プロフィール

女騎士

ペケさん

Lv   :19

作品数 :10

ジョブ :女騎士

称号  :熟練読書家

アバター:女騎士

レビュアーポイント:0pt

イラストを描きながら執筆の真似事をしています。 小説家になろうでも活動中。 ツイッターでは、主に自作の宣伝と読んだ小説の感想を呟きます。 Twitter:https://twitter.com/xillust

ブックマーク

一覧

  • 働き女子ファンタジー。

    ♡8,300

    〇0

    純文学/文芸・連載中・21話 ロッシ

    2020年2月18日更新

    ✨表紙イラストbyペケさん✨ 平日夜21時に公開中です♪ ある朝、旅人の酒場の扉を叩いたのは田舎っぺ少女。 酒場の主であるルチルは、非常識極まりないその少女に憤慨しつつも無駄に優しいので受け入れてあげます。 田舎っぺ少女が酒場を訪れたのは人を探しているからとのこと。 しかし、酒場のお仕事は魔物退治をする勇者同士のマッチング。 一般人同士のマッチングは出来ません。 なので追い返そうとすると、田舎っぺ少女は言いました。 「おねーさん、とってもダサいべ。」 田舎っぺ少女の特技は洋服をデザインすること。 そして尋ね人とは、世界一のメゾンのパタンナーであるヴィッキーという人物。 そのくっそダサい洋服を瞬時にお洒落にリメイクした田舎っぺ少女に魅せられたルチルは、その願いを聞くことにしたのです。 つーことで、ファンタジーなのに戦ったりとか全くしないほのぼのファッション物語。 はぁじまぁるよぉー。

  • JKくノ一が異世界に新風を巻き起こす!

    ♡3,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・25話 ペンギン2世

    2020年2月18日更新

    和風VRMMO『大和伝』で【くノ一】としてプレイしていた高1女子「葵」はゲーム中に突然よく分からない場所に放り出される。 体はゲームキャラそのままでスキルもアイテムも使えるのに、そこは単なるゲームの世界とは思えないほどリアルで精巧な作りをしていた。 異世界転移かもしれないと最初はパニックになりながらもそこにいる人々と触れ合い、その驚異的な身体能力と一騎当千の忍術を駆使し、起こる事件を相棒の豆柴犬である「豆太郎」や仲間たちと立ち向かい旅をする。

  • 全てのweb作家を巻き込む物語

    ♡195,600

    〇50

    現代ファンタジー・連載中・119話 おべりすく

    2020年2月18日更新

    お菓子作りが趣味の何処にでもいる女子高生、小鳥遊翼はある時、声を聞く。 ”この声が聞こえる誰か” 聞こえないフリ、見えないフリをしようかと思ったけど、そこには愛らしい妖精。甘いお菓子の大好きな『セシャトさん』。彼女が言うには、魔本という物が現れ世界の危機が迫っていると話す。魔法少女もとい魔本少女になって世界を救おうと言われるが翼は断る事にした。 だがしかし……目の前で世界の異変を垣間見た翼は一度だけという約束で『セシャトさん』とユニゾンし魔本少女スイートセシャトに変身するのである。 『セシャトさん』とユニゾンした事で、屈託のない笑顔の『セシャトさん』が過去に魔本少女であった事、そして彼女がどんな物を自分の世界で見てきて、今ここにいるのかを知った翼。 『セシャトさん』は笑ってこう言った。 「翼さん、貴女の世界と貴女は私が守ります」 翼は頷き、『セシャトさん』と魔本少女になる事を決意する。 ”魔本少女は世界を守る事が出来ない存在であるというのに”

  • 最強賢者が1から始める再興ストーリー

    ♡35,700

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・112話 夜鷹@若葉

    2020年2月18日更新

    何処までも続くと思わせるほど、広く、深く、巨大なダンジョン――アンダー・メイズ。誰が、何の為に作ったか分からないこのダンジョンには、多くの失われた技術――ロスト・テクノロジーが眠っていた。 このロスト・テクノロジーは、世界に大きな影響を及ぼし、そこから発掘される遺物は人々に多くの幸福をもたらした。 人々はそれを求め、何時しか巨大なダンジョンへと潜るようになっていった。 アンダー・メイズは危険な場所だ。だが、それでも人々は止まることは無く、危険を顧みず、奥へ奥へと挑んでいった。何時しか人々はそんな挑戦者を冒険者と呼ぶようになっていった。 100年以上の月日が流れた、それでもなをダンジョンの全容は解明されることは無く、いまだに多くの冒険者がダンジョンへと挑み続けていた。そんな中、一人の冒険者がダンジョンから帰還を果たした。 その人物の名は、ユリ・レイニカイネン。100年ほど昔、ダンジョンで消息不明となっていた冒険者だった。

  • 王道リアルロボットストーリー

    ♡31,150

    〇105

    SF・連載中・156話 八波草三郎

    2020年2月18日更新

    「機体が無いと僕は願うこともできないんだ!」 破壊を運命付けられた少年、ユーゴ・クランブリッドが放り込まれたのは戦場。 衝動的に搭乗した人型戦闘兵器アームドスキンは、彼の日常を戦いに変えていく。その圧倒的な力無くして大切な幼馴染を守ることなどできなかったのだ。 戦いの中で彼は、自分の変化とそれが意味する真実へと直面していくのだった。