プロフィール

無性に話が書きたくなった!ので書いてみました。普段は主婦しつつイラストを描いたりしてます。※イラストは別名義 気ままにいろんなの読ませてもらってます。現在、お返事はスタンプ率高めになりそうです。応援やコメント、めっちゃ力になっています!感謝しかないです。ありがとうございます! はやひり@meguekakuyo ~今まで好きになったモノ~ 小説:鷲は舞い降りた    High and dry (はつ恋)    デッドエンドの思い出    珊瑚    銀嶺の人    アラスカ物語    栄光の岩壁    孤高の人    武田信玄    燃えよ剣    三国志 ラノベ、ブログ、WEB小説等雑食。 昔から読んでます。 絵本:ぼくがとぶ    やっぱりおおかみ 占い:タロットカード    四柱推命    手相 漫画:小花美穂先生の漫画全部    ジャンプ系いろいろ    ドリフターズ    ※ありすぎるので書かない

ブックマーク

一覧

  • 作品読ませてください!!

    あと活動報告とか。

    10,400

    0


    2021年12月4日更新

    主な内容。 ①活動報告をちゃんとするマンになります。 ②作品読ませて欲しいです!! 面白い作品や好きな作品はレビューも書きたいと思います。 ③なんとなく書きたいことを書きます。 こんな感じです!! よろしくおねがいします。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 白の魔女と人形王子

    呪いが繋ぐ愛の物語

    24,200

    755


    2021年12月3日更新

    魔法が存在し、様々な種族や動物、そして人間が住む世界、サーザランド。 ドラゴンや魔物が多く生息するこの世界には、二人の魔女が存在していた。 一人は黒の魔女、ニグレド。 もう一人は白の魔女、アルベド。 彼女らは強大な魔力を持つために、人々に恐れられていた。 そんな中、大陸を支配する大国、ジオルデの第一王子、エルディは十八歳の誕生日を迎えていた。 国中の人々に祝福されるエルディの幸福に嫉妬した黒の魔女、ニグレドは、エルディに人形になってしまう呪いを掛ける。 呪いにより人形になってしまったエルディは、ニグレドの行方を探すがどうしても見つからず、仕方なく白の魔女、アルベドに呪いを解いて貰おうとアルベドのいる山を訪れたのだった。 一方で山に住むアルベドは、人とかかわることを避けていたが、わざわざ自身に会うために山の上までやって来たエルディの事を放っておく事もできず、エルディの話を聞く。 しかし、ニグレドのかけた呪いは強く、アルベドの力ではエルディを救うことはできないことが判明した。 そこで、アルベドはニグレドの居場所を探す手伝いをしたいとエルディに提案する。 こうして白の魔女と人形王子の長い旅が始まった。

    読了目安時間:2時間14分

    この作品を読む

  • 快晴を願い、少女は砂に頭を埋めた

    誰だって時には、現実逃避したいじゃない

    11,400

    0


    2021年12月1日更新

    「俺さ。桜庭のやつ、好きなんだと思う」 ある日の夕暮れ。唐突に幼なじみである楯野蒼空から、そう告げられる。 きっと、私は馬鹿なのだろう。自らの感情を押しとどめ、取り繕うことだけが上手くなる。 これは、決して報われない少女の、決して報われない物語。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • やまとことば

    ワードパレットお借りしています

    4,100

    0


    2021年11月23日更新

    Twitter@torinaxx様ワードパレット「やまとことば」お借りして順番に書いています。全30編。 文学風のお話は拙作「古書語り」にも掲載。 以下個人的見解です。参考にどうぞ。 文学風:1、3、6 現代風:2、7、10、11 童話風:4、5、8 異世界風:8、9 SF風:10 ※9「ちぎりを今再び」残酷・暴力描写含

    読了目安時間:1時間32分

    この作品を読む

  • 古書語り

    ふるき言の葉にて記されし、わづかな語り事

    7,300

    0


    2021年11月7日更新

    ちょっと前の時代を思わせる文体で書いた、ちょっと古いお話達。 自サイトでも掲載しています。 【 http://as318laz.nobody.jp/ 】 * ツイッター診断メーカーを利用している作品もあります。お世話になっております。 「あなたに書いて欲しい物語3」 https://shindanmaker.com/851008

    読了目安時間:41分

    この作品を読む