プロフィール

ブックマーク

一覧

  • 忘れていたモノは、いつも近くにあった。

    ♡7,000

    〇500

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・1,600字 伺見間士

    2020年9月23日更新

    日々の生活に追われ心の動きを失っていた男は、認めたくない面白さに直面し、かつて見ていた夢を思い出す。

  • ■ラブコメ✕恋愛✕音楽=禁断の恋■

    ♡50,800

    〇200

    恋愛/ラブコメ・連載中・41話・117,323字 青羽

    2020年9月23日更新

    【音楽を愛する恋愛音痴系悪役令嬢・彼女に翻弄される攻略者との◆禁断の恋物語◆】《注意事項→セクシャルな表現があります。禁断系恋愛要素が幼馴染編から始まりますので、キーワードをご確認いただき、苦手な方はご遠慮くださいm(_ _)m》 ■恋愛ラブコメ1位■総合8位■なろう異世界恋愛現実8位(350万pv突破)■アルファポリスHot6位■ カクヨムコン5読者選考通過 なろう様より転載中 https://ncode.syosetu.com/n5653ft/ 新進気鋭のバイオリニスト椎葉伊佐子(22歳)は凱旋コンサートで志し半ばにして倒れ、乙女ゲーム『この音色を君に捧ぐ』の悪役令嬢・月ヶ瀬真珠(五歳)としてコンクール舞台に立ち渾身の演奏を繰り広げる。 真珠はこのままでは『主人公』を陥れた罪で放逐の未来が待っている。 『主人公』にも攻略対象にも関わらなければよいのでは? と思っても、なぜか攻略者は真珠の身内や幼馴染ばかり。関係を築かない、という最強の選択肢がとれないままに、彼等と関わることになるのだが? 恋愛未経験の彼女に翻弄される男性陣と、訳あって彼等からの好意に気づくことができない彼女との恋物語。 ★★★1・星川リゾート編・禁断系恋愛が閑話より含まれます。 ★★★2・ファンディスク編・前二章のなんちゃって注意ではなくR15のセクシュアル表現です。 ★★★1・2にご留意ください。 ■曲想のある演奏シーン(なろう先行にて掲載済みの為、予告となります)■ *『森の静けさ』18・19話 *『リベルタンゴ』61・104 *スケール・音階96 *『テンペスト』114 *『ふたつのバイオリンの為の協奏曲』126・127 *『あなたが欲しい - Je Te Veux -』135・136 *『月の光 - Clair de Lune -』145 *『ヴォカリーズ- Vocalise -』147 *『ピアノ三重奏曲第1番ロ長調 Op.8』149 *『きらきら星変奏曲』175 *『チェロ協奏曲 ニ短調・第一楽章』180・181 *『亡き王女の為のパヴァーヌ』184・185 *『熊蜂の飛行』188 *『愛の歌 Op.71-5』238 *『ユーモレスク』255 *『夢のあとに』フォーレ。夜想曲『シレーヌ』ドビュッシーは曲想が少な目のため曲名のみ。

  • くるっぽー

    ♡18,300

    〇150

    文芸/純文学・完結済・1話・1,407字 伺見間士

    2020年9月18日更新

    鳥頭の鳩と話をきかない猫による地獄の無限ループ

  • 第3巻大好評発売中!!

    ♡899,450

    〇21,795

    異世界ファンタジー・連載中・113話・800,974字 サイトウアユム

    2020年9月18日更新

    人生に疲れていたおっさん(38歳・独身)は夜の公園で暴漢に襲われて死んだ。 かと思いきや、目覚めればそこはダンジョン! 傍らには毒舌女子高生! おまけにどういう訳か若返っていた! アラフォーおっさんは人生をやり直すために動き出す! モンスターを倒し、依頼をこなし、スローライフを実現するのだ! そのために――まずはアンデッドが跋扈するダンジョンを脱出せよ!! ハーレム展開もあるよ。 ◆報告◆ 2020年09月19日(土)第3巻発売 2020年03月01日(土)第2巻発売 2019年08月24日(土)HJノベルス様から発売 小説家になろう様、MAGNET MACROLINK様にも投稿しています。

  • 何かになろうとして何にもなれない僕と君へ

    ♡38,500

    〇800

    文芸/純文学・完結済・1話・67,784字 K@e:De

    2020年9月13日更新

    春を思うと書いて思春期だそうだ。ところで、春になると変態が増えるというけれど、少年から大人になるという意味において、なるほどね、僕等の精神は春になると変態を始める。様々な意味でね。どのように様々かについてはご自分で調査して頂きたい。 ただ、まあ、不完全変態という言葉もある。 僕等の大半はその病に陥る。繭から出たはいいけれど、夢の大空を羽ばたく為の、その羽が飴細工のように脆い。飴細工のような羽では飛べない。陽の光で溶かされてしまう。ああ、ああ、いいなあ、アイツもコイツもまともな羽を持っているのに僕だけがどうして! そうだ。僕等は何かになれるようで何にもなれない。 だから自殺に憧れる。特別な何かになろうとして。

    タグ:

    学園 日常 青春