プロフィール

「飽くなき挑戦」 とある車会社の掲げる理念である。 この一言は僕に大きな衝撃を。成し遂げた偉業は勇気を与えてくれた。 その言葉通り、僕は挑戦をし続ける。 人生に、小説に。 決して飽きることなく、前へ歩み続ける。

ブックマーク

一覧

  • 戦闘AIを愛でるやつです

    ♡4,300

    〇20

    SF・連載中・5話 高城拓

    2020年6月10日更新

    陸上自衛隊に配備された新装備『自律型運搬機(火力型改2)』ちゃんと分隊長の、心暖まるハートウォーミング・ウォーアフェア・ストーリー。

  • オムニバス形式のロボットアクション

    ♡6,000

    〇205

    SF・連載中・43話 文田孝太郎

    2020年5月6日更新

    荒野の真ん中に建つ小さな酒場『ドッグハウス』―― ここには夜毎、風呂の入り方も知らないくせに、殺しと壊しはわきまえたろくでなしどもがやって来る。 喉を湿す酒と、腹を満たす食事を得るために。 主人公はエピソードごとに替わります。 人型兵器がわんさか出てきて戦いますが、誰も正義を語らないし、誰も世界を救いません。 戦いたいから戦う。 腹が減ったから戦う。 酒呑みたいから戦う。 なんかよくわからんけど戦う。 そんな感じの話を、短編~中編くらいの連作形式でやっていきます。 一応、SFに分類していますが、アクションとかミリタリーとか、そのへんが近いかもしれません。 ほんのりハードボイルドなテイストも入ってます。

  • 傭兵の女の子がロボを駆って活躍します

    ♡102,600

    〇645

    SF・連載中・47話 ラウンド

    2020年5月4日更新

    これは、軍事力の衝突が完全に商業化した、有り得たかも知れない遠い未来の世界の話。 今日もまた、国際的に公認された戦闘地域の何処かにおいて、国家や企業が出資して即席に生み出された軍隊による、統制された戦闘行動が行われていた。 そして、そのような戦場で、強力かつ華やかな軍備が常に求められ続けた結果、とある兵器が誕生する。 人型の胴体に腕と足を持ち、自由に武装を施して戦場を駆け巡る鉄の巨人たち。人々はその兵器の一つを「モビルフレーム」と呼び、それを駆る者たちの事を「フレームライダー」と呼んだ。

  • 海しかない世界にでっけえ樹が生えてたとさ

    ♡14,060

    〇5

    異世界ファンタジー・完結済・293話 春ノ嶺

    2019年12月8日更新

    【狐耳の女の子が四苦八苦する話、もしくは文明リセットを生き延びた現代兵器が無双する話】 すべての大地は海へと沈み、僅かな痕跡を残して文明は滅び去った。何もかもが振り出しに戻った世界に残されたのは人が住めるほど巨大な樹だった。新たな文明が繁栄を進める中、呪術師である家出人スズは自分の住む大樹が腐り始めている事を知る。腐食の進行を止めるため既に枯れ果てた隣の大樹へ調査に赴く事になり、樹上を見回るうちにある場所を発見し、そこでは自らが機械だと言う少女が待っていた。腐食を食い止める事はできたものの、その元凶は自分の親であった。その暴走を止めるためスズは故郷へ戻る事を決意する。 -日本神話ベースのファンタジーですが時折戦艦がラム戦やったりします。メインキャラクターは剣と魔法で戦いますがその他大勢の主武装は鉛と火薬です。 小説家になろうからの転載になります コピペしただけの代物なのでルビ振りが愉快な事になっています、気になる方はこちらへ https://ncode.syosetu.com/n7752dd/

  • 京都の街で出会った奇人との異類交流譚

    ♡10,800

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・11話 陽本 明也

    2019年11月7日更新

    長期休暇を利用して、リフレッシュのために京都旅行にやってきた明子は、一軒のバーでへんてこな仮面をつけた奇人と出会った。奇人はぷかぷかと煙草を吐き出し、明子に京都案内をしてくれるという。 そうして雨の降る京都の街を、不可思議な奇人と歩くたびに、明子の中にある正誤の問題が解かれていく。 煙草と、お酒と、人外達と、天気雨のように不思議な縁を結ぶ物語。