プロフィール

こんにちは、ノベルアップ初心者です。未だに使い勝手が分からないのでめっちゃ遅筆&返信遅いです。それが故、読み方のいまいち使いこなせないので基本書き専。(エブリスタでは両方使い) エブリスタメイン。 エブリスタ→ https://estar.jp/users/242823690 エブリスタの方が更新してますし、作品も多いです。 *エブリスタで受賞しました* https://estar.jp/novels/25589621   「同居人は見えません!」(完結済み) 七海はいじめに遭っている。 ある日七海は人生に嫌気がさして命を断とうとしたが、不意に幼い声がして…… ほっこりゆるいホラー受賞しました! また『如月相談所』も受賞しました。(ノベルアップにも公開しました!)

ブックマーク

一覧

  • 不器用JCがクッキングしてみた!

    アドバイスお願いします!

    48,272

    0


    2022年3月9日更新

    不器用すぎて何もできない僕ですが、頑張ってクッキングします!

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 咲夜。人の寿命が見える私と、来年までに死ぬ彼の話。

    第三回ライト文芸大賞奨励賞受賞作品

    426,380

    3,042


    2021年1月28日更新

    加護咲夜(かごさくや)、高校一年生。 彼女には、不思議な能力があった。それは、他人の寿命が〝年数〟で見えること。彼女には大きな未練があった。それは、寿命一年である事を知りつつ見過ごしたことで、とある女性を救えなかったことだ。 咲夜は高校の入学式の朝、屋上から空を見上げる男子生徒の姿を見かける。なんとなく視界の隅に入った彼、今泉京(いまいずみきょう)の寿命は──〝一年〟だった。 先輩が来年までに死んでしまう運命を変えられた時、私が背負った罪の十字架も下りるのかな? 次々現れる寿命一年の人物を救いながら辿り着いた世界で、ついに咲夜は彼の死の間際に直面する。 「先輩──!」 伸ばしたその手は届くのか──。 偽善か──それとも贖罪か。死神の目の使い方。 ※アルファポリス主催、第三回ライト文芸大賞奨励賞受賞作品。 ※HJ小説大賞2020後期最終選考作品。 ※表紙用のイラストは、『SKIMA』を利用してmu様に、タイトルロゴは草食動物様に作って頂きました。 ※Part1の挿絵として、騰成様から頂いたファンアート。Part51の挿絵として、イトノコ様のフリーイラストを使わせて頂きました。

    読了目安時間:7時間56分

    この作品を読む

  • 僕の俳句2021

    今年もよろしくお願いしますー!

    8,900

    0


    2021年1月15日更新

    2021は43×47らしい……奇跡の年だぁああ

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む