プロフィール

ラブコメが大好き。 趣味で小説やイラストをかいています。

ブックマーク

一覧

  • 金貨百万枚で売られた<無魔力の忌み子>の少女は、<大魔女>の元で人生初の幸せを謳歌する様です

    あの方に買われ、私めの全てが変わりました

    79,091

    122


    2022年11月27日更新

    魔力や魔術、魔法といった超常現象が今や当たり前となったこの世界で私めは<忌み子>として人々から忌み嫌われておりました。 なにせ私めはそんな世界において決して数は多くない魔力を宿さぬ<無魔力>の異端児なのでございますから。 そんな私はとうとう生きていることすら許されず、次の競売で売れ残ることとなれば公開処刑にて斬首。 ……しかし、それで良いのかもしれません。私めはこの世界における癌の様な存在なのですから。 そして競売当日。何もかもを諦め、死をも受け入れた私めの前に『あのお方』が現れたのです。 「――丁度、妾の召使いを探しておった所じゃわい。ここは景気付けに最低価格の十倍……いいや、ドドンと千倍の金貨百万枚で、其方を買うとするかの!」 <大魔女>アメルダ様。 その方のその一言が私めの全てを変えるキッカケとなったのです。

    読了目安時間:11時間16分

    この作品を読む

  • マナの木を育てよう!

    人の姿に成れる植物と一緒に異世界生活!

    151,651

    1,330


    2022年11月27日更新

    目を覚ますと、俺の視界に現れたのは見た記憶の無い女の子。 「おはよう。」 思わず頭をポンポンと触ってしまったが、嫌がる様子もない。 女の子は部屋の隅にある観葉植物を指さしてマナの木だと言い、育てて欲しいから私の世界に来て欲しいとのこと。 実家から盗ん・・・持ってきた観葉植物が異世界のモノだとは流石に信じられないが、既に目の前の異変すら理解を超えている。 俺の家庭環境はとても悪く、一人暮らしをしてからも長く付き合っていた恋人にはフラれ、38歳になってしまった。 「後顧の憂いもないしな。」 今の生活に魅力は無く、今後の人生も薔薇色になる予定はない。異世界というのは俺がプレイしたビデオゲームのように魔法が存在するようだが、ちゃんと生活できるのか? 通貨は? 言語は? 衣食住は? 神さま・・・? 元の世界に戻れないの!? それでも俺は行くことにした。何しろゲームのような幻想世界にはそれなりに興味は有ったからだ。行けるのならそれはもう幻想ではない。 詳しく話を聞けば更に興味は湧く。 結婚する為に溜めていた貯金を全て引き出し、色々と準備を終えると、いよいよとなった。 「おおおお・・・。」 辿り着いた異世界は大小幾つもの戦いが続く、予想以上に生きていくのが大変な世界だった―――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:38時間11分

    この作品を読む

  • 軍の兵器だった最強の魔法機械少女、現在はSクラス探索者ですが迷宮内でひっそりカフェやってます

    少女✕機械✕魔導(+恋愛?)

    720,100

    897


    2022年11月26日更新

    世界の各所にある、魔晶石やモンスター素材などの資源を産出する迷宮。 人々は魔導と機械技術を駆使して迷宮を利用し、それにより世界は緩やかな発展を続けていた。 しかし富を産む迷宮は争いの火種となる。国境付近における迷宮の利権争いに端を発した戦争は、瞬く間に各国を巻き込んでいく。 街は戦火に包まれ、多くの犠牲を払い、数年に渡る戦争はやがて終結へと向かっていた。 その大戦末期、斜陽のヴォルイーニ帝国は存続を賭けて、一人の少女を兵器へと変えた。 禁忌の法による精霊との融合、および機械の手足を与えることで作り上げられた魔導能力と実戦能力の両方を兼ね備えた万能の兵士。 彼女の名はコード00、ノエル。しかし、彼女一人では戦況を変えることはできずヴォルイーニ帝国は滅亡し、彼女も歴史の中へ姿を消した。 それから5年。 巨大な迷宮が地中に伸びる、ブリュワード王国の都市・ルーヴェン。ノエルは相方のクレア・カーサロッソとともに今日も迷宮の中で過ごしていた。 軍服――ではなく、メイド服を着て。 迷宮内カフェのオーナー兼従業員兼迷宮探索者兼時々ギルド受付嬢兼死体回収人として、彼女は今日も迷宮の中で静かに来訪者を待ち、そして来た客に彼女は告げる。 無表情で。 「カフェ・ノーラへようこそ」 これは、幼くして兵器にされた少女が過ごす戦後の物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間42分

    この作品を読む

  • らぶゲーム!!

