プロフィール

ツイッターURL http://twitter.com/singenti ●ノベルアップ+百合作家 好きなCP:後輩×先輩、社会人同士 好きなシチュエーション:年下攻め、ケモ百合、TS百合 代表作『猫耳幼女育児日記』 一言:学園もの王道から超越者向けなどの尖ったものまで取り揃えています ①猫耳幼女育児日記 ②光速で終わる百合童話シリーズ ③【百合掌編】貝合せ 百合作品一覧:https://ncode.syosetu.com/s6295f/

ブックマーク

一覧

  • 百合とロボと宇宙船への需要に対応したいと

    ♡11,800

    〇0

    SF・連載中・119話・982,688字 赤川

    2020年10月20日更新

    640億の恒星系に文明が広がり、人々が当たり前に宇宙を往く、遠い未来。 21世紀に生きていたはずの赤毛の少女、村瀬唯理(むらせゆいり)は、どういうワケかそんな時代で目を覚ます事となった。 人類同士の争いが続き、一方で未知の脅威にも脅かされる、天の川銀河系。 偶然出会った貨物船『パンナコッタ』の皆と宇宙の旅をはじめる唯理には、本人も忘れている大きな秘密が眠っていた。 銀河の半分を支配する三大国、エクストラ・テリトリーに潜む海賊、謎の自律兵器群『メナス』。 ヒト型機動兵器『エイム』を駆る赤毛の少女は、遭遇する敵や脅威に真っ向から斬りかかる。 ※小説家になろう様、カクヨム様でも連載中です。表紙及び挿絵イラストはeiji様(https://twitter.com/EijiK0430)よりいただいております。

  • 魚と牛乳で異世界に乾杯! 大体こんな感じ

    ♡17,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・6話・8,678字 くろるな

    2020年10月20日更新

    ある日いきなりネコに転生した。 色々言いたいことはあるけど、とりあえず魚とミルクでも用意して乾杯しましょう。 ……現実逃避では無いですよ? 自由気ままにのんびりと。 心の安寧のために友だちは作りたい。 そんなネコの、ゆるい物語。

  • 百合って素敵ですよね

    ♡46,250

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・107話・175,346字 ありきた

    2020年10月20日更新

    ガチ百合な主人公・桜野真菜と恋愛に無頓着で陽気なヒロイン・此木萌恵の日常系百合ラブコメです。 カクヨム、アルファポリスにも掲載しています。

  • 素材をぽいぽい、お鍋をぐ~るぐるっ!

    ♡350,400

    〇1,890

    異世界ファンタジー・連載中・90話・325,166字 nishinoya shogo

    2020年10月20日更新

    ──今に見てろー! いつか絶対、みんなをあっと言わせる大発明をしてやるんだから! ニーナは錬金術師としての成功を夢見る15歳の女の子。目標は世界を揺るがす大発明を自らの手で成し遂げること。その夢を叶えるために、ニーナは毎日のように新しいレシピ開発に取り組んでいた。けれども── ぼふん! またしても上がる黒煙。もくもくと、煙突をくぐって青空を黒く染めるそれは、調合が失敗に終わったことを物語っていた。今日も失敗。昨日も失敗。その前の日も……。たまに成功したとしても、できあがるのは欠点だらけのガラクタ品ばかり。いつしかニーナは村の人たちから「ガラクタ発明家」と呼ばれ、からかわれていた。それが悔しくて、悔しくて。 ニーナは考える。錬金術に欠かせないのは珍しくて上質な素材だ。優れた発明品には、それ相応の優れた素材が必要なのである。それなのにこんな辺境の村では、まともな素材すら手に入らない。夢を叶えるには、この村でのんびりとチャンスを待っているだけじゃダメなんだ! ニーナは決心する。錬金術師なら誰もが憧れる街、工房都市クノッフェンに行こう。そこで錬金術の腕を磨いて、いつか偉大なる発明家たちと肩を並べられるような存在になろう。有名になって、「ガラクタ発明家」と馬鹿にしていた村の人たちを見返してやるんだ。そう心に誓ったニーナはもう誰にも止められない。親が反対するのを押し切って、クノッフェンへと旅立つのであった。 (イラストは与瀬さんに描いて頂きました。第一章の途中で出会うシャンテちゃんです。圧倒的感謝!)

  • 創作者の人生について語るエッセイ

    ♡10,911

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・11話・11,716字 神杖ケーエス

    2020年10月20日更新

    あなたにとって創作はどんな位置付けでしょうか? 一人一人、その答えは違うと思いますが人生と合わせて考えている方は少ないのではないでしょうか。 楽しむための趣味だとしても、プロを目指すにしろ。 自身の人生における創作の立ち位置は、考えをまとめておくべき内容だと考えております。 本エッセイは私が提唱している創作生活論をベースに、人生と創作について語っていきます。 このエッセイをきっかけにして、創作者である皆さまの人生がより豊かになれば幸いです。 *本エッセイはNOTEで連載していた記事の再編集バージョンになります。 同じ内容の部分もありますが、より深く、加筆修正していく予定ですので、一度読まれた方も、ぜひ、もう一度読んでみて下さい。