プロフィール

誤字、雑字、ご迷惑おかけします。 イケメン盛り盛り異世界BLを目指してます!

ブックマーク

一覧

  • 魔王様は可愛い魔物をつくるのがお上手

    元聖職者×体格の良い魔王

    16,400

    20


    2022年6月29日更新

    全5話くらいの短いお話の予定。元聖職者×魔王様のBLです。 ほのぼので平和な世界です。上位の聖職者は魔物に触れると消滅させてしまう。可愛い魔物に触れたい元聖職者が魔王様に助けを求め、聖なる力を失おうと努力する。その過程で二人の感情に変化が現れていくのだった──。 イラスト:はゆるふ様

    • 性的表現あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 武公の刀

    古の刀を廻り、過去と現在が交差する。

    2,686,847

    7,592


    2022年6月22日更新

    数百年も昔に歴史に埋もれ、失われたはずの魔刀。 それが蘇る時、悲劇が繰り返される。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:10時間1分

    この作品を読む

  • 海色デザイナー

    黒い背景が宇宙に見えたので

    13,100

    10


    2022年6月19日更新

    制服の色は海の色。大好きなあの子が金色の海を見たいと言うなら、僕は君のためにデザイナーになると誓う。 海は宇宙船そのものであり、進行に必要なエネルギーでもあり、人の生活を支える糧でもある。海を司る七歳から十八歳の女の子を『ワタツミ』と呼び、大切にしている。男は女のために制服を縫うのが仕事だ。 しかし数十年に一度、海の平和が脅かされ、海を守るためにデザイナーという職が必要となる。 デザイナーになるために必要なのはワタツミへの愛。愛するあの子のために、僕は新しい制服を捧げよう。 GENSEKIコン参加作品です。 黒い背景が宇宙、灯台の上部がUFOに見えたのでSFになりました。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 幽霊退治専門の職場に何故かオバケ嫌いの上司が来た

    若手除霊師×オバケが怖い上司

    255,000

    1,130


    2022年6月9日更新

    「今日からコネで諸君らの上司になった|幽雅正継《ゆうがまさつぐ》だ。言っておくが私は幽霊や妖怪の類を信じてはいない。だが、怖いものは怖いから私の前では可愛くオバケと言うように!!」 ──これが、俺の初めての相棒との出会いだった。 人に害をなす『悪鬼』を退治する『幽特』に現れたのは、幽雅グループ会長の孫、幽雅正継。 幽特のボスである灯屋善助は、勝手にボスよりも上の地位をつくり無理矢理上司になったユウガが嫌いだ。しかもユウガは悪鬼が見えないと言う。 命懸けの危険な現場に役立たずで邪魔な存在はいらないとアカリはハッキリ伝えるが、ユウガは全く気にする様子は無い。 幽雅には能力が二つあった。一つは呪いで繋がった相手の外傷を肩代わりする『贄の神子の呪い』、もう一つは悪鬼は見えないが、どんな悪鬼でも気配を感じる事ができる『探知能力』だった。 普段から部下を危険に晒さないよう、無理をして現場で怪我を常に負っているアカリのために呪いをかけるユウガ。 会長からユウガと相棒を組むように指令を受けたアカリは、自らの『消滅』の能力とユウガの二つの能力によって無傷で悪鬼退治を達成する。 しかし、アカリは突如襲ってきた人間からの攻撃によってトラウマが刺激され何もできなくなってしまう。オバケに怯えていたはずのユウガは人間には滅法強く、あっさりと制圧してみせた。 初めて人から守られた事で、アカリはユウガに好意を抱き、猛アタックを開始する。 突然の変化に驚くユウガだが、長年アカリを見守っていた愛着があるため邪険にもできずに絆されていく。 急速に仲が深まるアカリとユウガだが、好きだからこそ危険な現場へ出て欲しくないという思いが湧いてくる。 オバケ嫌いなユウガのために、アカリは自らの能力を使ってユウガの能力を消す事を提案する。 ユウガはそれを聞いて激怒したのだが、アカリの能力が万能過ぎる事が気になり、いつもアカリが能力について相談しているという“友人”を調べるのだが……。 イラスト:はゆるふ様

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間37分

    この作品を読む

  • 想い徒然風が吹いたら気の向くままに

    その言葉は玉虫色の風見鶏

    450,320

    1,341


    2022年5月4日更新

    思い立ったが吉日の一文です。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む