プロフィール

ファンタジー、現代小説を書いてます。 ジャンルは青春、ホラー、サスペンスなど。

ブックマーク

一覧

  • ヨミガラスとフカクジラ

    全てを失った英雄を廻る、奇妙な運命。

    424,105

    618


    2022年12月9日更新

    飛行船により、浮遊大陸から人々が空へ駆け出して二世紀以上。 空中都市連邦“バラクシア”の首都と呼ばれる、工業都市“レガリス”はバラクシア国内で勃発した奴隷制度を巡る浄化戦争を乗り越え、奴隷制度を存続させる事に成功していた。 黒羽の団と呼ばれる抵抗軍の撲滅と奴隷制度の推進を掲げ、レガリスの帝王と帝国軍による帝国は益々隆盛を極めていく。 そんな中、“レガリス”において全てを失った男が居た。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:25時間15分

    この作品を読む

  • オリエント・オリエンス

    機械樹に覆われた街を生きる人と兵器たち

    502,222

    3,518


    2022年12月7日更新

    機械樹に覆われた街、シリカ・トーラスには青空がない。 昼夜の存在しない世界に生きるシリカ・トーラス市民は、人間の血に含まれる鉄分を捕食する「機序胞子」の襲撃に怯えて生きていた。血液に鉄分を含まない人型兵器「ノンフェラス」であるヒムフミ・サカイは、ある日、ノンフェラスでありながら人に近い外見を持つ女性、イナシアに出会う。機序胞子との戦いは、ヒムフミたちに幾つもの謎を提示する――機械樹とは、機序胞子とは何か。ノンフェラスとは何か。そして、ヒムフミがイナシアに惹かれて止まないのは、いったい何故なのか? これは、継承される災禍と叡知の物語。 ※残酷描写、性的描写を一部含みます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:32時間44分

    この作品を読む

  • 境界線上の魔王

    戦い、抗い、少年少女は未来へ進む。

    6,785,956

    330,142


    2022年12月7日更新

    ヒトとヒトならざるモノが息づく大陸、アルティア。 ある日、この大陸を東西に横切る大河が、天を貫く魔法の壁に姿を変えた。 近づくものの魔力を命ごと飲み込んで佇むその壁は、のちに『境界線』と呼称され、長きにわたって異種間の交流を断絶した。 境界線を恐れたヒトは、許可のない渡航を厳罰化し、この魔力に抵抗しうる才のある者に『聖騎士』の称号を与えた。 ……時は流れ、現代。 行方知らずとなっていた先代聖騎士の捜索のため、聖騎士クリスティアが三度目の渡航を終えた、その日の黄昏時。 凱旋式の喧噪のさなか、彼女はひとりの剣士と対峙することとなる。 ※ダークファンタジーですが、一部を除き人物が直接的に死ぬ描写はありません。 ※表紙絵は雪丸ぬん様制作。無断使用および転載はおやめください。 ※小説家になろう様にて、同様の内容で掲載させていただいております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23時間1分

    この作品を読む

  • 微笑う死神の追憶

    それは、果てのない無限の旅路

    108,500

    570


    2022年12月2日更新

    およそ20万年。途方もない年月を歩き続けた不老不死の女性、エドナがいた。 エドナは幾多の出会いと別れを繰り返していくうちに、いつしか人々から『死神』と呼ばれるようになるが、それでもエドナは微笑いつづける。彼女は、この世界の全てを愛していたからだ。 そんな彼女が旅の途中、ふとした拍子に頭の中に浮かんだ声が誰のものか、記憶を辿ってみることにした。彼女は思い出す。愛しい人が生きていたこの世界を。愛しい人が生きていくこの世界を。 家族を失った者、家族を置いていく者。 夢を叶えた者、夢に殺された者。 欲望のままに生きた者、夢のために生きた者。 何もかも失った者、何かを手に入れた者。 あらゆる『人』が、彼女の記憶の中で生きていた。

    読了目安時間:3時間59分

    この作品を読む

  • 武公の刀

    古の刀を廻り、過去と現在が交差する。

    2,881,447

    9,085


    2022年12月1日更新

    数百年も昔に歴史に埋もれ、失われたはずの魔刀。 それが蘇る時、悲劇が繰り返される。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:10時間20分

    この作品を読む

  • 死にたい系JKの占い放浪記 〜 過去も未来も異世界異界も、全部私が救ってみせる!

    誰の人生だって、たった一つの価値ある宝物

    728,472

    12,771


    2022年11月23日更新

    「死にたい」 いつも否定的なことばかり考える神里優梨は、今時の女子高校生失格なのかもしれない。 普段からイジメられているわけではない。 学校や家では静かに真面目に生きてきた。 両親も共働きながら、そこそこ暖かく優しい家庭。 数は少ないが大切な友達だっている。 勉強や運動も得意でも苦手でもない。 容姿だって美人ではないがどうしようも無いほど酷くも無い。 だからこれが、恵まれている人生のレールなんだと自分でも思う。 でも いつだって私は、何もない。進みたい道も、やってみたいことも。 今〝呼吸をする〟理由だって 「本当にそうですか?」 不意に現れた怪しげな雰囲気の女性。 彼女は不気味に微笑みこう続けた。 「それなら私が、過去や未来、異世界異界の誰かの記憶に、ほんの一瞬連れていってあげましょう。そしてあなたの未来の生き方に、ほんの少しの勇気と生きていける希望を与えましょう」 信じない信じない信じない! そんなもの絶対に 『信じな〜い!』 これは今時かもしれないネガティブなJKと、怪しげな雰囲気の女占い師が、様々な時代の様々な人の人生の一部を、ほんの一瞬のぞき観て、すごく大きなものを得る、そんな成長物語です。 ※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、思想などとは一切関係ありませんので、それをご了承の上閲覧いただけたら幸いです。 2021年12月7日。サブタイトル変更致しました。ご確認よろしくお願いいたします。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間22分

    この作品を読む