プロフィール

れびゅにゃ~

尾岡レキ

Lv   :15

作品数 :4

ジョブ :れびゅにゃ~

称号  :ノベルアップ常連者+

アバター:れびゅにゃ~

レビュアーポイント:2pt

アラフォーにして2児の父、1匹の猫のパパです。SFやファンタジー、恋愛、詩を好物にしている大人になりきれない、中途半端な活字中毒。リアルでは介護関係のお仕事をしています。更新はまったりですが、よろしくお願いします。後、スイーツ大好きです(え? twitter @oka_reo で出没しています。そちらもどうぞ、よしなに。

作品(4件)

一覧

  • 魔法の歌を、あなたと僕のリアルな歌を

    ♡36,450

    〇100

    その他・連載中・13話 尾岡レキ

    2019年12月13日更新

    空中庭園、龍、魔法、剣、そんなファンタジーに絡めながら 言葉遊びをしてみたいのです。 当たり前の言葉や、当たり前の感情を、 ありったけの言葉魔法にこめて。 例え擦れて、聞くに耐えないメロディーだとしても。 そんな詩集はいかがでしょうか? ※カクヨム、マグネットにも掲載しています。

  • 高校生は、恋にサイキックに忙しい?!

    ♡93,058

    〇1,830

    SF・連載中・90話 尾岡レキ

    2019年12月13日更新

    遺伝子研究の実験体として遺伝子研究特化型サンプルにされた宗方ひなたは、自身の能力を持て余しながら、他者を避ける日々を送っていた。自分の能力が誰かを傷つける、それが怖くてただコワくて。繰り返えされる転校の日々。その転校先で出会ったのは、【実験室】で暴走し、発火能力(パイロキネシス)で傷つけた少年だった────オトナの思惑に翻弄され、サイキック能力を押し付けられた少女達が戦い続ける理由は、この街と目の前の大切な人を守りたい一心それだけで。原案協力・水原緋色様。更新不定期遅筆を陳謝。生暖かく見守って頂けたら、と。高校生は恋にサイキックに忙しい?! ※カクヨム、マグネット、小説家になろうでも連載中です。

  • 届け、言葉の力PJ参加作品。とどけ!

    ♡4,300

    〇100

    その他・完結済・4話 尾岡レキ

    2019年12月1日更新

    台風19号被害支援プロジェクトである【届け、言葉の力PJ】 平成30年度豪雨災害被災地当事者だったり、東日本大震災被災地が故郷の尾岡が、色々な感情を詰め込んだ、4編の詩集です。 気持ちのこもった言葉が集えば、それが行動になる。待つだけでもなあく、眺めるだけでもなく。そして忘れることなく。 そんな気持ちを無造作につめこんだだけの4編。どこかワンフレーズでも共感してもらえたら。 そう思います。

  • ニッチでお役に立たないモノカキエッセイ!

    ♡3,850

    〇10

    エッセイ/コラム/評論・連載中・6話 尾岡レキ

    2019年10月23日更新

    尾岡視点によるモノカキエッセイでございます。 多分、参考になりませんが。アラフォーのおっさんならではの 物書きエッセイになれたらと思いますので、何かの足しにでもなれば。 当方、メガヒット作品は無いので、どうやったらポイントがとか どうやったらアクセス数がとか、その手の営業には貢献できませんが。 同じ物書きさんや読み手さんが、肩の力を抜いて読んでもらったら、いうことないです。 どうぞ、今後ともご贔屓の程、よろしくお願いいたします。 店主 拝 ※カクヨム、マグネットでも掲載してますが、ノベルアップ単独エントリーをする可能性があります。その場合はタイトルの前に◆をつけさせていただきます。よしなに。

    タグ:

