プロフィール

https://twitter.com/BallshopTamaya 頭悪い80~90年代のハリウッドアクション映画に毒された人。

ブックマーク

一覧

  • 贄の王座と侍るもの

    尽くす。世界と戦うとしても。

    451,400

    16,450


    2022年6月30日更新

    【贄の王の呪い】。太陽は陰り、大地は腐り、人々は病魔に侵される。火は絶え、水は淀み、風は病み、土は膿み、雷は欠ける。 呪いを祓う術はただ一つ。贄を捧げることのみ。 とある人の都にて、一人の姫が贄となり、一人の少女が命を絶った。 人の踏み入らぬ魔の大地にて、死んだ筈の少女が目を覚ます。そのとき少女の目の前にいたのは、大地を呪う悪魔【贄の王】だった。 世界の敵たる悪魔に対し、少女が忠誠を誓うとき。孤独な二人が誓いによって結ばれるとき。 遥かなる太古より続く世界の仕組み、その壮大で下らない悲劇が揺るがされる。 ※挿絵は「七草マキコ」様に依頼させて頂いたものです。 ※「小説家になろう」様で投稿している物のリメイク作品です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間57分

    この作品を読む

  • 異聞録:東京異譚

    台本調の現代伝奇。葛藤と成長。読み易いよ

    48,400

    200


    2022年6月30日更新

    ―陰陽思想― とは、何か? "陰"と"陽" 光と影、昼と夜、男と女― 受動と能動、その二つに分けられ、相反するその二つは一方だけでは存在し得ない― 森羅万象その全ては、その二つが調和することで秩序が保たれる― だが… そのバランスは、ひどく繊細である それを崩すモノは、何処にでも居る そして、それを正すモノも… 陰陽織り成す東京を舞台に、一人の男とその仲間達が夜を駆ける 和製ファンタジー、伝奇作品「異聞録:東京異譚」の世界へようこそ。 東京で起きる怪異に、一人の男とその仲間達が夜を駆け、 銃や刀や拳やら肉体言語で語っちゃう、現代伝奇アクション。 となっております。 ※本作はフィクションです。 ※本文中での宗教、思想解釈はあくまで個人の見解です。 ※なので、この世界ではこの解釈になっております。 ※後に変わる事もあります。 ※本作は台本調のシナリオ文体です。作者が台本を打っているからですね。ご了承ください。 ※本作はゲームシナリオを意識した構成となっています。 -以上となります。 準備は良いでしょうか? それでは… ようこそ、異聞録:東京異譚 へ― Welcome to the strange story : Tokyo Anomaly

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:10時間35分

    この作品を読む

  • 残響の天使(挿絵多数)

    剣を捨てた剣士と翼を失った天使が紡ぐ物語

    92,100

    824


    2022年6月29日更新

    天使と魔族が争った魔力戦争。 天使と人間が争った天地戦争。 二つの大戦を経たこの世界は、人間の時代を迎えている。 天地戦争終結から100年後。かつて「世界最強の剣士」と謳われたツバサは、魔力を持たぬ人間という種族には決してそぐわない、超常的な身体能力を有していた。とある理由で剣を手放し、今はどこまで続くか分からない不老の人生を世捨て人のように過ごしている。 ある日、旧知の仲間がツバサの元に訪ねてきた。その用件は、新たなる戦いを予兆するもので――――。 これは、天使が空翔ける神話の終焉録。 最後の主役は、翼を失った大天使と、剣を握れなくなった人間の剣士。 神話の終わりに。 この空の果てで、何を残しますか。 【キャラクターイラスト】 いべりこ様 https://www.pixiv.net/users/10344748 【兵器・甲冑イラスト】 陸一じゅん様 https://twitter.com/Daikiti_June ★マークは挿絵有り。不定期で挿絵が追加されていきます。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:13時間26分

    この作品を読む

  • ひとくちセリフ劇場

    「セリフだけ?」「しかも140字」

    2,057,852

    12,513


    2022年6月29日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

    読了目安時間:4時間21分

    この作品を読む

  • 境界線上の魔王

    剣と魔法のやや不穏なファンタジーです

    4,838,247

    227,286


    2022年6月29日更新

    ヒトとヒトならざるモノが息づく大陸、アルティア。 ある日、この大陸を東西に横切る大河が、天を貫く魔法の壁に姿を変えた。 近づくものの魔力を命ごと飲み込んで佇むその壁は、のちに『境界線』と呼称され、長きにわたって異種間の交流を断絶した。 境界線を恐れたヒトは、許可のない渡航を厳罰化し、この魔力に抵抗しうる才のある者に『聖騎士』の称号を与えた。 ……時は流れ、現代。 行方知らずとなっていた先代聖騎士の捜索のため、聖騎士クリスティアが三度目の渡航を終えた、その日の黄昏時。 凱旋式の喧噪のさなか、彼女はひとりの剣士と対峙することとなる。 ※ダークファンタジーですが、一部を除き人物が直接的に死ぬ描写はありません。 ※表紙絵は雪丸ぬん様制作。無断使用および転載はおやめください。 ※小説家になろう様にて、同様の内容で掲載させていただいております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間41分

    この作品を読む