プロフィール

洋画・洋書趣味。なんだかんだでファンタジーが好き。アメコミも好き。そしてなにより、探偵に惹かれるのです……。 不定期更新です。ノベルアップ+ではまだまだ初心者なので、もしコメント機能などで失礼があったら申し訳ありません(最近、フォローを覚えました)。レベル上げも頑張りたい。 執筆のために、色々勉強中。不安症で、改稿魔で、まだまだ知識が足りない部分もたくさんあると思いますが、温かな目で見守ってください(*^^*) 映画字幕のような台詞が書きたいです。

ブックマーク

一覧

  • アンタとはもう戦闘ってられんわ!

    熱血!爆笑⁉ロボットものです

    63,000

    434


    2021年5月13日更新

    時は21世紀末……地球圏は未曾有の危機に瀕していた。人類は官民を問わず、ロボットの開発・研究に勤しみ、なんとかこの窮地を脱しようとしていた。 そんな中、九州の中小企業である二辺工業の敷地内に謎の脱出ポッドが不時着した……。 爆笑必至の新感覚ロボットバトルアクション、ここに開戦! ※ちなみに『戦闘って』と書いて『やって』と読みます。お願いします。 2021年4月22日、日間ランキング、総合・ジャンル別ともに1位! 皆様のおかげです! ありがとうございます!

    読了目安時間:4時間6分

    この作品を読む

  • 風の国のお伽話

    魔法もスキルも無い世界の真面目っ子奮闘記

    242,300

    5,220


    2021年5月12日更新

    むかしむかし、あるところにあったヴィンティア王国という名の風の国の、小さな山村で起きるありきたりかもしれない小さな事件。 だが当人たちにとっては生死にも関わる重大なその事件の前後で、王族の連枝の末の王子ユーキと村長の養子ケンが試練に立ち向かう物語。 他領からの養子である自分を優しく受け入れてくれた村を愛して止まないケン。 幼い日に出会った少女の思い出を胸に、国民の幸せを信条として励むユーキ。 魔法は無い。ジョブもスキルもアビリティも無い。そんな世界にもヒーローが必要になる時はある。 それぞれに困難に向き合う二人と、二人を支える周囲の人々を描いていきます。 魔物はほんの少し出て来ますが、人間がその領分を侵さない限りは手を出して来ません。 魔法っぽいものは魔物にしか使えませんので、人間の戦いは剣や弓矢などの武器だけで行われる世界です。 闘争や人が死ぬ描写がありますのでご注意ください。 恋愛部分は甘っチョロいです。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 「小説家になろう」に先行連載しているものに若干の加筆修正をしています。 表紙絵は雪丸ぬん先生作。使用許諾を得ております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間53分

    この作品を読む

  • ひとくちセリフ劇場

    「セリフだけ?」「しかも140字」

    1,041,655

    1,227


    2021年5月12日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

    読了目安時間:2時間42分

    この作品を読む

  • 心霊刑事 楓

    怪奇事件に刑事高見澤とバイトの楓が挑む

    673,250

    67,053


    2021年5月12日更新

    世の中には犯人が人間ではない怪奇事件が増えていた。怪奇事件専門の刑事高見澤は、電子義眼でサングラスをかけている盲目の少女楓を最低賃金で助手のバイトに雇った。楓は持ち前の霊感力で、人外、半妖、悪霊などが引き起こす事件の捜査の大きな助けとなる。次々と難しい事件を解決したニ人は怪奇事件捜査の最強コンビになった。高見澤は楓をプロの刑事に育てようとする。しかし、楓には誰にも知られていない秘密があった。

    読了目安時間:10時間57分

    この作品を読む

  • 一秒でファンタジーをぶっ壊す誤変換

    世界観崩壊、一秒前。

    886,985

    1,492


    2021年5月12日更新

    一秒でファンタジーの世界観は崩壊した――誤変換によって。 物語を数百万字も書けば誤変換だらけです。溜まった分を紹介していきます。

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む