プロフィール

気ままに気が向いた時に読み、気が向いた時に書いております。

ブックマーク

一覧

  • 命断つ剣に約束の花束を

    医師と貴族そして処刑人の"命"の物語

    73,650

    20


    2021年7月17日更新

    神歴1749年、神聖ルーレンス王国で彼ら彼女らは出会う。 処刑人の家系に生まれ、やがて望まない才能を開花させる少年・エドワード。 医師の家系に生まれ、全ての人を助けたいと願う少年・シャルル。 貴族の家系に生まれ、やがて王国最後の王妃となる少女・エヴァ。 時代の変革期に出会った三人は、それぞれの使命と運命に翻弄され、どこに行きつくのか。 命を奪う者、命を救う者、命を育む者の物語。 18世紀のフランスをモデルにした、架空伝記。 ――開幕。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間45分

    この作品を読む

  • 妖しい、僕のまち

    妖怪百体登場させて百鬼夜行を目論んでます

    155,350

    4,455


    2021年7月17日更新

    ▲タイトル画像提供:hake 様(TwitterID:@hake_choco) 僕は十乃 巡(とおの めぐる)。 降神町(おりがみちょう)役場に勤める公務員だ。 ここ降神町は、普通の町とは違う、ちょっと不思議なところがある。 猫又、朧車、野鉄砲、鬼女…日本古来の妖怪が、人間と同じ姿で市民として普通に暮らす、普通じゃない町。 このお話は、そんなちょっと不思議な降神町で起こる、僕と妖怪たちの物語。 数多くの日本妖怪たちが登場します。中には割とマイナーな妖怪も!? 妖怪バカの作者が、妖怪を愛するすべての人たちにお送りする、涙あり、笑いありの「現代版ドタバタ百鬼夜行」 さあ、あなたも降神町の住人たちに会ってみませんか!? 【注意】 ⚫当作品には、スピンオフ作品として『【短編集】人妖抄録 ~「妖しい、僕のまち」異聞~』が存在し、そちらの登場人物が顔を見せることがあります ↓と併せてお読みいただければ、より深く降神町の物語をお楽しみいただけます ■人妖抄録 ~「妖しい、僕のまち」異聞~ https://novelup.plus/story/502451944

    読了目安時間:29時間46分

    この作品を読む

  • 研究棟の真夜中ごはん

    コミックス第1巻 2月1日発売決定!

    1,495,640

    29,904


    2021年6月26日更新

    第一回ノベルアップ+大賞 最終選考作品→【コミカライズ決定】!!! 生活サイクルが夜型の大学院生、塔山うららは、ある真夜中の研究棟、刃物を持った女性と出くわします。 不審者と思われたその女性は、うららと同じく夜型生活の大学院生、鳥見川 氷彗でした。 彼女は研究棟の休憩室で、料理を作っていたのです。 流れで一緒にごはんを食べることになった2人は、それから少しずつ料理を通して仲良くなっていきます。 さて、今日の夜食は何でしょう? 以下のサイトでも連載しています。 カクヨム、小説家になろう

    読了目安時間:7時間12分

    この作品を読む

  • 【完結】塔の医学録 ~悪魔に仕えたメイドの記~

    暗黒の中世ヨーロッパ×医療×サスペンス!

    369,600

    785


    2021年4月2日更新

    【完結】 北の塔に棲んでいるのは悪魔なのだという…… ある帝国の北方にて。 異邦の血を引く少女は、領主の城でメイドとして働いていた。 しかしある日、彼女はいつもと違う仕事で『北の塔』へ行くことを命じられる。 そこで出会った『悪魔』の気紛れで、以降彼の側仕えをすることとなった。 『悪魔』の名はヨハン=アルブレヒト、その残虐さを咎められ、城主イェーガー方伯によって幽閉された次男であった。 彼は少女に魔女『ヘカテー』の名を与え、自分が『悪魔』と呼ばれる真の意味を教える。 世の革新を願う『悪魔』ヨハンと、彼に感化され手助けを始めるヘカテー。 二人の前に立ち塞がるものは…… 12世紀ルネッサンス期の神聖ローマ帝国パラレルワールドを舞台に、医学と陰謀が交錯するゴシック・サスペンス! 耽美にして時に残酷な、知の迷宮へようこそ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23時間38分

    この作品を読む

  • 夢の飛行船。

    夢を諦めてしまったすべての人に……。

    2,100

    100


    2020年9月30日更新

    叶えられなかった夢は、きっと人それぞれ。でも、夢を見ること自体は、いつどんな時でもきっととても美しい。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む