プロフィール

ほしな かやこ 北海道在住/おうし座 妖怪ものと女装が似合うイケメンが好きな繊細さん。少女漫画的な作品を書くことが多いです。たまにイラストも描きます。 カクヨム、アルファポリスにも作品を公開しています。 🏆魔法のiらんど大賞2021コミック原作大賞恋愛ファンタジー部門特別賞受賞(『祓い屋見習いと半妖の雪女(コミック原作版)』 🏆KAC2021 4作品入賞(読者賞3位、レビュー賞4位、5位×2) ⭐️カクヨムWeb小説短編賞2020最終選考 ⭐️第7回カクヨムWeb小説コンテスト最終選考 ⭐️カクヨムWeb小説短編賞2021最終選考

ブックマーク

一覧

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期の江戸が舞台のファンタジー

    3,302,226

    7,701


    2022年12月1日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。 イラストは桜の木で昼寝をする才蔵です(芳乃カオル様よりいただきました)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:33時間7分

    この作品を読む

  • エレメンターズ ~幻を追う者と、蘇りし龍~

    「キャラが生きている」王道ファンタジー

    41,000

    20


    2022年9月6日更新

    この世界には「幻導士(エレメンター)」と呼ばれる人間が存在する。 彼らは幻素(エレメント)を扱い、魔獣や災害から人々を守る英雄として活躍……というのも今は昔。人口と共に幻導士を名乗る者は増え、その腕前もピンからキリまで幅広い。そんな幻導士業界に飛び込んだシェラと、若くして階級を駆け上がったテレザが出会った日からこの物語は動き出す。 未知なる自然の洗礼を前にして挫けず、澱んだ人の欲望に触れてなお気高く。幻導士として花開かんと歩み続ける二人の足跡は、やがて古の大敵へと到る。 二人の少女を中心に幻導士の出会いと戦い、そして勇気を描く王道ファンタジー。 ※なろう、カクヨム、ノベリズムでも連載中です。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間53分

    この作品を読む

  • 村娘は聖剣の主に選ばれました ~選ばれただけの娘は、未だ謳われることなく~

    聖剣を携え、村娘は世界を識ってゆく

    1,165,650

    4,070


    2022年9月3日更新

    外の世界へ出ることを夢見ながらも、所詮はただの夢でしかないと諦めていた17歳の村娘ローゼ。 彼女の生活は、ある日王都の大神殿から来た使者に 「神により聖剣の主として選ばれました」 と告げられた時から一変した。 「聖剣の主? ……あたしが?」 人の敵である魔物を倒すため、神から与えられている聖剣は世に10振。 ただし聖剣を持つ血筋はやはり神によって決められており、辺境に住む村娘には関係のない話だ。 戸惑うローゼに使者は重ねて言う。 「あなたに与えられるのは、400年もの間誰も手にしていない『11振目の聖剣』です」と。 記録がほとんど無く、謎ばかりが多い『11振目の聖剣』は、その持ち手としてローゼが選ばれた理由すらも謎だった。 村の神官アーヴィンの助けも得たローゼは、最終的に「聖剣の主になる」と決めて村を出る。 そこで待っていたのは、村にいては知り得なかったこと。 聖剣に宿るもの・レオンとの出会い。 聖剣の主としての役目。 交錯する人々の思惑。 無自覚なまま恋をしていた相手との突然の別れ。 不思議な存在・精霊との遭遇。 成長していくローゼは、やがて自分のなすべきことを見出す。 それはこの世界にとっての転機でもあった。 ◆他サイト様でも公開中です <表紙絵> ◆白玉ぜんざい様 <ロゴ> ◆草食動物様(@sousyoku_animal) <挿絵> ◆白玉ぜんざい様:1章24話、3章36話、4章 余話:雨夜の星 2 ◆誓様(@sei_hatagaya6):1章3話、5章7話 ◆ベアしゅう様(@beargon227):1章21話、2章9話、最終章3話、余話:夜の花畑 ◆青羽根 深桜様(@aoba_bw):3章 余話:エリオット 7、4章23話、余話:夢と、迷いと、花冠 ◆宿花様(@yomihana_second):3章 余話:村祭りの前、48話 ◆戸森鈴子様(@TomoriRinco):幕間2:昼下がりの夢、6章3話 ◆ときの様(@tokinoei555):5章 余話:そこには、ただ、最終章 余話:銀に輝く森 ◆小鳥遊 蒼様(@SouTakanashi):最終章1話 ◆桜羽 藍里様(@AiriSosaku):最終章2話 ◆ツグミ様(@tsugoomin921)最終章4話 ◆銀タ篇様(@RB02x4Bda6FoFqc)最終章5話、最終話

