作品

 

  • 宿命のエトワール

    星に選ばれし彼らは異形に立ち向かう

    13,000

    200


    2022年7月31日更新

    深淵の神が告げた。 『残星に目を向けよ、星辰を正せ、世界を一つに隔てよ』 その日を境に、星海《せいかい》と呼ばれる数多の星を映したかのような黒い泉が現れた。そこから現れるのは人を襲い、人語を介さない異形……星獣。彼らに対抗できるのは星に選ばれた異能力者、天星のみであった。彼らは国を守るため、武器を手に取り、異形と熾烈な戦いを繰り返す。 好評だったら連載しようかと思ってます。

    読了目安時間:46分

    この作品を読む

  • 不完全で完全な世界

    奇妙な世界観をした短編集です

    3,800

    0


    2022年7月21日更新

    ゆっくりと更新していくつもりです。 色んなニュースや思ったことをテーマとして書いてます。 読了後、気味が悪いと思えば成功です。 小説についての説明などは行いません。あくまでも自身が読んで感じたことが『解答』です。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • おとぎの後継者

    神が創ったこの世界は美しくも残酷で

    89,400

    13


    2022年7月9日更新

    ⚠表紙画像は@aonisai44 様が描いてくださったものです! 人間、獣人、機械人形……様々な種族が暮らすネバーランド(夢の国)。長きに渡る『童話戦争』も終わり、平和が訪れた─────そう思っていた。 突如、国民が異形へと姿が変わる原因不明の病が流行り始めた。その病の名を『怨毒』。怨毒となった者は超人的な異能力というものを身に着ける。ある者は炎、ある者は空気、ある者は精神を…… そんな異形である怨毒を倒す組織がある。その組織は『ストーリア』。怨毒に比較的近い存在である『エピソーダー』 ある者は赤ずきんに選ばれ、ある者は雪の女王に選ばれ、ある者は人魚姫に選ばれた。童話に選ばれた少年少女は世界から消えた童話を受け継ぎ、怨毒を倒し真の平和を目指す。 しかし、この夢の国で怨毒化を促し、再び血に濡れた歴史を作ろうとする英雄(ヴォートル)が彼らに牙を向く……

    読了目安時間:10時間33分

    この作品を読む

  • 海をまとう

    素晴らしいイラストから浮かんだ短編です

    600

    0


    2022年6月5日更新

    身を投げた少女が灯台によって生かされているように私は見えたので、少し重い話を書きました。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 千人の子を抱きし鉄の母

    SF要素が入った短編です

    4,100

    88


    2022年6月3日更新

    我々が作り出したのは聖母ではなかった。あれは、我々に裁きを下す邪神だ。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • ジェーン・ドゥは真夜中に

    ジェーン・ドゥ、それは名も無き怪物

    31,988

    400


    2022年5月10日更新

    この世には名を忘れ、怪物となった哀しき生物が存在する。彼らの固有名詞を『ジェーン・ドゥ』 彼らは決まって真夜中に現れ、我を忘れて暴れ狂う。そんな哀しい彼らに名を与えることができるのは『名付け師』である姫浦空木という変わった青年だけ。

    読了目安時間:47分

    この作品を読む

  • 金魚の羽、蝶の囀り

    ありがとう、一緒に落ちぶれてくれて

    3,400

    100


    2022年4月2日更新

    金魚に羽が生えて飛べないかと考える錦戸(にしきど)、美しい蝶がいつか囀らないと考える右蝶(うちょう)。 無いものに縋り、落ちぶれる仲間を探す二人の暗い物語。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 獏も食わぬバッドドリーム

    これは君が望んだ姿、力なんだ

    6,000

    0


    2022年2月4日更新

    大学に通いながらバイトをする佐藤律(さとうりつ)は同じ夢を見続けていた。その夢世界は殺人や窃盗が頻繁に起こる世界であった。そんな悪夢のような世界での佐藤は、『イーア』という盲目の人間として存在していた。超能力や魔術といった常人には無い力を持った夢世界で『シナプス』という男と出会い、イーアは合言葉を伝えた。 夢世界から覚醒した佐藤は今まで書いてきた夢日記を見てある事を確信した。それはこの現実世界と夢世界がリンクしている事であった。夢世界で死ねば、現実世界でも死ぬ。そんな夢世界から脱する為にシナプスらと共闘し、夢世界の上層部にある夢扉を目指す。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間42分

    この作品を読む

  • 処女懐胎

    彼女が語る三つの嘘とは───

    2,400

    200


    2022年1月17日更新

    「私、妊娠したの」 その言葉が二人の男を恐怖へと陥れる。 次々と語られる彼女の嘘に男の心は揺れ始める。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 読書の終わらせ方

    私は彼が遺した最期の小説を読めずにいた

    1,100

    0


    2021年12月31日更新

    新年の抱負は何にしようかと思った時に浮かんだものです。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • おとぎの後継者のキャラ紹介動画を作成しました!

