プロフィール

バスケの経験から物語を書いていくにゃ お返しも歓迎!! @soratobunekosyo 絵も書いてます

ブックマーク

一覧

  • かつての物語をこのラノベアップに

    ♡26,900

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・4話 飛翔可憐

    2020年8月1日更新

    全ては論理に過ぎない。手掛かりの無いミステリー、不可能な難事件、全ての可能性が獄道沙伊治の脳内で構築されて行く。あなたは知らない。起きたことがすべて偶然ではないことを………

  • それでも、生きて夢を追いかけたいから。

    ♡153,200

    〇2,110

    現代/青春ドラマ・連載中・29話 りるぜ

    2020年7月30日更新

    ━━全てを喪うのは、一瞬だった。 舞台は現代日本、一部の秀でた才能を持つ者を"特待生"として招致する学園。━━《賽河学園》 主人公"瀧川凛"は陸上選手として優秀な成績を修め、特別な者達の為の園へと通う。 だが、彼女は"事故"により、家族と共に自らの右足を失ってしまう。 これまでの日常、抱き続けてきた夢、生きる希望さえも失った彼女は自暴自棄のまま学園に通い続ける。 そんなある日、彼女の前に白皮紅眼の少女が現れ……。 シリアスもコメディも夢もその辛さも、全部この足に乗せて駆け抜けていく。

  • 創作聖杯戦争 ~クトゥルフ神話を添えて~

    ♡3,400

    二次創作・連載中・26話 ナイカナ・シュタンガシャンナ

    2020年7月27日更新

    ■二次創作日間ランキング第3位を記録■ 彼の東出祐一郎氏は言いました。 『だから、できれば皆様にもこの世界で遊んで戴きたいと思うのです。 設定を考え、文章を練り上げて、あるいは絵を描くことによって…… 僕の私の考えたFateを二次創作という土台で見せて欲しいのです。 「俺は『Fate』が大好きだ」と、虚淵玄兄貴のように叫んで欲しいのです。(Fate/Apocrypha 5巻)』と―― 「じゃあ、やろうか!」というのが今回の作品です。 ◇ 第三次聖杯戦争時、大聖杯の一部が帝国海軍に奪取された。 残された魔術師達は盗人達を追ったが、捕らえる事は叶わなかった。 斯くして聖杯戦争は破綻。残った一部で第四次聖杯戦争が行われるも、失敗した。 聖杯戦争は終戦したのだ。 それから幾つかの年月が経ち、地方都市・談雨市で物語は再開する。 談雨市の霊脈が急激な変動を見せた結果、盗まれた聖杯がこの地にある事が判明。 冬木市の聖杯戦争は確かに終わった。 しかし、火種は消えていなかったのだ。 七人のマスターは戦場に集う。 七騎のサーヴァントを従え、己が願望を競って。 別のどこか、違う誰か。 異形の聖杯戦争が今、始まる――――

  • 処女作です、よろしくお願いします。

    ♡7,100

    二次創作・連載中・6話 狐月(コゲツ)

    2020年7月19日更新

    とある一人の神様に選ばれた一人の少女。 人間や妖怪、神様の気力や感情を奪い喰らう「禍ヰモノ」を、浄化という形で退治する「夢現ノ者」となって戦うこととなった少女は一体どうなるのか… これは選ばれた少女が仲間の夢現ノ者や妖怪、神様と見えぬ絆を結ぶ和風ファンタジー。 狐月(こげつ)です。余りにも和が大好き過ぎて小説を作りました。 神様や妖怪の存在って凄く素敵だなと思ってます。 ※これはpixivで作った作品を自分で投稿しています、決して盗作ではありません。 この小説は『ほぼ全て』作者の妄想で作られたものです。 登場人物の能力は全て妖怪や神々を元ネタとしておりますが、本人が把握できてないことが多い故、「これは○○○○神ではない」や「こういう妖怪じゃない」など思うことがございますが、創作ということで大目に見て下さい。 設定や世界観、登場人物は一部を除いて私が全て作っています。 一部の登場人物には私の友人のキャラが使用されています。勿論、ちゃんと許可を得てからの使用です。 また、ある人物の設定には阿部藍樹さんの「この刃に懸けて──警備省心刀隊第21中隊戦闘記録──」という作品にある「心刀」という能力を大幅にアレンジしたものを使用しています。(今は出てきませんが何れは………) それでも宜しければ、先にお進み下さい。 あ、できたら感想書いてくれると嬉しいなぁ……(´∀`)

  • 全国の佐藤さん悪気はなかったんです。

    ♡800

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・6話 自堕落村人A

    2020年6月8日更新

    舞台は日本の一般企業。そこに勤める会社員…名前は佐藤!! その佐藤くんの平凡な日常に不思議な体験が次々と起こってしまう。 頑張れ佐藤、負けるな佐藤!! 名字が佐藤の方もそうでない方も途中から読んでも楽しめる作品を心がけています! 是非たのしんでいってください(o^―^o)ニコ