プロフィール

(ノ_ア* ) 御大 野上様に頂いた顔文字でーす!私はどなたもフォローしてません。4月半ばまで仕事に忙殺されること決定!疲れ果ててない時に読みに伺うかもしれません。 異世界転生、悪魔、魔法等読みません。読めません。一作も読んだことありません。歴史ものも興味な どなたもフォローしておりません ご容赦下さい フォローは間違いだと気づいた方は遠慮なく解除して下さい

ブックマーク

一覧

  • デスコールからのラブコール

    聖人候補生救済キャンペーン・ブロマンス

    5,000

    0


    2022年1月21日更新

    地球に派遣された宇宙人の縁仁は、『聖人候補生救済キャンペーン』で現世に訪れていた死神様から、聖人候補・重矢のボディガード業に無理矢理任される。 「旦那ぁ、面白い力をお持ちのようですねぇ」 縁仁は様々なサイキックが使える超能力者であるのだが、 「死神様めっちゃ怖い!」 骸骨姿の死神を見ただけで失神する、超絶チキンである。 ホラーもスリルも苦手なビビり宇宙人・縁仁の地球人大学一年生擬態生活――開幕! ※ブロマンス小説です。 ※ホラー要素強めです。 ※グロテスクな表記があります。 ※理不尽な要素があります。 ※自己責任でお読みください。

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • とあるクェイナーのリレー小説

    物語、皆で混ぜたら怖くない

    5,000

    10


    2022年1月19日更新

    中学生の頃、リレー作文とかやったなーという記憶が蘇ったので、唐突ですが企画を立てます。 やる事は簡単、作者さんは物語を書くだけ。 ただし、前の人の作品から続くように書いてください。1エピソードは400字までです。 作品内容には可能な限り不介入でいきたいと思いますので、どこまではっちゃけるかは個人の責任でお願いします。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 天才バガボンド

    ギャグー1目指して血の汗流せ涙を拭くな

    3,603

    1


    2022年1月9日更新

    ノベプラ「ギャグ」カテゴリー誕生記念して、ギャグー1への道を目指し研究・鍛錬を兼ねてギャク短編集を書いて行きます!!

    • 性的表現あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • それは非売品です!~残念イケメン兄弟と不思議な店~

    仲良し兄弟のハッピーな錬金術師コメディ!

    533,088

    9,741


    2022年1月5日更新

    【イケメンで優しくてオバカな兄と、彼に振り回される金髪美青年な弟のクレイジーで明るい日常】 「お兄ちゃんが何か適当に買い付けするからジェルが売ってくれよ」 「そんなの事業として成り立ちませんよ。失敗するに決まってるじゃないですか」 「あくまで表向きでいいからさ。収支は気にしなくていいよ。ジェルの好きな物をいっぱい並べて、ジェルが理想とするお店にすればいい」 日本で錬金術の研究をしながらアンティークの店を経営することになった、仲良し兄弟のアレクとジェル。 いざお店を始めたら、英雄や神様が来店したり、異世界に飛ばされたり、宇宙人に遭遇したりと不思議なことだらけ!! ゆる~く読めて毎回ハッピーエンドなコメディ短編集です。 ※基本1話完結ですが、長い時は前編・後編に分けます。挿絵が多いです。たまに他のキャラに視点が変わります。 なろう・カクヨム・アルファポリスでも投稿中です。 2021年12月7日追記:応援ポイント50万突破しました!応援ありがとうございます!!

    読了目安時間:9時間24分

    この作品を読む

  • これを友情と呼ぶには無理がある

    男性が描く儚い系BL。恋愛より青春寄り?

    41,300

    0


    2021年12月27日更新

    6月の大安吉日。梅雨の時期には珍しい晴れの日に、小野寺は親友である阿部の結婚式に出席していた。 親友の晴れ舞台だ。本来であれば大手を振って祝うべきなのに、小野寺はどこか浮かない顔をしている。 そもそのはずである。小野寺は出会ったころから阿倍が好きだったのだ。しかし、小野寺が阿部に想いを告げられなかった。自分たちが同性同士なこともあったが、それ以前に小野寺が気持ちを自覚したその時、すでに阿部には想い人がいたのだ。阿部にとって自分は親友であり、天地がひっくり返っても恋人にはなれない。理解はすれど受け入れられず、自分の気持ちに蓋をする日々を送るしかなかった。 そして、決心がつかぬままに阿部は結婚することになった。相手は高校時代から付き合っている同級生。親友である小野寺も勿論招待された。手が欠席に丸を付けようとするが、阿部を悲しませると思うと断れ切れず、胸が張り裂ける思い出出席に丸を付け、重い足取りで参列する。 愛しの花嫁を待つ阿部を見つめながら、彼との日々に想いを馳せる。図書室で本を読む姿に一目で心奪われた昼下がり。恋心を打ち明けられたあの夕暮れ。そして、阿部の気持ちを決心させてしまったあの夜。 どれだけ過去に想いを巡らせても、結婚式は粛々と進んでいく。煮え切らない気持ちを抱えたまま、小野寺は見届け人の代表として二人の前に立つ。彼らと向き合うとき、小野寺が行きつく答えとは……。 思えど思えどその思いは救われず、しかし打ち明けることもできない。 その気持ちの行く末はどこか。 BOYSFANコンの③お題フリーの応募作品です。

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む