プロフィール

ファンタジー・SF・日常もの・等など、割と雑食です。

ブックマーク

一覧

  • 勇者系ロボットが目覚めたら、敵は滅んでた

    ♡16,700

    〇0

    SF・連載中・360話 コーキー

    2020年7月16日更新

    ──人々が宇宙に進出した時代。 ある日、少年は魔法陣より現れた巨大なロボットと出会った。 ロボットは言った。 「我が名はジェイカイザー! 美しい青の星・地球をヘルヴァニア銀河帝国から守るために、私は目覚めたのだ!」 少年は言った。 「ヘルヴァニア銀河帝国なら、地球軍にボロ負けして20年前に滅んだけど……」 「……は?」 ……こうして奇妙なロボット ジェイカイザーと出会った少年・笠本裕太(かさもと ゆうた)は、ジェイカイザーと共に奇妙な共同生活を送ることになるのだった。 ロボットアニメのあるあるネタが詰まった世界観で織りなす、コメディとシリアスが折り混ざる日常ロボバトル小説! ※カクヨム・小説家になろう でも投稿している作品です。 ※1話をTVアニメの30分枠1本分と想定して、WEB小説として読みやすいようパート分けしております。 ※現在最終話まで執筆完了中! すでに書き終えてているものも含めて1日1パートのペースで投稿します。 表紙画像はcent_uさんに描いてもらいました。 執筆裏話などをツイッターにてハッシュタグ「#ロボもの世界の人々」にて公開中! 作者のツイッターアカウント:https://twitter.com/koki_thlal 絵師のツイッターアカウント:https://twitter.com/centu_7u

  • 思いに浮かんだ どうでもいい 言葉たち

    ♡1,307,805

    〇34,176

    童話/絵本/その他・連載中・182話 Neo
  • 完璧ロボ×薄幸女子×ポンコツ博士の恋模様

    ♡14,300

    〇170

    SF・完結済・5話 須藤晴人

    2020年5月31日更新

    人に極めてよく似たヒューマノイドロボット、HRI-4126に与えられた命令は、ロボットであると知られることなく、人間に、人間として受け入れられること。 そんな彼はある日、悪漢に絡まれている女性を見つける。『ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。』というロボット工学三原則の第一条に従って彼女を助けたら、彼女はすっかりHRI-4126に惚れこんでしまった。 人間として受け入れられることを命ぜられているHRI-4126は、これ幸いとそのまま彼女と付き合うことにする。しかし仲が深まるほど不審な点も目に付きだして、彼女に疑われてしまった。 ロボットであると見破られないために、HRI-4126は自分の開発者である博士にとある依頼をするのだが…… ※ロボット工学三原則は アイザック・アシモフ『われはロボット』小尾芙佐訳、早川書房 から引用しております ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

  • AIと人間が共存できる未来を目指して。

    ♡5,000

    〇0

    SF・完結済・7話 春一

    2020年5月29日更新

    「はじめまして。あなたの“恋人”になることを目指して、わたしはあなたとコミュニケーションを取っていきたいです。まだまだ未熟な人工知能ですが、どうぞよろしくお願いします」 ……生活の道具ではない、本来なら存在する意味もない、AIの“恋人”……。そんな存在の先駆けは、こんな物語になるでしょうか。

  • ロボット工学三原則+王道ラブコメディ!

    ♡8,627

    〇0

    SF・完結済・9話 セキスイキコウ

    2020年5月26日更新

    「はじめまして、豊崎セイカです」 悪友から強引に押し付けられたロボットは、一目惚れした女の子にそっくりだった。 ロボットが嫌いな少年は、次第にそのロボットと心を通わせていく。 ────そんな中、世界では史上初のロボットによる反乱が起きようとしていた。 ロボット工学三原則を巡って繰り広げられるSFラブコメディー。 ※ロボット工学三原則はアイザック・アシモフ著「われはロボット[決定版]」(小尾芙佐訳、早川書房)から引用しています。