プロフィール

十二単風ノベラ

あい

Lv   :14

作品数 :4

ジョブ :女神官

称号  :第1回歴史・時代小説大賞応募者

アバター:十二単風ノベラ

レビュアーポイント:15pt

時代小説と時代劇が好きです。 特に、江戸時代が大好きです! カボチャ祭りが終わったので十二単に戻ります☆

作品(4件)

一覧

  • 江戸は、何度だって立ち上がるさ――

    ♡33,500

    〇804

    歴史/時代・連載中・20話 あい

    2019年12月3日更新

    文政十二年 三月二十一日。強い北西風が吹き荒れる江戸を、魔火が襲う。 大地震で家を失い親を失い、越後から身一つで江戸へ出てきた澪に降りかかった、再びの悲劇。 江戸は、そして澪は、立ち上がれるのか―― 文政の大火のお話です。 江戸三大大火には入っていませんが、三大大火の一つ、文化の大火よりも死者数は多かったとされる、非常に大きな火災でした。 「届け、言葉の力PJ」に参加しています。 水害と火災と、全然違っても、人が苦しむ災害の話なんてもう見たくないよという方もいらっしゃいますよね。本当にすみません。 でも、度重なる大火から何度も立ち上がってきた、江戸の人々の強さが少しでも伝わればと願って―― 参考文献 『春の紅葉』 川崎重恭《かわさきしげやす》 (江戸叢書 巻の八) 被害の状況から、お上の施策や法令の数々。巷の風説、戯れ歌、落首の類まで、非常に詳細に記された、当時の記録です。 一面の炎を紅葉と形容しているのですね。昔の書物とも思えない印象的なタイトルを、そのままお借りしています。

  • もう、あれから十年経ったのよ――

    ♡11,600

    〇2

    ホラー・完結済・4話 あい

    2019年10月16日更新

    忘れない。忘れられない。 あたしたちの恨みはね、時とともに薄らいだりはしないの。 永く、永く続くのよ―― ※某所に投稿したもの、そのまんま。 ※かぼのべらさんが欲しいばっかりに、ホラーで投稿w あんまり怖く無いですけどね……

  • 雨続きの江戸に現れた、雨降小僧の正体は?

    ♡17,500

    〇100

    歴史/時代・完結済・6話 あい

    2019年10月15日更新

    梅雨時とて、連日雨の降り続く江戸で、とりたてて何をするというわけでもないのだが、人々の心胆を寒からしめる、妖怪雨降小僧の噂。 剣術道場の食客、岡部作之助は、道場主の息子にけしかけられて、気は進まぬながらも、妖怪退治に付き合うことになる。 そして、ついに遭遇した、雨降小僧の正体とは…… ※こんな題と表紙ですが、ホラーではありません…… ※某所に投稿した物、ほとんどそのままです(少し修正しています) ※予約公開機能を試します。全六話。毎朝六時に公開。

  • 血の色に咲く桜花の下で――

    ♡29,500

    〇111

    歴史/時代・完結済・18話 あい

    2019年10月7日更新

    血の色に咲くこの桜を、土地の者は、呪いの花だと言う。 咲き誇る緋桜のもと、一人の男が斬られて命を落とし、一人が姿を消した。 道場の跡目争いか、美しい娘に寄せる儚い慕情か、はたまた桜の呪いか―― 姿を消した弥之介の剣友で、見習い同心の庄太郎は、納得がいかず、密かに事件を調べ始めるのだが…… ※後半大幅に加筆した結果、某所に投稿した物よりも、文字数1.5倍以上になりました。 大事なとこ、どんだけすっ飛ばしてたのよという感じです; これで内容も、そのくらい良くなっていると、いいなぁ……

ブックマーク

一覧