プロフィール

ブックマーク

一覧

  • 幼馴染だった妹  ~お隣型幼馴染と疎遠型幼馴染と再会型幼馴染とのスクエアラブ~

    様々な幼馴染との愛のカタチ

    2,550

    0


    2021年6月18日更新

    「望君、もうご飯出来たよ。起きて」 柊望(ひいらぎのぞむ)が一人で暮らす部屋に一人の少女がやって来る。柊暘(ひいらぎあき)──妹だ。しかし血が繋がらない。長き日を共に過ごした、世間では幼馴染と呼ばれる義妹が、二人だけで同じ部屋に一緒に暮らし、望の学園人生を染め上げる。 中学以来ずっと会ってなかったもう一人の幼馴染である暘の姉、柊黎(ひいらぎれい)は再会してすぐに望に告げた。 「ねね、暘ちゃん、美人になったでしょ」 妹を薦める幼馴染。ただ、望が昔好きだった幼馴染は──── 義兄妹関係と幼馴染関係が織り交ぜる多角関係ラブコメ。 ※カクヨム様・小説家になろう様でも連載しております。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間8分

    この作品を読む

  • 姉妹チートNEXT

    優等生と劣等生の続編です。

    243,400

    0


    2021年6月17日更新

    「へ?」 3人は靴箱の中味を見た。 上履きの上にそっと置かれてある白い封筒。 驚いた。 これってひょっとして噂の……。 「ちょっと貸せ!」 妹の天音が手紙を奪い取る。 そして読み上げる。 「なになに……『突然の事で驚いたでしょう。あなたの事が好きです。友達からでもいいので付き合ってください放課後体育館裏で待ってます』……これってラブレターじゃねーか!」 天音が大声で言う。 僕は天音の口を手でふさぐけど時すでに遅し。 人だかりが出来てる。 僕達はとりあえずその場から立ち去る。 天音は何か言いたげだったがとりあえず自分の教室に向かった。 「でも空、これ差出人の名前無いよ?」 姉の翼がそう言って手紙を返してくれた。 姉といっても双子なんだけど。 翼の言う通り差出人の名前が無い。 誰のだろう? 同じクラスの子かな? クラスを見回す。知ってる子は石原さんと栗林さんくらいか……あとはあまり面識がない。 でも同級生とも限らないか。 しかし僕以下の年頃で「つきあって」は無いだろ? 結論。いたずらかな? ドッキリ的な。そう考えた方がしっくりする。 僕は客観的に見て「人並み」くらいの才能はあると思うけど翼や天音みたいなチートじみた才能は持ってない。 僕に惚れるなんてことがあるわけない。考えるだけ馬鹿馬鹿しい。 だが、この一枚の手紙が大事件に発展するとは思ってもみなかった。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:149時間32分

    この作品を読む

  • 幼馴染の初恋は月の女神の祝福の下に

    好きな人がいるならよそ見はダメだよ。

    11,300

    0


    2021年6月17日更新

    住吉愛翔(すみよしあいと)、華押桜(かおうさくら)、橘楓(たちばなかえで)は、家が近所で親同士も仲が良く、生まれた時から一緒に過ごした幼馴染3人組。愛翔と桜はスポーツに万能で小学生時代はクラスの中心人物だった。楓は楓で明るい性格のインドア派で絵を描くのが得意。そんな3人も中学生になりお互いを異性として意識し始める。そんなタイミングで愛翔が親の都合で海外へ。「待ってて」「待ってる」そんな言葉を交わした3人。高校生になり活発な可愛い少女に成長した桜、明るくおしとやかな美少女となった楓。そんなふたりは度々男子生徒から告白を受けるほどもてるようになっていた。いつメンの一人剣崎勇人(けんざきゆうと)から何度も誘われ楓から止められながら周囲からの圧力もありお試しで付き合ってしまう桜。そんな高校1年の9月に愛翔が帰国して…… カクヨムにて本編完結済です。基本同じ内容となります。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:12時間58分

    この作品を読む

  • 一歩の重さ

    本格将棋小説として執筆したいと思います。

    124,320

    495


    2021年6月17日更新

    最年少四段昇段を期待された長谷一輝は最年少四段昇段は果たせず16歳の秋に四段昇段を決めたものの、プロの壁は厚く、くすぶっていた。これはそんな彼がプロの頂点を目指していく物語である。 この作品は小説家になろうさん、エブリスタさんでも投稿しています。

    読了目安時間:3時間0分

    この作品を読む

  • 同級生を彼女にしたら、世界最古の諜報機関に勤務することになりました

    なろうで10kPV/d超えたサーガです。

    54,500

    10


    2021年6月17日更新

    犬並みの嗅覚を持つ俺は、高校で同級生になった彼女に一嗅ぎ惚れした。 それは、普通の高校生が決して踏み込んではならない世界への入り口だった。 歴史、世代、国境を超えて話は進みます。 こちらでも連載させていただきます。 なお、この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間41分

    この作品を読む