プロフィール

コミカライズ・アニメ・ゲーム化を 目指してバトルファンタジー小説を 入念に構築しながら執筆しています! 作品名は「KAMITUKU」です! 完結は保証しますが、毎日更新では 無いため、完結してからでもいいので 読んでくださいませ(*´ ˘ `*) ―――――― 現在、大量ストックの為 しばし休載させて頂きます🙇‍♂️ 楽しみにしてくださっている方には 申し訳ないです🙇‍♂️ 更新再開する時までお時間頂いてしまいますが また皆様の目に付くように頑張りますので 再開した時はまたよろしくお願いします😊✨ ―――――― 皆様の応援が活力になってます! ありがとうございます✨ 読むのも好きで新着作品を 漁って追っかけます!笑 よろしくお願いします😊✨

ブックマーク

一覧

  • スパルタ女神と甘々魔王の勇者育成録 ~新米勇者は女神と魔王の最強憑依で世界を変える~

    よろしくお願いします。

    8,110

    110


    2022年9月26日更新

    それはあまりにも突然だった。 女神と魔王を名乗る、二人の美女。 「……ありえない。夢だろ?」 “神代往人《かみしろゆきと》”は呟いたが、その二人の美女はこう告げる。あなたはこの世界を変える勇者――と。 ここは『魔法』が当たり前に存在する異世界『ニユギア』。 往人は勇者としてこの世界に呼ばれたのだと言う。 アイリスとリリムス。本来ならば相容れぬ二人と共に始まる叛逆の物語――!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間17分

    この作品を読む

  • 罪人は英雄の夢を見る

    現実に抗う物語。超絶バトルものです。

    365,350

    4,618


    2022年9月26日更新

    魔神が白き英雄によって討たれてから二千年が過ぎた世界。 白き英雄を崇める白炎教会によって超常の力は弾圧され、あらゆる魔性の存在は悪とされていた。 社会を脅かす魔性の存在と、それらから人々を守る白炎教会。 長きにわたる善と悪の戦いだと、世間は信じて疑わない。 所詮は他人事。自分たちが血を流すことにならなければ、世界は平和だと信じていられる。 盲信することを選び、思考を放棄した人々は気がつかない。 悪と決めつけられ、生存権を奪われた魔女や魔術師、異形の者たちの叫びに。 生きるための戦いを余儀なくされた者たちは爪を研ぎ、抗い続ける。 世界から排斥された者たちの行きつく先とは——。 紛い物の英雄譚、ここに開幕! ※月/金更新予定です。→仕事が忙しくなってきたのでしばらくの間、月曜更新とさせて頂きます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間35分

    この作品を読む

  • JK巫女の遥ちゃん

    JKの巫女さんを主人公にしてしまった

    593,484

    1,685


    2022年9月25日更新

    ここは埼玉県所沢市のとある町。 この町では現役JKでありながら巫女さんを務めている遥ちゃんという美人で(見た目は)清楚で可愛い女の子がいた。 この物語はそんな遥ちゃんののんびりした日常だったりヒリつく日常の話である。 暴力描写はかなり多めで、思いつきで書いているので話がドンドンおかしくなってますw

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間25分

    この作品を読む

  • カミツキ

    学園×神様×決闘

    84,800

    142


    2022年8月31日更新

    神々の加護を受けた存在、シンゾクが多く通う学園、天空学園に転校してきた上北 我妻。 この学園では、日常的にシンゾク同士が戦う決闘、デュエルが行われていた。 何も分からず、巻き込まれていく我妻。 次第に学園に潜む闇が明らかになっていく。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間55分

    この作品を読む

  • AZUSA

    「全てはAZUSAの名の下に」

    61,500

    70


    2022年8月18日更新

    高校生の維盛空梓は、幼い頃から安眠できたことがない女子高生だ。 ある日、何時もの様に眠りについていた彼女はふと身体に違和感を感じ目を覚ます。 刹那、視界に入ったのはこの世に存在している生物と一線を画す異形だった。 異形に怪我を負わされ、逃げられなくなった彼女が死を覚悟した直後、脳内に言葉が響く。 それは夢の中で何時も自分が呟いていた言葉だった。 ※ナレーションありとそれ以外で書き方を変えています

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:25分

    この作品を読む