プロフィール

ファイ(えんどろ~!)

このページを報告

斗夢蒼也

Lv   :9

ジョブ :ひよこ剣士

称号  :プレオープンビギナー

アバター:ファイ(えんどろ~!)

現在他サイトで活動していますが、もっと自分の小説を沢山の人に読んでもらいたいと思い、こちらのサイトに登録してみました。 拙い文章ですが、読んでいただけると嬉しいです。 好きなジャンルはファンタジー・ホラーです。 たまに恋愛も読みます。 よろしくお願いします(^^) ブックマーク、フォロー、スタンプ、コメントありがとうございます! 通知がくるたびにめっちゃ喜んでいます✨

作品

一覧

  • ゲームなの? リアルなの?

    ★1,060

    現代ファンタジー
    連載中 8話 / 2019年7月16日更新

    それはゲームなのか? リアルなのか? 僕たちは突然、RPGアプリゲームに強制参加させられた。しかもログアウトできない状態。 僕たちはこれからどうなってしまうのか? クソゲーか神ゲーか、 それは読んでるあなた次第…。 よろしくお願いします(^∇^)

  • いろんな呟きと、たまにイラスト描きます

    ★1,600

    ブログ
    連載中 3話 / 2019年7月14日更新

    はじめまして。 斗夢蒼也(とむそうや)と申します。 このブログでは創作に関することとか、日常であったどうでもいいこととか、イラストなどを書いていきたいと思います。 よろしくお願いします(*´ー`*) ポイント不要表示するの忘れてました💦 ポイント入れて下さった方ありがとうございます!

ブックマーク

一覧

  • まったり更新報告/たまに絵が入ります

    ★17,050

    ブログ
    連載中 28話 / 2019年7月16日更新

    hakeの活動報告……という程立派なものではなく、ただのつぶやきです('◇')ゞ 小説更新と一緒にUPしていきたいと思います。

  • 迫害されて生きて来た少女の軌跡

    ★16,900

    異世界ファンタジー
    連載中 50話 / 2019年7月16日更新

    物心ついた時からソフィアの世界は小さな集落の中の物置小屋だった。 村の人々から存在を否定され続けて十数年。 ある日、村の流行病の元凶という濡れ衣を着せられ、刃を向けられる。 無我夢中で逃亡し、“別の世界へと繋がっている”という謂れのある「奈落の滝」を落ちたソフィア。 次に彼女が目を覚ますと、そこは本当に異世界だった。 ――ソフィアの世界が色付き始める。 閉ざされた世界では触れたことも無いような人々の優しさ、色とりどりの景色、食べ物、 そして、初めて知る愛情。 これは、迫害されて生きてきた少女が数奇な運命により異世界へ渡り、ゆっくりと変化していく物語。 ------------------------------------------------------ ※「きざはし」とは「階段」の事です。 主人公のソフィアが螺旋階段を登る様なイメージでタイトルをつけました。 ※序盤はソフィアが外の世界を知る事がメインの為、恋愛要素は薄いです。 ただ、回を追うに従って間違いなく恋愛があります! 恋愛要素が苦手な方はご注意ください。 逆に、恋愛要素が好き! という方はお楽しみください(#^.^#)

  • 異世界に渡らない系ファンタジー

    ★39,660

    現代ファンタジー
    連載中 83話 / 2019年7月16日更新

    二〇二〇年九月、二回目の東京オリンピックが終わったまだ暑い夏の日のことだった。 突如、世界中に異世界との通行ができる魔法陣が出現したのだ。各国は自国内の対応に追われ、特に日本は渋谷のスクランブル交差点に出現した巨大魔法陣、これだけはどうやっても消すことができず、途方に暮れていた。そんな折、異世界から来た一人の『精霊』を名乗る女性が巨大魔法陣を『管理するために』現れる。かくして、ここに特例的に精霊をトップとする内閣府異世界通行管理局が設立された。 それから二年と約半年後。主人公上田稔は内閣府異世界通行管理局に異動となる——。 異世界渡航を管理する公務員、お仕事です! ※「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス」にも投稿中

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ★167,574

    異世界ファンタジー
    連載中 78話 / 2019年7月16日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

  • 執筆中心、時々読み読み

    ★6,560

    ブログ
    連載中 33話 / 2019年7月16日更新

    言い訳するわけではないが、私の文章は読みにくいらしい。ライトノベルに至っては背景描写という名前の「描写」がとことんないから。イメージしにくいんだと。万が一、何かの賞を取ってビジュアル化したとして、現場は苦労するだろうな。苦労させるために書いているんじゃないけど、アニメ化などは視野にない。オーディオドラマ(ラジオドラマ、音声ドラマ)化や舞台化を目指しているので、細かすぎる描写はいらないと考えている。舞台化は別だろうけれど。 そんな私は執筆専ですが、時々、読み専に大変身します。