プロフィール

ROSEさんです。 ホラーメインに雑食で書きます。 普段はアルファポリスで活動してます。 連載物はアルファポリスの方が更新早いです。 時々入れる214ポイントはにぼしです。

ブックマーク

一覧

  • 少し偉そうな感想文

    気になった作品を紹介しています。

    4,273,563

    10,076


    2022年9月25日更新

    ノベルアップ+で読んだ、自分視点で気になった作品の感想を書き連ねます。 基本的に完結した作品のみを紹介していきたいと思いますので、それはご了承願います。 更新は不定期で、三か月ごとに長期休載しますので。

    読了目安時間:16時間41分

    この作品を読む

  • ノベプラ初心者、失敗記録。〜拝啓 初心者仲間様。私はこれをやっちゃいました。

    私のノベプラ失敗談を披露。

    180,223

    506


    2022年9月22日更新

    「ノベルアップ+」様に登録したばかりの超初心者。 操作も仕組みも、右も左も何もわからないままに投稿を始めたものの失敗の連続。 (この過去は闇に葬るつもりだった……。だが、ここはあえて晒して、同じ犠牲者が出ないためのイシヅエとなろう!!) でもたぶん、こんなマヌケなミスはきっと自分くらい。仲間がいたら、握手してハグだぁっ! あ、ひとさまにご迷惑はかけてません。自爆してるだけなので。しくしく。 ※印ページには拙絵があります。絵柄が好みでない方には申し訳ありません。

    読了目安時間:1時間53分

    この作品を読む

  • 薔薇と首

    推理小説の教科書的な作品を目指しました。

    4,900

    4


    2022年5月3日更新

    昔々、とある国。双子の女の子のお話し……。 ―――― 現場に足を踏み入れると、そこは一面の花畑。 そしてその中に横たわる、首なき歌姫。 この作品はPixivなど他サービスでも公開しています。 表紙挿絵:ぱたこ(゚Д゚)さん( @hematophilia125 )

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • 私の革ジャンからおっさんの声が聞こえる

    古着屋で革ジャンを買ってみたら

    3,500

    0


    2022年3月13日更新

    古着屋で革ジャンを買ってみた。そしたら革ジャンがしゃべるんです。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 北海道ダンジョンウォーカーズ

    北海道が舞台! ガチ目のファンタジーです

    633,384

    5,316


    2021年5月27日更新

    あらすじ箇条書きです。よろしくお願いします。 1、北海道にダンジョンが出現する 2、人が立ち入れず調査不能の為、行政政府はこれを埋める 3、ダンジョン大爆発(後にブローアウト現象と呼称) 4、ダンジョン内のモンスターが札幌の街に溢れ出る 5、ダンジョン内のモンスター数の許容オーバーが原因だと知る 6、ダンジョンに入場できるのは中学生以上高校生以下と判明 7、北海道、ダンジョン特区を申請、国政はこれを受諾、法改正に入る 8、北海道行政は『モンスターに負けない青少年育成条例』を設立、国会はこれを承認 9、以降、少年少女はモンスター退治にいそしむ(1日1人3体を推奨) 10、積極的にダンジョンに通う少年少女をダンジョンウォーカーと呼称 11、ダンジョンウォーカーの少年少女の一部に『スキル』と呼ばれる異能力が出現 12、北海道はダンジョンの安定化に成功 13、北海道ダンジョンの観光地化に成功 14、月日は流れ、ダンジョン出現から20年後、チート主人公登場 15、主人公、消極的に安定化した北海道ダンジョンをひっかきまわしはじめる。 16、果たして結末はいかに…!

    読了目安時間:77時間31分

    この作品を読む

  • 文庫同人誌を作ろう

    自分の本が欲しい人向け

    100,500

    200


    2020年9月23日更新

    ツイッターで呟いていた「文庫同人誌を作ろう」のノベプラ版です。 まだ5冊くらいしか刷ったことがないのでたいした話はできませんが、「とりあえず1冊スタンダードなものを作ってみたい」という方の背中を押せれば幸いです~! ※内容の性質上、画像を多用しております。閲覧の際は通信料にお気をつけください。 レビューありがとうございました! 何かの足しになっていれば幸いです~!(10/17追記) またまたレビューありがとうございます! 印刷所情報まで痛み入ります!(10/17追記)

    読了目安時間:47分

    この作品を読む