プロフィール

ちょっと変わった神話書き

ブックマーク

一覧

  • 羽が暴れてます。

    22,000

    0


    2022年11月28日更新

    頼堂幸善が拾った黒い犬は言葉を喋った。 それは〝妖怪〟と呼ばれる、動物の姿を模して、その中に紛れ込む存在だった。 しかし、妖怪と話せる存在は他におらず、頼堂幸善はその調査も兼ねて、〝仙人〟による組織〝奇隠〟に出入りすることになった。 その中で、仙人としての素質を見せた幸善は、その力で人間と妖怪の仲を取り持つために、奇隠に所属し、仙人としての活動を始めることになった。 様々な妖怪と出逢い、その対処をしていく中で、幸善は妖怪と人間の関係を更に良くしたいと強く思うようになっていく。 そこで幸善の前に現れたのが、〝人型〟と呼ばれる人間の姿をした妖怪だった。 人型は〝この世界から人間を滅ぼす〟ために動いており、あらゆる妖怪と会話できる幸善がその障害になると判断し、捕まえるために姿を現したのだった。 圧倒的な力を持った人型に幸善は苦戦を強いられるのだが、その戦闘の中で幸善は偶然にも、〝仙術〟と呼ばれる、現在は数人の仙人にしか使えない力に目覚め、無事に人型を退けることに成功した。 そこから、本格的に人型が動き始めるのだが、妖怪と人間の関係を更に良くしたいと思った幸善はその存在に苦悩することが多かった。 奇隠が何とか人型の対処をする一方で、自分の気持ちとは裏腹の結果ばかりが出てくる。 幸善がその悩みに苛まれる中、新たに奇隠を襲撃する存在が現れた。 それが〝11番目の男〟と呼ばれる、かつて奇隠に所属していた仙人だった。 奇隠は11番目の男による急襲を受け、何とか対応しようとするのだが、そこで11番目の男は〝仙術〟を用いて圧倒してきた。 最終的に何とか退けることに成功するものの、11番目の男の目的は不明であり、その力は無視できないものだった。 人間を滅ぼすために動く人型。目的不明の11番目の男。 二つの大きな敵を相手に奇隠は――幸善は戦い続けるのだった。 ※「カクヨム」に投稿している同名作品と同じ内容です。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:59時間33分

    この作品を読む

  • リンドバーグの救済

    婚約破棄された令嬢は遺書を国中にばらまく

    349,500

    6,782


    2022年11月28日更新

    【あらすじ】 「軽薄なる王子 ならびに 加害者の皆様へ 冥土から、皆様に心より恨みつらみ申し上げます。」 王子【チャールズ・ヴェルノーン】に婚約を破棄された【侯爵令嬢ミミ・キャベンディッシュの遺書】は世間を騒がせていた。 ミミは王立図書館で自裁を図るも、書庫へやってきた国教会司祭【アルフレッド・リンドバーグ】に救われる。 一命を取り留めたミミだが、自裁の瞬間に日本人だった【前世の記憶】を思い出してしまい……? ++++++++++++++++++++++++++++++++ 【イメージイラスト(Picrewイラストメーカー様で作成)】 ■【五百式全身メーカー】iwose様 https://picrew.me/image_maker/1744829 ■【五百式立ち絵メーカー】iwose様 https://picrew.me/image_maker/625876 ■【五百式青年メーカー】iwose様 https://picrew.me/image_maker/689163 ■【五百式カットインメーカー】iwose様 https://picrew.me/image_maker/1775567 ■背景素材:イラストAC様より https://www.ac-illust.com ■Pexels様 https://pexels.com/ja-jp/videos/ 作中の挿絵は「五百式立ち絵メーカー」「五百式青年メーカー」「五百式カットインメーカー」「五百式全身メーカー」(iwose様)で作成したイラストに、背景等を加筆しております。イラストAC様、写真AC様のフリー素材を使用しております。五百式立ち絵メーカー様、五百式青年メーカー様、ACグループ様、pexels様の利用規約に従っております。 ++++++++++++++++++++++++ 【著者から、ひとことメッセージ】 悲しいことばかりのご時世なので。 読者の皆様が、笑って明るい気持ちになりますようにと、願いをこめて書きました。 旭山リサ ++++++++++++++++++++++++++++