    テニス×青春ラブコメ

    163,577

    3,460


    2022年11月25日更新

    毎週水・金曜日(18時)更新! 【感謝!】 日間1位&年間12位獲得! ただテニスに明け暮れるだけの日々を送る高校1年生、木ノ下敦也(きのした あつや)が恋したのは、才色兼備で有名な高校2年生の姫野葵(ひめの あおい)だった! ある日、インターハイにてテニスのミックスダブルス部門が新設されるという報せを受けた敦也は、葵とペアを組み、インターハイに出場し告白することを決意する。 しかしその道は前途多難で────?! テニス×ラブコメの部活系ラブコメ! ※作中では「ミックスダブルス」部門というのが登場しますが実在するものではございません。また大会スケジュール等は、諸々の公式大会スケジュールに則って管理していますが、多少前後している場合がございます。予めご了承ください。 魚住真琴さんの作品紹介で紹介して頂きました! 『一万文字まで読ませてください』第381話 https://novelup.plus/story/438360836 『その作品、もう一度』第43話 ※文字数規定でURL貼れなかった。 ホシシンイチの弟子になりたかったトホホ男さんの作品紹介で紹介して頂きました! 『20,000文字まで小説を読ませてください。感想を書きます。』第154話 https://novelup.plus/story/755469329/387617811 110<イト>さんの作品紹介で紹介して頂きました! 『いとのべる』シーズン1 おまけエピソード<14> https://novelup.plus/story/720289949/153229124 なまさんの作品紹介で紹介して頂きました! 『紹介がしたいのですっ!』第9話 https://novelup.plus/story/925074656/644291603 今晩葉ミチルさんの作品紹介で紹介して頂きました! 『甘辛レビュー企画』第22話 https://novelup.plus/story/251535721/263327099 寿甘さんの作品紹介で紹介して頂きました! 『すあまが作品のいいところを紹介していくぞい!』第15話 https://novelup.plus/story/110379097/990217788

    読了目安時間:6時間8分

    この作品を読む

  • 霊能者のお仕事

    オカルトコメディです

    154,160

    3,682


    2022年11月25日更新

    霊能者の仕事は、何も除霊ばかりではない。 最近では死者の霊を呼び出して、生前にネット上で使っていたパスワードを聞き出すなどの地味な仕事が多い。 そういう仕事は、霊能者協会を通じて登録霊能者のところへ割り振られている。 高校生霊能者の社(やしろ) 優樹(まさき)のところに今回来た仕事は、植物状態になっている爺さんの生霊を呼び出して、証券会社のログインパスワードを聞き出す事だった。 簡単な仕事のように思えたが、爺さんはなかなかパスワードを教えてくれない。どうやら、前日に別の霊能者が来て、爺さんを怒らせるようなことをしてしまったらしい。 優樹は、爺さんをなんとか宥めてようとするのだが…… この作品はアルファポリス様でも公開しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間52分

    この作品を読む

  • (著者近影) 近未来、物体の原子レベルまでの三次元構造を読みとるスキャナーが開発された。 とある企業で、そのスキャナーを使って人間の三次元データを集めるプロジェクトがスタートする。 主人公、北村海斗は、高額の報酬につられてデータを取るモニターに応募した。 スキャナーの中に入れられた海斗は、いつの間にか眠ってしまう。 そして、目が覚めた時、彼は見知らぬ世界にいたのだ。 いったい、寝ている間に何が起きたのか? 彼の前に現れたメイド姿のアンドロイド(P0371……通称Pちゃん)から、驚愕の事実を聞かされる。ここは、二百年後の太陽系外の地球類似惑星。そして、海斗は海斗であって海斗ではない。二百年前にスキャナーで読み取られた海斗のデータを元に、三次元プリンターで作られたコピー人間だったのだ。 自分がなぜ遙か未来の異惑星で再生されなければならなかったのかを知るために、海斗はPちゃんを連れて旅に出る。途中、猫耳魔法少女のミールが旅の仲間に加わり、惑星を侵略する帝国軍と戦いながら、海斗たちは自分を再生させた者がいると思われる町、リトル東京を目指すのだった。 この小説はアルファポリスで2017年1月から連載を始めました。 現在小説家になろうとカクヨムでも公開しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:38時間2分

    この作品を読む