プロフィール

青の深さに飲まれて、彼岸の奥底、深遠の青に、逆さに映し鏡の夏。鏡文字 灯篭の灯りに誘われて、ずうっと深い、夏の波紋の中、カナカナ、蝉の声 どこか遠い、ずっと遠い、誰もいけない彼岸の香り、タオルの上のビー玉、 古い木の香りのする街道沿い、人気のない通りに、遠い過去の人が歩く。 影は妖しく濃く、覗いた家のガラス戸のなかで、埃を被った古時計が数分遅れて時を刻んでいる。 ここはどこだ。 ​抜け出せない、この街道沿いから。 花鳥風月、夕方幻灯機、射干玉に碧玉… 美しくもダークな、瀬川なつこ(なと)の恐るべきネオロマニズム小説群 耽美で、ダークで、どこか底知れない闇に連れていかれるような、 懐古、懐かしい日本の昭和に連れて行ってくれるような、そんな闇の人、瀬川なつこが誘う陰翳礼賛の世界へ… 陰翳に酔う、いろはにほへとちりぬるよ、わがよたれぞ、つれならん 百鬼夜行シリーズの圧巻的二次世界へ、夢の中へ。 創作和風劇の、恒久の久遠の彼方へ。

ブックマーク

一覧

  • 思いに浮かんだ どうでもいい言葉

    ♡2,273,001

    〇71,867

    童話/絵本/その他・連載中・317話・165,177字 Neo
  • 自作童話・説話の傑作選です

    ♡447,950

    〇6,790

    文芸/純文学・連載中・124話・55,223字 D

    2020年11月18日更新

    他の小説投稿サイトで、ランキング入りした自作童話や説話の短編集です。 『逆さの森と真っ直ぐな気持ち』 ……人が良いキツネは、群れでは失敗ばかり。 人を騙すことが仕事のキツネが、お人よしではなにもできません。 失敗ばかりで、おちこんでいたある日、彼女は逆さにかかる虹を見るのでした……。 逆さの虹に導かれて、彼女がたどり着いた場所は、変な動物ばかりが住む森でした。 悪戯好きなリス、臆病な熊、怒りっぽいアライグマ。 そして、キツネはひとつの感情が芽生えていく。 など収録。 ※小説家になろうさん・カクヨムさん、アルファポリスさんにも投稿しています。

  • この言葉で振られた、全ての同士へ捧ぐ。

    ♡936,688

    〇10,459

    ミステリー・完結済・35話・86,670字 ルン

    2020年5月2日更新

    現代の大学を舞台にした、『死神盗難事件』! 『日常の謎』なので、人は殺されません。 大学4年生の初夏。 渡貫 詳(わたぬき しょう)は、『お悩み相談サークル』に所属している。 気の強い後輩、角川 貴理(かどかわ きり)に振り回されながらも、他人の悩みや、持ち込まれる些細な謎を解決することで自尊心を満足させる、虚しい毎日を送っていた。 そんなある日、詳自身が盗難に遭ってしまう。 割引券、鑑賞券、小冊子という一見無価値なものが次々盗まれ、ウェブ新聞記事のコピーと思われる紙切れと、『死神』のタロットカードが残される奇妙な連続盗難事件。 いつも通り貴理に押し切られ、詳はその事件の解決に乗り出す羽目になる。 犯行の法則性は何なのか? 犯人は誰なのか? その目的は? 『人間は根源的に時間的存在である』 ハイデガーの言葉通り、人は過去からは逃れられない。 *この作品は『小説家になろう』、『カクヨム』でも公開しています。