プロフィール

ブックマーク

一覧

  • ユキちゃんはうそつき。

    強面(27)×美人(17)な年の差BL。

    1,700

    0


    2021年10月19日更新

    帰ってきたユキちゃんは、ヤクザになっていた―。 御崎昴は、どこか浮世離れした雰囲気を持つ17歳である。 平穏に日々を過ごす昴のもとに、年上の幼馴染である泊里之彦が訪ねてきた。 ジェネレーションギャップに苦しみつつ、二人はのんびりと思い出に浸る。 一方その頃、町では奇妙な連続失踪事件が起きていた。 カクヨムにも掲載しています。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 【第二章完結】キイチ・ブラッドとストレンジャーな婚約者

    2周年&3位記念SS投稿しました!!

    136,200

    400


    2021年8月4日更新

    「君はかわらないな」 優秀だが傲慢でもある吸血鬼の青年キイチ・ブラッド(18)は7年ぶりに故郷アンヴァンへと戻ってきた。 喧嘩別れしたきりだった婚約者、人間の少女エリカ・ストレンジャー(17)と正式に婚約関係を結ぶためである。 この婚約には、両種族友好のアピールという目的があった。 アンヴァンでは節目を迎え、人間側でも吸血鬼側でもテロ活動が横行している。 友好のシンボルとなったキイチとエリカは何度もテロリストから狙われることになるのだった。 人のほかに吸血鬼の存在する世界。 吸血鬼は牙と身体能力で人間を襲い、人間は吸血鬼に対抗するため呪術を編み出した。 長く敵対してきた両者だが、双方の未来のため吸血鬼と人間との間に和平協定が結ばれ、両種族の恒久の友情を誓ってイル・アンヴァン学院が建立された。 敵対から共存へ歩みだして100年を経てなお、人間にも吸血鬼にも相手を滅ぼすべきという過激派が多く存在していた。 この小説はカクヨムにも掲載しております。

    読了目安時間:1時間38分

    この作品を読む

  • 悪役道化師はトマトがお好き

    元魔法少女と元敵の再会ラブ

    62,000

    100


    2021年5月22日更新

    6年前、13歳の朱都まといは魔法少女として地球侵略集団ガベィジ・サーカスと戦い、勝利を収めていた。そんなまといの心に深く残るのは、ガベィジ・サーカス大幹部・ジョーカーこと塩川流のことである。塩川は怪人組織の中で唯一の人間だった。まといとの戦いを経て改心した塩川は、異能を使う犯罪者たちを収容する刑務所へと連行されていく。 「戻ってきたら伝えたいことがある」 その一言を残して。 時は流れて現在。19歳になったまといは、時折届く塩川からの手紙を楽しみに、日々を明るく生きていた。 ある日、ふと塩川との思い出の公園に立ち寄ったまといは、服役を終えて戻ってきた塩川と再会する。喜ぶまといだったが、塩川には何やら「大切なパートナー」がいるらしい。自分との約束は忘れてしまったのだろうかと不安になりながらも塩川邸に向かうまとい達。道中、銀行強盗に遭遇する。そこで、塩川の大切なパートナー、坂月士と出会う。まといは坂月と共に塩川邸でお茶をすることになった。大切なパートナーとは恋人ではないと聞き、まといは安堵する。坂月は塩川の刑務所時代の友人で、命を懸けて同じ任務にあたったとのことだった。三人で話すうちに、いつの間にか夕方に。結局伝えたかったことは何か聞けなかったが、また今度聞けばいいとまといは塩川に送ってもらいながら思っていた。そんな時、男友達から話しかけられ、少し話す。まといはそれを見る塩川の瞳が悲しみに満ちていくことには気づかなかった。帰り道、塩川は思い出の公園に行こうと提案する。そこでまといは思い切って伝えたかったことは何かと聞くことにしたのだが……。 元敵×元魔法少女の再会ラブ! この小説は小説家になろう、カクヨム、魔法のiらんどにも掲載しております

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • ふたりのサンゴ

    いつかどこかのふたりのはなし。

    6,600

    0


    2020年12月15日更新

    ある小さな国の港町。怠け者のサンゴはいつも海を見ています。 そんな日常に、ふいに、とある少年が現れました。 自分と同じ、サンゴ、という名前の少年。 病気の少年の話す異国のお話に、どんどん夢中になるサンゴでしたが……。 この小説はカクヨムにも掲載しています。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む