プロフィール

「しんの しんのすけ」といいます。こんにちは。 マイペースに読み書きしていきます。 ポイントなくてもコメント、スタンプ嬉しいです。

ブックマーク

一覧

  • 散華のカフカ

    よろしくお願いします!

    8,900

    10


    2021年10月22日更新

    「散りゆく命に価値はあるのか?その価値を私は問いたい。」 「審判」から30年。 人々は他者を慈しみ、愛し、平和を保ち、健やかに生を全うすることが最大の幸福とされていた。 しかし、都市では人が灰になって消える、灰化現象が続出。 東 劃(アズマ クアク)とその仲間達はそれを捜査すべく現場に降り立つも、その裏で起こる巨大な陰謀の渦に巻き込まれていく。 表紙絵はきじなご様から頂きました!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間3分

    この作品を読む

  • 異世界SNS

    魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    1,401,576

    16,055


    2021年10月22日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

    読了目安時間:40時間29分

    この作品を読む

  • 海賊戦艦キサナドゥ~姫と繰侍と異世界人~

    ファンタジーロボットものです。

    28,100

    0


    2021年10月22日更新

    日本から異世界『アメリア大陸』やってきた高校生、田畑真は空を飛ぶ海賊戦艦、キサナドゥに居候しながら空を飛ぶロボット・ザンクルールのパイロットになり異世界で生き別れたはずの彼女、霧江戸杏を探す。しかしその杏はキサナドゥの宿敵、アフランシ・ダイケンの愛人となっていた。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間53分

    この作品を読む

  • 何がどうなっても転生できないだろうからゲーム・マンガ・アニメ等の妄想・空想・駄文・紹介・練習なんかを全力で垂れ流す件!!!

    ネタを求める同士よ、さあ語りあおうか!

    75,800

    459


    2021年10月22日更新

    タイトルは転生うんぬんを適当に。 早速といわんばかりに、赤津ナギさんのドット絵を表紙に設定させていただきました! ようこそ、本項へ。 ココは「筆者ののあ」が書きたい物を書く場所である。 それぞれのページが独立しているので、タイトル参考で好きなトコだけ摘まめる。 これが役に立つか立たないか、面白いかつまらないかは個々人で判断してくれ。 まあ「ののあ」が何を考えて生きてるか伝わるぐらいの意味はあるだろう。 こんなヤツでもなんか交流したい! そんな人は大歓迎だ、好きなだけコメントしてくれ!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間1分

    この作品を読む

  • 牢の中で目が覚めた悪女は死にたくない〜処刑を回避しようとしたら、何だかんだで幸せ掴みました〜

    生まれ変わった嫌われ者の悪女の物語

    23,500

    0


    2021年10月22日更新

    アマリリス・リノヴェルタは侯爵家に引き取られた養子だった。 そんな侯爵家を強く憎むアマリリスは地位を手に入れてリノヴェルタ侯爵家を潰すことを決意する。 悪女、強欲、悪魔……そんな不名誉な名前すら武器に変えて登り詰めていった。 ついに第二王子ハーベイの婚約者になったアマリリスは、ありもしない罪を着せられてを地下牢へ。 アマリリスはシャロンというハーベイと仲のいい御令嬢を階段から突き落とした犯人にされたのだ。 アマリリスは罪を認めなかった。 そして誰の助けもないまま衰弱して死んでいく…………そんな不思議な夢から覚めたら、目の前には鉄格子がありました。 初めから大ピンチ。 コルセットの締め付けで圧死しそうになるけれど着替えを手伝ってくれる侍女が見つからない!? 嫌われまくっているアマリリスに手を差し伸べたのは一人の騎士。 だけどその騎士もアマリリスに敵意を向けていた。 (なに、何が起こっているのーー?) 両親が残した借金を返しながら必死に働いていたある日、起きたらアマリリスになっていた事に気付く。 しかし、生まれ変わったアマリリスにとって牢の中は天国だった!? こんなにゆっくりと食事をしたのは、いつ振りだろうか。 こんな風にベッドに寝転がってワクワクした気持ちになったのは何年振りだろうか。 起きる時間を気にしなくていいのは、なんて贅沢なのだろう。 常に鳴り続ける電話は此処には無い。 借金取りから追いかけられることも、搾取されることもない。 アマリリスは思った。 ーーー牢屋こそ至福。 働かなくても食事が出てくる。 生活に必要最低限な設備もある。 嫌われているが、正直どうでもいい。 絶望感いっぱいの牢の中、生まれ変わった嫌われ者の悪女はどう生き残る……!?

    読了目安時間:2時間14分

    この作品を読む