プロフィール

コウテイペンギンさん

怪じーん

Lv   :18

ジョブ :れびゅにゃ~

称号  :第1回ノベプラ大賞2次通過者

アバター:コウテイペンギンさん

レビュアーポイント:5pt

踏まれたい願望から執筆してしまった変態作家。 小説家になろう、カクヨム、アルファポリス、マグネットにも作品を投稿

作品

一覧

ブックマーク

一覧

  • 進行していく歴史の波を体感せよ!

    ♡0

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・6話 氏家 慷

    2019年11月16日更新

    産まれた時から母親に愛されず、父もいない少年は、普通と言う言葉に隠された、社会から強いられる「ふるい」にかけられ力無くそれに屈する。そして、偏見に塗れた言葉の通じぬ怪物ばかりの現世に希望を見いだせずそのまま自らの生を諦めた。 それが終わりだと。救いだと信じて。 しかし死後の世界で自殺者達は、樹となり、現し世の悪夢を見せられ苦しむ事を知る。 だが、その地獄もある出会いを持って終わりを告げた。少年は、地獄でやたらと馴れ馴れしい神と出会い異能力を授かると罪を贖う為に煉獄へと飛ばされる。 現代社会を経験した少年達は、激しい憎悪を秘めた体に救済の力を抱いて天国へ至る為に殺し合う──。

  • 虫を愛する人に贈る異世界冒険譚

    ♡185,040

    〇8,975

    異世界ファンタジー・連載中・144話 稲生景

    2019年11月16日更新

    虫を愛していた男は、その虫が原因で死んでしまう。 「今度生まれ変わるなら、人ではなく昆虫にでもなりたいなぁ……」 彼は天に召される間際、そう願った。 その願いが天に届いたのか、目覚めると彼は異世界でカブトムシに転生していた。 カブトムシに転生した事に狂喜乱舞する中、彼の目の前に自らを生み出した存在、魔王が現れる。 魔王は彼に自らの後を継ぎ、魔王になれと言ってきて!? これはカブトムシに転生した主人公が魔王から名と力を受け継ぎ、スキル昆虫召喚(サモンインセクト)で愛する仲間達を増やしながら立派な魔王への道を歩んで行く、虫から始める異世界ファンタジー! ・この作品は小説家になろう、カクヨム、マグネットでも連載しています。

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ♡1,082,835

    〇8,895

    異世界ファンタジー・連載中・205話 白玖

    2019年11月16日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

  • MMORPG異世界転生、主人公はゲーム脳

    ♡811,950

    〇20,965

    異世界ファンタジー・連載中・177話 秀文

    2019年11月16日更新

    黒峰徹(くろみねとおる)は、病により若くして息を引き取る。 そして、気が付くとハマっていたMMORPG『ディスガルド戦記』の世界に生まれ変わっていた。 転生した徹は、死霊使いの素質を持つ事を知る。 その素質とは、死者の魂と交流可能という物。 徹は迷わずネクロマンサーへのクラスチェンジを目指す事になる。 また、徹は持っていたゲーム知識を存分に役立てる。 生産系の知識を使って資金調達。高レベルの装備入手。 必要となる素材の場所も、全て徹の頭の中にあった。 しかし、その結果として、徹は権力者に目を付けられる。 徹の意思とは関係無く、帝国との争いに巻き込まれて行く事となる……。 この物語は、試練を乗り越え、死霊の軍勢を作り、徹が死霊王へと至る内容となっている。

  • ♡シコティーワールドをご堪能あれ♡

    ♡92,458

    〇1,100

    異世界ファンタジー・連載中・87話 シコティー

    2019年11月15日更新

    秋月薫は後輩の森山未來が心配で仕方がなかった。 というのも、彼女が最近気分が落ち込み仕事が出来なかったからだ。 秋月は森山に優しく相談すると、ストーカーされているらしい。 秋月は心配で一緒に森山を送り届ける。 が、そこで待っていたのはストーカーの男。 目の前で森山がストーカーの男に襲われ、 秋月はそれを止めるために果敢に挑むも、力尽きてしまう。 最後に願ったのは自分の小説の主人公になりたい、と。 次に目覚めると、そこは見知らぬ天井だった。 「あら? 目覚めたの? ヴァルド? おっぱいの時間でちゅね!」 そう言いながら母乳を飲ませる美女がそこにいた。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 表紙絵はコタロウさんに描いてもらいました! 挿絵:カイン/エレナ/ラーナシア/アリス 担当:あっきコタロウ様 そしてふたりでワルツを【漫画版あり】 https://novelup.plus/story/211382776 尚、タイトルの前に『☆』がある作品は挿絵ありですにゃ(´◉◞౪◟◉) こちらの作品も宜しければご一読お願いします!