プロフィール

コミュニケーション能力が欠如しているため、コメントに対する返信は主にスタンプで行っています。ご了承ください。コメントを貰うのが嫌なわけではないので、コメント・スタンプ・ブクマ・フォローなどは大歓迎です。

ブックマーク

一覧

  • 物書きの備忘録

    間違えやすい言葉を書き残していきます

    15,500

    42


    2021年7月30日更新

    自分が良く間違えたり、ややこしいと思う言葉の備忘録 自戒の為に書き留めておきます ★月曜~金曜、朝と夜の二回更新★

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • Purpura Oculus プルプラ オクルス~紫の瞳には逆らえない~

    私の正体?そんなの私も分かんなーい!

    73,900

    1,275


    2021年7月30日更新

    自称中学生、月見里 音(やまなし おと) 人の意識に干渉し、操る事ができる異能の力を持つ銀髪少女だ。 彼女の瞳が紫に輝けばもう遅い。その瞳からは逃れられない。 ~なーんてね!音は今日も楽しく遊んじゃいます! 【『カクヨム』で連載していた作品をリメイクした『ノベルアップ+』バージョンとなります】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:39分

    この作品を読む

  • 弱小文芸部員がノベプラを利用してプロになるまでの道!!

    現実世界でプロ小説家になる過程を全公開!

    39,900

    100


    2021年7月30日更新

    V-Novelist 文芸部の活動記録。 ノベプラでの活動を通じて各部員がプロ作家になることを目指す現代青春Vドキュメンタリー。 V-NovelistのVはVictoryのV!!! 現実世界のプロ小説家になる過程を全公開予定! 小説を書く/小説家を目指す方に有益な情報になるよう頑張ります! =文芸部 活動予定= *2021年07月 夏の5題小説マラソン(ノベプラ) *2021年08月~ 公募用作品の制作開始! - 受賞の為の戦略会議 - 制作過程公開(企画、プロットなど) - 完成作品公開(第一稿) *2022年04月 電撃大賞公募 *2022年11月 電撃大賞受賞!? ■キャラ紹介 【日常ちゃん(田中のどか)】 文芸部部長。もともと部員がホラーちゃん一人だった文芸部が不憫だったため力を貸す(乗っ取る)ことに。 絵を書いたり、HPを作れたりと多才。のほほんとした見た目とは裏腹に、策略家でもある。 【ホラーちゃん(墓守玲)】 文芸部ホラー担当。たった一人で文芸部を守っていた少女。文集を作るための必死な部員集めが功を奏す。 人に話しかけるのが苦手でクラスではうまく溶け込めないが、文芸部という居場所ができて学園生活が楽しくなる。 【ミステリちゃん(江戸川翠璃)】 文芸部ミステリ担当。もともと文芸部に興味はあったが、入るタイミングを逃していた。しかし、お菓子がきっかけで入部を決意。 目立ちたがり屋で自分は賢いと思っているが、学校の成績が低空飛行なことを不思議に思っている。 【SFちゃん(時枝彼方)】 文芸部SF担当。お菓子パーティを開く文芸部を、風紀委員として注意しにきたところ、文芸部に興味を持ち加入。 生徒会では規律を重んじる優等生だが、文芸部では感情的になることが多々あり、それを面白いと感じている。

    読了目安時間:1時間48分

    この作品を読む

  • きっと明日はいい天気

    私たちは、何とかなる。

    3,100

    0


    2021年7月30日更新

    双子の兄妹、青花翠と青花夕莉。 二人は重い喘息発作と偏頭痛を患っている。 両親は二人を、体に事情を抱えた子どもたちの通う「デイケアサービス」のある学校へと通わせる。しかし二人の繊細な心は、思春期ゆえの情緒不安定な激しさと相まって、周りと確執を生んでしまう。 ハンディキャップを抱えた子どもたちの、日常との闘い。 週三日(月、水、金)更新予定。九月に完結致します。 *この作品は2000年代に書かれた小説であり、当時の社会体制上、人々の古い認識ゆえの差別的な行動が作中に出てきますが、当作品は差別や無理解を助長する目的で書かれたものではありません。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:48分

    この作品を読む

  • 北条永遠と西園寺飛鳥は幼馴染でドが付くほどの歴史オタクだ 今の時代に生まれて良かった!争いばっかしてる時代とか嫌すぎる! なーんて言いながら趣味の歴史考察をしつつ、ほのぼの過ごしていたのだが・・・ある日、突然 『魔王が私達を滅ぼそうとしています!どうかお救い下さい!』 という声が聞こえて2人は光に包まれた。光が収まり視界が戻ると、そこは見知らぬ部屋・・・ 「余が魔王だ」 えっ!魔王!?これって、まさか異世界召喚ってやつ!? もしかしなくても、今ここで、魔王を倒せって事!? いきなり魔王と戦えとか無理に決まってんだろーーーー!! 「突然お呼びだてして、申し訳ありません」 えっ?永遠はどこ?人族のために戦って欲しい? 失ったものを取り戻したい そのためなら、私は・・・ ___全く逆の立場から、幼馴染2人の冒険が始まる ~歴史を知らなくても問題なく読める作品です!~ 【『カクヨム』において連載中の小説を加筆修正した『ノベルアップ+』バージョンとなります。『アルファポリス』でも連載中!】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間46分

    この作品を読む