プロフィール

 拝啓、これを読んでいる皆さん、こんにちは。 皆さんは“余白の美”という言葉があるのをご存知でしょうか? そしてそれは文章においてもそれは存在するのでしょうか? 否、あります。あると言っておいた方が今後の自己担保としていいでしょう。  となると……今回は“余白の美”のためにここで終わっておくのが良いかと思案しましたのでやめておきましょう。  ところで余談ですが……と続く話は意外にも重要な話の時が多くないですか?  それはもう余談じゃないわよ! となるほうが多いです。  さて、冒頭で言った“余白の美”は、どこへ行ってしまったのでしょうか?  その行方は誰にもわからないのです。