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:35時間19分

    この作品を読む

  • この世界には私が眠っている。~記憶喪失の男は一言も喋らない少女と共に、失われた過去を取り戻す~

    無口少女は、失われし過去を教えてくれない

    146,500

    650


    2022年7月30日更新

    記憶喪失となった主人公と、一言も喋らないヒロインによる『記憶』が紡ぐ異世界ファンタジー。 ※投稿は章完成ごとに、まとめて行っています。 【第一章あらすじ】 忘却の通り魔。 魔術の盛んなとある街に、記憶を奪うとされる通り魔の噂が流れていた。 記憶だけを奪い去るという謎の通り魔。だがこの世界においては、記憶を奪うという行為はただ物事を忘れるだけに留まらなかった。 何故なら、人々の記憶には『魔力』が宿っていたのだから。 なぜ通り魔は人を襲うのか。なぜ通り魔は他人の記憶や魔力を必要としているのか。 人々がその存在を恐れる中、噂流れる街から少し離れた宿屋にて、とある男が目を覚ます。 「ここはどこだ? 私は、誰だ……?」 男は問う。目の前に佇む、無機質で儚げな少女に。 だが少女は何も語らず、ただジッと目覚めたばかりの男を見つめ続けるのであった。 「…………」 記憶と魔力を失った男と、言葉を失った少女による異世界ファンタジー、ここに開幕。 ※この作品は下記サイトでも掲載中です。 なろう https://ncode.syosetu.com/n1678gp/ ノベプラ https://novelup.plus/story/350117898 アルファポリス https://www.alphapolis.co.jp/novel/337904610/591433234 カクヨム https://kakuyomu.jp/works/1177354054944120041 ※現在タイトル調整中です。 旧タイトル『この世界には私が眠っている。』 選考履歴:第10回ネット小説大賞 一次選考通過 表紙や挿絵は自作です。 章完成ごとにまとめて投稿しております。評判が良ければ投稿ペースを上げる予定です。 少しでも面白い、期待出来ると感じたら、評価☆やブックマークを押して頂けると励みになります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間4分

    この作品を読む

  • 魔術的詩集

    一編の詩に神は宿っている

    44,000

    625


    2022年7月1日更新

    詩人は簡単に言葉を信じない なぜなら芸術こそが真の言葉だと 信じて疑わないからである

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 商人ノ姫〜信長最愛の女性・生駒吉乃のモノガタリ〜

    銭は剣よりも強し。商人無双と時々恋愛

    241,000

    132


    2022年5月17日更新

    戦国時代、尾張一の商業地・津島で一番の大店を仕切る商人『吉乃』はふとしたことで織田家の兵糧が横流しされる事件に巻き込まれてしまう。 その勝ち気な性格のせいで吉乃は織田家の侍たちに立ち向かうのだが、その時一人の若武者が吉乃の前に現れる。それは、家督を継いだばかりの織田信長で…… 後に信長の側室となる、生駒吉乃。彼女はどのような人で、どのような人生を送ったのか。 信長最愛の女性とされるその謎多き人物像を、史実とフィクションを織り交ぜながら描きます。 信長の妻として有名なのは濃姫。でも他にも側室はいるんだよ!!むしろ濃姫よりも魅力的で信長に愛された女性がいるんだよ!!みたいな気持ちを小説にしてみました。

    読了目安時間:10時間55分

    この作品を読む