    動画作りました!

    0

    0


    2021年12月23日更新

    第一章から第三章までのキャラ紹介動画

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 悪夢ノート(実体験)

    悪夢をみたら書いていくつもりです

    4,800

    0


    2021年12月20日更新

    悪夢を見れば書いていく予定です。 なのでもちろん不定期です。 自分の精神状態の把握のためにも書きますし、皆さんがたかが悪夢で驚いたり、怖がったりして楽しんでくれたらなという気持ちで書いていきます。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 666─《スリーシックス》─

    善人も悪人も魂は同じ味

    2,800

    0


    2021年10月15日更新

    六村一色。情報屋でありながら殺しも行う裏社会の人間であった。体と顔で選んだ女を気まぐれに抱いては捨て、時には情報の為に利用する男だった。 そんな彼もとうとうツケが回ってきたのか女に銃で撃たれた後、火が回った部屋で放置されてしまった。今は亡き最愛の人を思い出しながら死を迎えるはずだった彼は、雌狼の悪魔、マルコシアスに気に入られ契約をしてしまった。契約内容は助ける代わりに3日に一つの魂を喰らうこと。 マルコシアスの人間の姿はかつて愛していた由美と酷似しており、一色は仕方なく契約者として役目を果たすこととなった。 ただいつも通り情報を集めて売って、人を殺す日々が送られると思っていた一色の前に同じ契約者が何人も現れる。次々と増えていくウロボロスが刻まれた死体、そしてその犯人。なぜ最愛の人は殺されてしまったのか、ウロボロスとは一体何なのか。悪魔と契約した彼の人生は大きく変わり始める。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 祓い屋へようこそ

    悪霊や妖怪、祓い屋が承ります

    14,900

    50


    2021年9月24日更新

    昼には花屋、夜には祓い屋という店がある。しかし祓い屋に入るには条件がある。それは「霊に取り憑かれている人」「霊感のある人」だけ。 店主である霊落サツキ達は依頼主から様々な依頼を受け、この世にとどまった霊を除霊するのが仕事。 依頼をこなしていくうちに明らかになっていく主人公達の壮絶な過去。 可笑しくも恐ろしい祓い屋の物語、読んでみませんか?

    読了目安時間:1時間29分

    この作品を読む

  • タイガーリリーの告白

    17歳の俺には刺激的で叶わない恋をした

    2,800

    0


    2021年9月17日更新

    彼女が思う好きと、俺が思う好きは違ったんだ。君の彼氏になるくらいなら、都合のいい男や犬でいたほうがマシだと思ってしまった。 高嶺の花で、鬼百合だと言われた彼女の名前は「百合沢里奈」

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 梅花の髑髏

    チャイニーズマフィアものです

    1,600

    0


    2021年8月3日更新

    中国マフィアの梅花(メイファ)。そのボスの名前を子・梅(シ・メイ)。彼は20歳という若さでボスの座につき、梅を背負う者となった。しかし、それを良しとしない者も中にはおり、梅花を下に見る者も少なくはなかった。 智恵(@eeTtlkYOtx6Lmx9)様が描かれたオリジナルキャラクターから構想を得た作品です!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • フォロワーさんからのお題で童話書いてみた!

    ⚠タイトル変えました笑

    15,800

    50


    2021年7月11日更新

    許可を貰ったフォロワーさんを私なりに童話化してみたかったのですが、最近は来たお題で書いてるのでタイトルと企画内容変えました!笑 Twitterにていつでも受付中、

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • あの夏の日、俺達は死体を埋めた

    後悔はないが、願うことなら地獄に堕ちたい

    4,900

    10


    2021年7月1日更新

    嫌な予感がした勇吾は、幼少期からの仲である雅人の家にやってきた。しかし、扉を開けるとそこには首を吊って、変わり果てた姿の雅人がいた。2種類の遺書を見た勇吾は同じく幼少期からの仲の大河を呼んで雅人を埋めることにした。 なぜ、勇吾は死体を埋めることを決意したのか。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • ディナー

    口いっぱいに広がるのは罪と呪いの味

    700

    0


    2021年6月11日更新

    山奥にある小さな家に少年はいた。悪魔との契約を果たすためにただ、人を食った。 だが、少年の意思でそれは行われておりおぞましい目的の為に人を食い続けた。 僕が覚えているのは母の叱責と、吐き気のする甘酸っぱい林檎ソースの味だけ。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 星の花と村娘

    星降る夜、星の花が大地に落ちた

    2,800

    0


    2021年5月31日更新

    私が真剣に書いた童話です。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む