プロフィール

関東地方在住の社畜予備軍です。読み専初心者やってます。 スコップでは主に現代ファンタジーを掘っていこうと思っております。ダークで鬱展開多めの作品が大好物な生粋のドMですが、どうぞよしなに。

ブックマーク

一覧

  • なろうさん版とは一部展開を変えてあります

    ♡74,200

    〇9,200

    歴史/時代・連載中・58話 但尾逆浦

    2020年8月14日更新

    皇紀2127年、帝国暦に直しては77年。上御霊の戦いから始まった応仁の乱により嘉吉の乱からひび割れを見せ始めた室町幕府はついに決壊した。戦いは十一年は続き、諸将が疲れ果てた末に自然消滅したそれは日本の秩序をガタガタに崩壊させた。が、その秩序は早い段階に於いて応急処置とでもいうべき治療を受けて復旧することになる。 垣屋続成。奇しくも応仁の乱より十五年たった後に生誕した彼はある記憶をも兼ね備えていた。……十数代は枝分かれした後の、ある子孫の記憶である。 これは、ある逆浦転生者が図らずも天下統一に乗り出し、成功してしまい、そして海外に乗り出すまでの物語である。 彼はまず、隣国を平定し、続いて謀将を滅ぼし、都に上洛した。そして旧来の既得権益層に喧嘩を売るや否や、一向宗や日蓮宗など危険な宗教の叛乱を撲滅、ついには弓馬の将にも拘わらず上級貴族となる。だが、そんなことで彼を飼い慣らすことなどできようはずもなかった。次々と発明を行うにあたり、喧嘩を売られた旧来の既得権益層は完全に疑心暗鬼に陥る。そして、彼が西国の平定戦に向かっている最中にそれは起きる。宗教、旧戦勝派閥、そして続成の伸長を差別的な目で睨み付けていた他の上級貴族の連合造反である。しかし、彼にも味方は存在した。中央政府首班である将軍と、彼の旧主であり旧敗戦派閥の首魁でもあった勢力である。そして彼は賭けに勝ち、走り出した。図書館を創設したり回教徒と出会ったりしたのもこの時期であった。 延徳九年、皇紀に直しては2157年、垣屋続成はついに四海を統一した。応仁の乱よりおよそ20年程度しか経っていないそれは良く言えば傷口の早期治療、悪く言えば現状の追認に近かった。だが、続成の発想はひと味違った。なんと、四海統一祝賀会の場に於いて天下切り取り勝手の号令を発布。これが何を意味するのかは諸説あるが、続成の存念はより多くの日本人町を海外に作り、日系人の地位向上並びに日本語の世界共通語化といったあたりにあった。むろん、本人は富良東大陸への遠征準備を整え、大陸の皇帝になる予定であったが如何せん彼は若すぎた。嫡子すらまだできていない。ひとまずは四海の安定と内治に励む必要があり、諸侯に於いてもせっかく沈静化した火の手を消すのに手一杯といったところであった。 ※あらすじは開発中のものです、内容とは大きく異ならないとは思いますが。※

  • 望んでいたのは、こんな再会じゃない──

    ♡7,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・44話 夏目絢斗

    2020年8月14日更新

    未知なる異形「ペッカート」との戦いは熾烈を極め、人類は未曾有の危機に瀕していた。 「逃げる」ことよりも「戦う」ことを選んだシュウは、連れてこられた組織の中で、選ばれし若者たちに出会う。 必然か偶然か──。 予期せず再会した彼女もまた、抗えぬ運命に翻弄される一人だった。 あんな彼女は知らない。 捜していたのは、望んでいたのはこんな再会じゃない。 交錯する思い、絡み合う愛憎──。 彼らの行く末に未来はあるのか。 すべての鍵を握るのは、「希望」か、それとも「絶望」か──。 それは人類の希望、神の力を秘めし至高の宝石──。 【この作品はエブリスタにも公開しています】

  • 過去を振り返る回想物語。

    ♡6,600

    〇30

    恋愛/ラブコメ・連載中・27話 秋桜@揚羽

    2020年8月14日更新

    世界であらゆる恋物語のひとつの話。 主人公、藤原 暦の恋の回想物語。 暦は小学校を卒業し中学校に入学をする。 周りは恋愛ムードになっていくが、 暦は恋愛について理解ができずにいた。 しかし中学校で様々な女の子に出会い、 暦は少しずつ変わっていく。 そして様々な女の子と恋愛を描いていく。

  • 時代を逆行するようなローファンタジーです

    ♡53,950

    〇365

    現代/その他ファンタジー・連載中・19話 柴猫

    2020年8月13日更新

    「この世界はね、狂ってるの」 紅く染まった少女は、そう吐き捨てた。 「せいぎ」を貫き、「しあわせ」を求めるために足掻いて、足掻き続けても、決して報われる事のない人々。終焉に向かう世界で、【彼】は一体、何処に辿り着くのか。 ────────いつか、鎮魂歌を奏でるために。

  • 煌めきと共に、すべての敵を打ち倒せ。

    ♡479,315

    〇39,540

    現代/その他ファンタジー・連載中・382話 鶴琉世乃

    2020年8月11日更新

    「貴様はもう、私達の子ではない」 詠唱と意志力により武器や自然現象を再現する存在、【顕現者】。 適性審査で「詠唱途中で能力がランダムに発現する」という致命的な欠点を背負い、能力者として認められなかった少年は。 実の家族・友人に見捨てられ、同時に存在自体を消されかけてしまうが逃げ延び、心優しき夫妻に拾われることになった。 ――5年後。 少年は、【学園】へ足を踏み入れた。 彼が入学した時から、止まっていた運命の歯車は再び、音を立てて動き出す。 少年の「復讐」と「新しい人生」が、始まろうとしている。 異能×復讐×青春 etcetc...... 様々な要素の絡み合った学園譚、開幕。 「覚悟しろ。……そう簡単に、お前達を許せそうにない」 ※格好いい表紙は蒼原悠様(Twitter:@AzureFlag373813)に頂きました! ※祝!累計総合41位、累計ジャンル別5位。 これからもよろしくお願い致します。 ⊿二次創作は基本許可致しますので、コメントにお願い致します。 ※アルファポリス様にて「四煌の顕現者:ゼクス・ファーヴニルの復讐譚」として当時連載中です。