プロフィール

こんにちは。結城蜜柑と申します。 小学生の頃からかれこれ30年くらい文章を書いています。書いているものは詩と小説です。 小説は強い女性が可愛い男性をリードする恋愛ものと女同士の友情ものを書きます。 どなたかの心に響く言葉と物語をつづれればたいへんにうれしいです。

ブックマーク

一覧

  • ナルシストDKと死に損ないOL

    少女漫画のような綱渡り年の差ラブコメ!

    25,050

    10


    2021年3月7日更新

    日曜更新!(たまに水曜) OLの高瀬麻美(たかせ まみ)は、四年間付き合っていた彼氏と別れたショックから自殺しようとしていたところを、DKの落合翔(おちあい しょう)に救われる。 すると「お姉さん、最期に俺と恋愛しない?」と突然DKに告白され?! 少々ナルシストな男子高校生と死に損ねたOLが織り成す、綱渡りラブコメ! 常時ファンアート募集中!(ファンアートページを作りたい!) 安藤門々さんの作品紹介にて紹介して頂きました! 『安東の読んだよ‼ リスト』その④ https://novelup.plus/story/397066346/803710014

    読了目安時間:1時間5分

    この作品を読む

  • 君を死なせないための一千字

    俺のキャラが小説通り自殺しようとしている

    3,700

    0


    2021年1月9日更新

    ウェブ作家牧伸太郎は現代ドラマを書いたウェブ小説の中で主人公黒崎啓一を自殺させた。その小説の完結後、牧伸太郎の家を一人の人物が訪ねる。それは小説のキャラクターであるはずの黒崎啓一であった。すぐに親しくなる牧と黒崎。しかし、牧は黒崎が小説通りの行動をしていることに気が付く。このままでは彼が自殺する。牧は慌てて小説を書き直そうとするのだが――?

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • その母、メンタルレベルMaxにて。

    ただ強いだけではない母親の生き様

    155,900

    195


    2021年1月2日更新

    一般家庭で育ってきた彼女。 それなのになぜか彼女は一般人というものに締めくくれない。 それほどまでに異様に強い。腕っぷしも心も。 何故彼女はこれほどまでに強いのか。 人生経路は恐ろしく普通なのにどうしてこうなったのか。 そんな彼女が育児や主婦業に専念する物語。 苦労してるのに彼女だと苦労してるようには見えない。 (凛一家は京都人なのでほとんどが関西弁です) ※短編集のような形で進んでいくストーリーです。 スカッと系に近いヒューマンドラマコメディです。 興味を持たれた方は是非、お楽しみくださいませ。 ※性的表現あり、というのは物語が進んでいくにつれて夫婦のイチャコラがもしかしたら引っかかる人がいるかも?というのを危惧してマークをつけました。露骨なセクハラはありますが露骨な性描写はありません←

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間37分

    この作品を読む

  • 黄金の魔族姫

    婚約破棄された元聖女、治癒魔法を極める。

    24,400

    260


    2020年11月22日更新

    「エレナ・フィンスターニス! お前との婚約を今ここで破棄する! そして今から僕の婚約者はこの現聖女のレイナ・リュミエミルだ!」 「エレナ様、婚約者と神の寵愛をもらっちゃってごめんね? 譲ってくれて本当にありがとう!」 とある出来事をきっかけに聖女の恩恵を受けれなくなったエレナは「罪人の元聖女」として婚約者の王太子にも婚約破棄され、断頭台で処刑された──はずだった! ──え!? どうして天敵の魔王が私を助けてくれるの!? しかも娘になれだって!? これは、婚約破棄された元聖女が人外魔王(※実はとっても優しい)の娘になって、チートな治癒魔法を極めたり、地味で落ちこぼれと馬鹿にされていたはずの王太子(※実は超絶美形)と恋に落ちたりして、周りに愛されながら幸せになっていくお話です。 ──え? 婚約破棄を取り消したい? もう一度やり直そう? もう想い人がいるので無理です! ※表紙は自作ではありません。 ※pixiv、エブリスタ、カクヨム、小説家になろう、魔法のiらんど、アルファポリス、ノベルアップ+にて連載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間35分

    この作品を読む

  • 永遠のメロディ

    いつまでも鳴り響く音

    27,000

    660


    2020年9月17日更新

    夢って何? 人生って何? 私は幼き頃からそんな疑問を抱えて生きてきた。 様々な出会いを経て少しずつ大人になってゆく私。 それでもまだ、人生への深き問い掛けは続いていた。 そんな中、私は一匹の子犬と出会った。 広く深い心を持って生きて欲しいと願い「海」と名付けた。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む