プロフィール

ブックマーク

一覧

  • 2020年6月29日更新

    中世ヨーロッパ風の異世界に、ヴァギーナ帝国という豊かな大国があった。 ある日突然、その国の付近に、淫乱かつ凶暴な魔物を従える魔王軍が現れた。 魔王軍は、人間たちを捕えては快楽地獄に堕とし、息絶えるまで犯し尽くした。 ヴァギーナ帝国は、魔王軍の侵攻に対抗すべく、エロに屈しないための政策を考えた。 断腸の思いで国王は決断し、全国民に向かって命じた。 「あらゆるエロを禁止せよ」――と。 かつて、「エロを広めること」が理念の宗教――「エロ―ス教」があった。 現在の「エロ―ス教」は、国の政策によってほとんど改宗させられてしまったものの、フィーリアという少女のおかげで今もなんとか存続していた。 独り身だったフィーリアは、異世界転生してきたエロ漫画家こと、エ口マン力゛(えぐちまんりき)と出会う。 「エロは、汚いものでも禁じられたものでもない。 真なるエロとは、美しく自由なものである」 二人は、エロ―ス教を復活させるために手を取り合う。 世界からエロを解放し、真なるエロを広めることを決意した。 二人は、エロにまつわる能力を神から与えられていた。 フィーリアは、見つめた人物の性欲を解放させる瞳を持ち、エ口(えぐち)は、イカせた人物を絶対服従させるイチモツを持っていた。 エ口(えぐち)は最高のエロ漫画を生み出し、フィーリアは街の人々に寄り添って不安を和らげた。布教活動の甲斐あって、エロを信仰するエロ―ス教は、みるみるうちに大きくなっていった。 いつしか二人の周りには、男の娘、おねショタ、ケモロリなど、エロ漫画ではおなじみの性癖を持った人物が次から次へと集まってきたのだった。 ヴァギーナ帝国は、二人の布教活動を良く思っていなかった。 偽りの噂を流したり、騎士団を送り込んだりと、あらゆる手段を使って二人を邪魔してくる。 だが、二人は、国王のドM性癖を公に晒したり、童貞の騎士団をエロ漫画で堕落させたりと、二人は奇想天外な方法で立ち向かっていくのだった。 6/22より連載開始します!面白そうだと思っていただけたら、ユーザーフォロー&作品フォローよろしくお願いします。 Twitterもやってます!よろしければ覗いてみてください! 魔法少女ことり / @Taiyo_Kotori