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間54分

    この作品を読む

  • 林檎転生  ~禁断の果実は今日もコロコロと無双する~

    「1日1個の林檎は医者いらず」と申します

    6,385,535

    77,498


    2022年11月28日更新

    トラックの横転に巻き込まれ、死んでしまった〝古津大輔(ふるつだいすけ)〟は、神さまに五つ能力をもらって転生することになった。 ランダムにカードを選んで得るその能力は、役に立つ物もあれば、そうでないものもあり、一度選んでしまったら、キャンセルはできない。 彼は、五枚目に引いた〝呪縛のカード〟のせいで〝自分を殺したもの〟の姿で転生することになってしまったのだが…… σ σ σ どこでもヤングチャンピオンで、コミカライズ版連載中。 書籍版 1巻・2巻、発売中。 何卒、よろしくお願い致します! ヽ(=´▽`=)ノ🍎

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間17分

    この作品を読む

  • 雷王、大いに懊悩す~ラスボス魔王、使命を果たして元の世界に戻りたくない異世界転移チート勇者によって全力で延命させられるの巻~

    勇者「俺は永遠に甘い汁を啜りたいんだ!」

    36,450

    85


    2022年11月27日更新

    【HJ小説大賞2021後期2次選考進出作品】 「要するに、アンタには死なれちゃ困るんだよ。俺が、この異世界で幸せな一生を送って、天寿を全うするまで、な」 魔族を統べる魔王イラ・ギャレマスは、自身の城へと攻め込んできた“伝説の四勇士”の三人、ジェレミィア・ファミィ・エラルティスを、その圧倒的な力を以て圧倒する。 残るは、黒髪黒目の冴えない男――シュータ・ナカムラのみ。 だが……シュータは、魔法陣で三人の仲間を魔王城の遥か彼方へと吹っ飛ばし、ただひとりで魔王と対峙する。 ――そして、20分後。不様に大理石の床に這いつくばっていたのは、魔王ギャレマスの方だった。 シュータの繰り出す圧倒的なチート攻撃の前に為す術もないギャレマスは、自身の敗北と迫りくる死を覚悟するが、そんな彼に対し、シュータは不敵な笑みを浮かべながら、意外な提案を持ちかけるのだった――。 「なぁ、魔王。ここはひとつ、手を組もうぜ……!」 *小説家になろうにも、同作品を掲載しております。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間51分

    この作品を読む

  • 贄の王座と侍るもの

    尽くす。世界と戦うとしても。

    721,700

    19,560


    2022年11月27日更新

    【贄の王の呪い】。太陽は陰り、大地は腐り、人々は病魔に侵される。火は絶え、水は淀み、風は病み、土は膿み、雷は欠ける。 呪いを祓う術はただ一つ。贄を捧げることのみ。 とある人の都にて、一人の姫が贄となり、一人の少女が命を絶った。 人の踏み入らぬ魔の大地にて、死んだ筈の少女が目を覚ます。そのとき少女の目の前にいたのは、大地を呪う悪魔【贄の王】だった。 世界の敵たる悪魔に対し、少女が忠誠を誓うとき。孤独な二人が誓いによって結ばれるとき。 遥かなる太古より続く世界の仕組み、その壮大で下らない悲劇が揺るがされる。 ※挿絵は「七草マキコ」様に依頼させて頂いたものです。 ※「小説家になろう」様で投稿している物のリメイク作品です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間19分

    この作品を読む

  • くず鉄拾いのアリサ

    ポストアポカリプス、女主人公、荒野と廃墟

    127,900

    1,010


    2022年11月26日更新

    戦前の物資を漁って生計を立てながら旅をしているスカベンジャーの少女・アリサ。 儲け話を聞かされて同業者たちと赴いた街は、戦時中の激戦区――今は無法者たちが占拠する廃墟都市だった。 差別や迫害にさらされながら過酷な戦いを続けるくず鉄拾いたち。 それでも生きる意味を求めて、少女は愛銃である散弾槍を手に取る。 ※作中のイラストは山桃さん(twitter:@yamamomoplank)に描いていただきました。 ※イラストを掲載しているお話はタイトル右に★マークを付しています。 ※★マークが山桃さんのイラスト、☆マークがStable Diffusionで生成したフレーバーです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間46分

    この作品を読む