プロフィール

中国史、ファンタジー系大好きです! 活動時間は主に夜間。

ブックマーク

一覧

  • それは非売品です!~残念イケメン兄弟と不思議な店~

    仲良し兄弟のハッピーな錬金術師コメディ!

    665,938

    10,559


    2022年9月7日更新

    【イケメンで優しくてオバカな兄と、彼に振り回される金髪美青年な弟のクレイジーで明るい日常】 「お兄ちゃんが何か適当に買い付けするからジェルが売ってくれよ」 「そんなの事業として成り立ちませんよ。失敗するに決まってるじゃないですか」 「あくまで表向きでいいからさ。収支は気にしなくていいよ。ジェルの好きな物をいっぱい並べて、ジェルが理想とするお店にすればいい」 日本で錬金術の研究をしながらアンティークの店を経営することになった、仲良し兄弟のアレクとジェル。 いざお店を始めたら、英雄や神様が来店したり、異世界に飛ばされたり、宇宙人に遭遇したりと不思議なことだらけ!! ゆる~く読めて毎回ハッピーエンドなコメディ短編集です。 ※基本1話完結ですが、長い時は前編・後編に分けます。挿絵が多いです。たまに他のキャラに視点が変わります。 なろう・カクヨム・アルファポリスでも投稿中です。 2021年12月7日追記:応援ポイント50万突破しました!応援ありがとうございます!!

    読了目安時間:10時間28分

    この作品を読む

  • 昇龍、扶翼を喪ず――南朝宋武帝 劉裕伝

    劉宋を打ち立てた武人「劉裕」の物語です。

    115,848

    0


    2022年2月16日更新

    更新停止中。 三国志の時代から下ること二百年。中原には異民族が割拠し、漢族は呉の地への退去を余儀なくされていた。そのような中を這いあがってきた男がいた。男の名は、寄奴。のちの南朝宋の建国者、劉裕である。 寄奴には、かれを陰に日向に支えてきた一人の男がいた。この物語は、その男――丁旿を介し、語られる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間31分

    この作品を読む

  • 二人で一人の剣姫

    地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    5,447,900

    19,385


    2021年2月19日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:58時間34分

    この作品を読む

  • 燃料はHakkou食品

    野辺良家家政夫ロボット、その名はロボ先生

    2,600


    2020年7月26日更新

    野辺良家の家政夫ロボは納豆かチーズを燃料として働くらしい。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 魔法のおしごと。

    非魔法使いの少年によるお仕事ファンタジー

    64,501

    101


    2020年7月7日更新

    ライシン帝国――そこは、魔術師たちが動かす魔術帝国。そのライシン帝国において、様々な超常現象を作為的に引き起こすことができる魔術には、魔力を持った魔術師の他に、魔術のもととなる『触媒』と呼ばれるアイテムが必要だった。それは、海の底に沈む真珠であったり、怪物の鱗であったり、断崖に咲く神秘の花であったり。これは、その『触媒』を入手する職種に就いた少年の話。 ※全12章(+番外編) ※小説家になろう様にも掲載中。

    読了目安時間:6時間45分

    この作品を読む

  • 狐芸者

    両国柳橋には狐芸者と呼ばれる芸者がいた

    31,100

    51


    2020年6月20日更新

    両国柳橋界隈で町芸者をしてる紺(こん)は、得意の三味線で評判を取っていた。そんな紺を座敷に呼んだとある客との出会いにより、紺の音は次第に変わっていく。 ※2020.6.20 一括掲載を分割しました。

    読了目安時間:34分

    この作品を読む