プロフィール

人外・妖怪等が好きなので基本的に和風ファンタジーを書いています。 元々漫画描きなので、その内挿絵も入れていけたらいいなと思っています。 小説を書き始めてまだ2年程度なので、まだまだ未熟な所が多く今はそっちでいっぱいいっぱいです。 Twitterやってます⇒@hisayoshihajime よかったらお気軽に絡んで下さいね!

ブックマーク

一覧

  • 鐵鞭の女王蜂

    世代をつなぐファンタジー超長編🦍

    68,822

    581


    2022年10月1日更新

    【2022/9/18 准男爵の旅 完結しました】 世代を繋ぐファンタジー超長編小説「鐵鞭の女王蜂(てっぺん の じょおうばち)」 ゆっくり、じっくりと読んでいただける、オトナの方に。 ◇ 【最序盤:生まれ落ちる英雄の子】 女神の「異世界間魂情報移行(マイグレーション)」を施された、英雄クレイグ、ハーフエルフの諸人ディアンネの間に産まれた子、リーアン。 リーアンはマイグレーション時のバグにより、産まれる前の段階で、人としての個性を失う。その長期間に渡るバグフィックスに伴う損失を補うため、女神は神託を与え、生まれながらにして、人としての知恵と意思疎通手段を得るに至る。 「女神の寵を受けし子」として、祖父・祖母の庇護を得て、親から見守られ、自ら学び、自由に羽ばたくのは、一体何時か。 【改稿情報】2022/7/26 現在、24話まで【全話のあらすじ】追加、23話まで文面の改稿が行われています。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間23分

    この作品を読む

  • トゥーリとヌーッティ<短編集>

    トントゥの女の子と小熊の妖精の物語

    248,403

    235


    2022年10月1日更新

    トントゥの女の子トゥーリと小熊の妖精ヌーッティの日常を描いた短編集(第1巻)です。 北欧フィンランドを舞台に繰り広げられる二人の活躍(?)をお楽しみください。 お好きな章からお読みいただけます。 おすすめの話は「ヌーッティ危機一髪」です。 *フィンランド語はフィンランド語を母語とする友人に添削してもらっています。

    読了目安時間:7時間25分

    この作品を読む

  • あやかし温泉街、秋国

    ちょっとズレた日常を、あなたにも。

    769,915

    22,764


    2022年9月30日更新

    物心が付く前に両親を亡くした『秋風 花梨』は、過度な食べ歩きにより全財産が底を尽き、途方に暮れていた。 そんな中、とある小柄な老人と出会い、温泉旅館で働かないかと勧められる。 怪しく思うも、温泉旅館のご飯がタダで食べられると知るや否や、花梨は快諾をしてしまう。 そして、その小柄な老人に着いて行くと――― 着いた先は、妖怪しかいない永遠の秋に囲まれた温泉街であった。 そこで花梨は仕事の手伝いをしつつ、人間味のある妖怪達と仲良く過ごしていく。 ほんの少しずれた日常を、あなたにも。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:38時間55分

    この作品を読む

  • ヨミガラスとフカクジラ

    全てを失った英雄を廻る、奇妙な運命。

    401,005

    618


    2022年9月30日更新

    飛行船により、浮遊大陸から人々が空へ駆け出して二世紀以上。 空中都市連邦“バラクシア”の首都と呼ばれる、工業都市“レガリス”はバラクシア国内で勃発した奴隷制度を巡る浄化戦争を乗り越え、奴隷制度を存続させる事に成功していた。 黒羽の団と呼ばれる抵抗軍の撲滅と奴隷制度の推進を掲げ、レガリスの帝王と帝国軍による帝国は益々隆盛を極めていく。 そんな中、“レガリス”において全てを失った男が居た。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間58分

    この作品を読む

  • 鬼も喰わない騒動絵巻

    長身美形の源頼光と合法ショタの四天王の話

    114,100

    111


    2022年9月30日更新

    時は平安。都を守る結界がある者によって破られ、都の人々は鬼による被害を受ける。 そこに立ち上がったのは武勇に名を馳せる源頼光と、瞳に力を宿す渡辺綱ら四天王だった。しかし、四天王の見た目は皆年端もゆかぬ少年達だ。頼り無さそうなせいで、依頼人からがっかりされる事も。 だが彼らは体は小さくとも彼らは本気を出すと人が変わったり、人並み外れた頑丈さを持っていたりと侮れない。 彼らを待ち受けるのは、迫り来る恐ろしき鬼か、それとも主君に定められた過酷な戦いへの道か。 主従の絆を描く平安ファンタジー。 「オレにできる事があれば、何でも命じてください」 自己評価はB級小説レベル90です。 ※この作品は伝説を元にしたフィクションです。 この作品はエブリスタ、小説家になろうにも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間50分

    この作品を読む

  • デモンズ・オブ・バレット

    久々に書きました。

    37,000

    81


    2022年9月30日更新

    神代暦1500年、魔界と天界にて神々と魔族による戦争が繰り広げられていた。神々は異種である魔族の存在を拒む故に殺戮を繰り返し、理不尽な殺戮に多くの同胞を失った魔族は怨恨を抱き、神々に叛旗を翻す。 そんな悲惨な闘争を終結させたのが、1000年後に建国される魔都で神魔王と英雄視される魔神の少女だった。 魔都インドゥラム。 神魔王が統治するその国には、インドゥラム魔王兵団という組織が魔界の治安を守るために活動しており、その兵団の中で「五大魔将」と称される五人の精鋭兵士の一人、青年・カイト・ヴァンフォードは、神魔王の配下としてとある理由から魔界を守るために兵士として在り続けている。 戦争なき世界であれば神々もいない。 天地の境目に張った魔神の結界によって、これからも平和が続く──と、カイトは思っていた。 この平和が、一時のものであるとも知らずに……

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間12分

    この作品を読む