でも一刀両断! ……と思いきや、ハマるハマる課金地獄! そして陥る借金苦! ついにはドワーフのギャング団に捕らえられ、小金稼ぎのクエスト攻略に駆り出されて……!? ゴブリンガールのドタバタ返済アドベンチャー、ここに幕開け! ※Twitterでキャラ絵や挿絵の公開などの活動しています! https://twitter.com/GoblinGirlGacha ※「小説家になろう」と重複投稿です。 https://ncode.syosetu.com/n2037gy/

    読了目安時間:13時間27分

    この作品を読む

  • 人狼少女は表社会では最強になれなかったので裏社会で無双する!!

    ノベプラ初連載です!宜しくお願いします!

    3,300

    0


    2022年6月23日更新

    2024年10月。 魔法やモンスター、ファンタジーの類は全て空想上のものと認識されている表社会。だがその常識を覆すように、裏には異能エネルギー、異源素(ゼレメンタル)を体に宿した異人(ゼノ)と呼ばれる異能者たち。表向きに彼らは普通の人間として扱われるも、日の当たる表社会から遠回しに異能ごと存在を否定されている彼らは、犯罪や抗争も辞さない裏社会を中心に君臨している。 主人公、初月諒花(はつづき りょうか)は生まれつき、強力な人狼(ヴェアヴォルフ)のチカラを宿した異人(ゼノ)。中学二年生。 男勝りで容姿端麗、人狼の拳と体術で敵を蹴散らす、黒い長髪に長身の少女。 小四からの親友である異人(ゼノ)の黒條零(こくじょう れい)とともに、互いに支え合い、時には喧嘩することはあっても、襲い来る裏社会の怪物たちと戦い続けてきた。 諒花には幼少の頃から夢があった。 空手の選手になってオリンピックで金メダルをとりたい。そのために中学進学時に空手部を希望した。しかしスポーツをする上でプロアマ問わず義務化されているメディカルチェックで不合格となり、夢を絶たれてしまう。 一方、零には誰にも言えない、ここまで約5年隠し通してきたある秘密があった。 それは上官から言い渡された、諒花の監視命令。 だが任務を果たせば零の望みを叶える。 零は諒花を友達として時に励まし、支え、その傍らで剣を振るう。裏で友情を踏みにじる後ろめたさに締め付けられながら。 夢を絶たれるも前に進む諒花と、親友を演じながらも裏切っている零。二人の行く末やいかに。 ※この作品は小説家になろうにも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間17分

    この作品を読む

  • 異世界転移したらお気に入りのぬいぐるみが本物のゾウになっちゃった!~元ぬいぐるみのゾウと僕の異世界スローライフ

    異世界でもゾウと僕は一緒だよ

    107,550

    215


    2022年6月14日更新

    東雲悠希は母親が仕事で家を空けることの多い鍵っ子だった。 それでも彼は寂しくなんてなかった、それは大事にしていたゾウのぬいぐるみ【はなちゃん】がいたからだ。 ある時地震による火災で命を落とした悠希は、目覚めた先で巨大なゾウと出会う。 それはなんと、異世界転移で本物のゾウになったはなちゃんだった。 すぐにはなちゃんだと気づいた悠希は、彼女(ぬいぐるみの頃から雌という設定だった)の背中に乗って見知らぬ森を進むことに。 そこで新しく出会った少女ルナの家に招かれて、悠希は今まで忘れていた家族の温もりを思い出すのであった。 ※なろうとカクヨムでも重複連載させていただいてます。 ※表紙はやたぬ様から頂いたものです! ※挿し絵がある回には☆マークをつけております。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間32分

    この作品を読む

  • この世界には私が眠っている。~チートも無双も無い王道ファンタジー。だけど記憶も無いし言葉も喋らない~

    【記憶喪失×無口ヒロイン】

    146,500

    650


    2022年4月1日更新

    記憶喪失となった主人公と、一言も喋らないヒロインによる『記憶』が紡ぐ異世界ファンタジー。 ※投稿は章完成ごとに、まとめて行っています。 【第一章あらすじ】 忘却の通り魔。 魔術の盛んなとある街に、記憶を奪うとされる通り魔の噂が流れていた。 記憶だけを奪い去るという謎の通り魔。だがこの世界においては、記憶を奪うという行為はただ物事を忘れるだけに留まらなかった。 何故なら、人々の記憶には『魔力』が宿っていたのだから。 なぜ通り魔は人を襲うのか。なぜ通り魔は他人の記憶や魔力を必要としているのか。 人々がその存在を恐れる中、噂流れる街から少し離れた宿屋にて、とある男が目を覚ます。 「ここはどこだ? 私は、誰だ……?」 男は問う。目の前に佇む、無機質で儚げな少女に。 だが少女は何も語らず、ただジッと目覚めたばかりの男を見つめ続けるのであった。 「…………」 記憶と魔力を失った男と、言葉を失った少女による異世界ファンタジー、ここに開幕。 【紹介】 チートなし無双なしの王道寄り異世界ファンタジーです。 序章は1万字ほどで完結しますので、少しでも気になった方は是非。 ※現在タイトル調整中です。 旧タイトル『この世界には私が眠っている。』 ※この作品は下記サイトでも掲載中です。 なろう https://ncode.syosetu.com/n1678gp/ ノベプラ https://novelup.plus/story/350117898 アルファポリス https://www.alphapolis.co.jp/novel/337904610/591433234 カクヨム https://kakuyomu.jp/works/1177354054944120041 選考履歴:第10回ネット小説大賞 一次選考通過 表紙や挿絵は自作です。 章完成ごとにまとめて投稿しております。評判が良ければ投稿ペースを上げる予定です。 少しでも面白い、期待出来ると感じたら、評価☆やブックマークを押して頂けると励みになります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間6分

    この作品を読む