プロフィール

たのしく書いてます 拙い文ですがよかったらよんでやってくださいヽ(。・ω・。)ノ twitter→@ruri_tubaki

ブックマーク

一覧

  • 顔が見えない僕と、見えるあの娘の物語。

    ♡77,500

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・20話 華音(かのん)

    2020年7月11日更新

    相貌失認。 女性の顔を上手く識別できない先天性の病を抱えていた少年、早坂翔(はやさかしょう)。 夏休みが終わった後の八月。彼の通っている小学校に転校してきたのは、類稀な美貌を持つ転校生、水瀬茉莉(みなせまつり)。 しかし彼女には、幾つか不可解な点があった。 誰とも目を合わせず、会話をしようとしないこと。 誰に対しても、心を開かないこと。 女性の顔が見えないはずの彼なのに、何故か水瀬の顔だけは見えること。 顔が見える、ということを後ろ盾にして親密になりかけた二人だったが、結局は疎遠となり卒業の日を迎えてしまう。 それから二年。 クラスアート実行委員として再び一緒になった二人は、夜に芳香を強めるという匂蕃茉莉(においばんまつり)の花が咲き乱れる丘を、題材に選定して作業にはいる。 ところが、クラスアートの完成も間近となったある日、水瀬茉莉は不登校になってしまう。 姿をくらました水瀬を捜し求める中、遂に彼は、”どうして水瀬の顔だけ見えるのか?”という真実に触れることになった。 ※表紙画像は、ゆゆ様のフリーアイコンを使わせて頂きました。

  • 日常を求める少年少女のオカルトアクション

    ♡102,900

    〇750

    現代/その他ファンタジー・連載中・129話 凛灯

    2020年7月11日更新

    ――見えない悪夢に囚われてはならない。どうか、強い心を持って…… 人には見えない特殊な幽霊が見える主人公・結月。自身が創設したオカルトサークルで、霊障の解明や特殊な幽霊――通称:ガイストの存在証明を目的に活動する中、近頃ガイストの動きが活発になり始める。守りたいものを守るため、結月は襲い掛かる怪異に立ち向かっていく。 様々な怪奇現象に挑む、大人になり切れない少年少女たちのオカルトアクション。 これは、思いと過去に向き合う物語である。 彼らが日常を手にするまでの長い悪夢を、あなたも一緒に見てみませんか――? ★★★ 現代日本の架空都市を舞台としたオカルトアクションです。ファンタジー要素は少なめで、ちょっとした武器や特殊能力が出てくるくらいです。微グロ・流血シーンなどございますので、苦手な方はお気をつけください。 ゲームシナリオに近い形で書いていますので、そういったものがお好きな方はすらすら読めるかも……? エブリスタ様にも投稿しています。改稿した分を少しずつ反映しているので、読みにくい部分がまだあるかもしれません。 イラストは自作です。 本編は大学生編(Nightmare)、高校生編(Daydream)、閑話(Dreamless)に分かれています。キャラたちがそれぞれの抱える過去と向き合いながら、日常を取り戻すために戦う姿を見ていただければと思います…!

  • 映画紹介企画

    ♡60,200

    〇10

    エッセイ/評論/コラム・連載中・188話 椎名 富比路

    2020年7月11日更新

    創作の役に立つ映画を紹介。 ただし、エッセイは曲解が多いので、役に立たない。 カクヨムでも同様の連載あり。 当時のまま掲載するつもりなので、文章に乱れはあるかも。

  • どうか、この夢を壊してほしい

    ♡167,000

    〇590

    ミステリー・連載中・35話 木村竜史

    2020年7月11日更新

    某県内にある、私立陣内大学。 そこに通う大学4年生『畑中賢治』が所属するのは、とある事情で変人揃いのレッテルを貼られたオカルト研究会。 そこで変人代表である部長の三倉邑兎が語った、夢のお告げを信じた者たちが引き起こしたと言われる『お告げ事件』と呼ばれる不思議な事件の数々を知り、新入部員の藍原未央も交えて調査を進めることになる。 調べていくうちに明らかになる「夢」の世界へ誘う『鍵』の存在。 その存在により穏やかであった日常は急速に音を立てて崩れていく。 崩れ落ちた日常は愛情を、友情を―――世界を壊していく。 壊れてしまった世界の中で人々は壊れた愛を求め、裏切り、夢の世界を彷徨っていく。 壊れた愛で、何を求めるのか。 友を裏切ることで、何を掴むのか。 現を侵す夢の世界で、何を見つけるのか。 誰が『鍵』を開いているのか。誰が『鍵』を配っているのか。そもそも『鍵』とは一体何なのか。 総てが解った瞬間、世界は裏返る。 『神様はこんなにも平等に―――誰にも興味が無い。』

  • 「救う」より傲慢な言葉を、他に知らない。

    ♡31,900

    〇0

    文芸/純文学・連載中・24話 椎人

    2020年7月11日更新

    大学三年生の僕は、目の前で人が死のうとしているのを目撃し、それを阻止した。 心を固く閉ざし、僕に冷たく当たる彼女。 己の行いは正しかったのか、葛藤する僕。 「また明日」と言って僕らは別れたけれど、その明日に、あなたはいますか。 ※同内容をなろう、カクヨムにも投稿しています。