    創作 エッセイ

ブックマーク

一覧

  • 優しい悪魔アドラの愛と苦悩の物語です

    ♡144,590

    〇2,815

    異世界ファンタジー・連載中・88話 飼育係

    2019年12月13日更新

    家を買ったんだ。 魔界銀行の審査が通ったから3500年のローンを組んで。 村のしがない仕立て屋だし貯金もあんまりなかったからわりと奇跡的だったと思う。 おれは今2525歳だからギリギリ老後まで持ち越さずに完済できる。 もちろん嬉しかったよ。 素敵な家で愛する妻と二人で暮らすという夢がこれで叶うと思ったんだから。 ――それがたったの三日だよ!? 反乱軍の侵略行為に巻き込まれて三日で消し炭だッ! 家財もお金も全部燃えた。残ったのは借金だけ。いくらなんでも酷すぎる!! おまけに魔王がやってきておれが村を焼いたと勘違い。 その実力を買って四天王に取り立ててやるとか言い出すんだ。 最初は驚いたけど逆にこれはチャンスなんじゃないだろうか。 上手くいけば大都会でカリスマデザイナーとして名を馳せることができるかもしれない。 ていうかそう思わないとやってられない。 どの道お金がないんでこのままでは路頭に迷います。 四天王でも何でもやってやりますよ、ええ! これはひょんなことから魔王軍四天王に抜擢された悪魔アドラ・メノスの数奇な運命の物語。

  • 村人Aは偉大です。

    ♡5,450

    〇64

    エッセイ/コラム/評論・連載中・7話 呂彪 弥欷助

    2019年12月13日更新

    リアルで「村人Aになりたい」と妙な目標を掲げている私の呟きです。 尚、表紙は『自画像』として使用しているイラストです。自作です。 ※わりと砕けた言葉を使って、わーきゃー騒ぐ場合があります。 ご注意下さいませ。 また、私のエッセイには、衝撃的な内容が含む場合が多々あります。 これは一重に、私の過去を話すと「ドラマのようなこと」が起きているためです。あ、例えは「よく言われる言葉」を使用しました。 ご注意下さいませ。

  • 2019年12月14日更新

    高校三年生のケントはある日帰宅しようと教室の扉を開けた。しかし、そこにあるはずの廊下は無く異世界の城に繋がっていた。異世界人のみに与えられる「紋章」の力を求めたプラトン王国の聖女が異世界勇者召喚の儀式を行ったからだ。 その儀式に巻き込まれたケントにも例に漏れず「紋章」の力が発現する。 「剛力紋」や「魔導紋」などの様々な「紋章」の力がクラスの皆に発現するが、ケントに現れた「紋章」は王国の学者も知らないものだった。しかし、その後に行われたステータスチェックを行うと同時にケントは捕らえられてしまう。 ケントが戸惑っていると、目隠しをされて外に連れ出される。着いた場所は森の中。そして連れ出した騎士はケントに言った。 ケントの「紋章」は、「弱体紋」という「紋章」で戦えば戦うほど弱くなっていくという「紋章」であると。 ケントは役に立たないとされ、魔の森と呼ばれる森に棄てられたのだった。 剣を与えられたものの行くあてもなく、魔の森を彷徨っていたケントに叫び声が聞こえた。駆けつけると、一人の少女が魔物に襲われている。ケントは堪らず庇い、少女を逃がし魔物と戦い、難なく勝利するが、その時に体が重くなったように感じ「紋章」の効果に戦慄する。 魔物と戦ったことにより、周囲の魔物に気付かれ数々の魔物に襲われてしまう。重くなり、傷付いた身体で潜むケントは近づく足音を聞いた。魔物に襲われて死ぬと思ったケントの前に現れたのは、先程庇った少女であった。 その獣人の少女に案内されて、ぽつんと佇む一軒の家に辿り着く。その家に住むのは彼女と一人の老エルフだった。その老エルフはケントの「弱体紋」を見てこう語る。その「紋章」は最強の「紋章」であると…… これは虐げられた少年が、比類なき力を手に入れて旅をするおはなし。

  • 要塞生活、始めませんか?

    ♡558,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・174話 鈴木竜一

    2019年12月14日更新

    魔獣によって両親と故郷を同時に失った少年トア・マクレイグは、幼馴染で片思いの相手であるエステルと共に、仇を討つため魔獣討伐を主な任務とするフェルネンド王国聖騎隊への入隊を目指す。十四歳となり、お互いトップクラスの成績で養成所を出たのだが、最後の適正職診断で明暗が分かれることになった。 大魔導士という将来の活躍が約束されたエステルに対し、トアの適性は「洋裁職人」という戦闘にまったく役立たない地味なもの。エステルが着実に英雄としての道を歩む一方で、なんとか彼女に追いつくため必死に修行を積むトア――だが、ある日エステルが大貴族の子息と婚約を発表する。 彼女の近くにいるべき存在は能無しの自分ではないと悟ったトアは聖騎隊を辞め、ひとりで新たな生活を始めるためフェルネンド王国をあとにした。 次の仕事を探す途中、ひょんなことから立ち寄ったのは終戦によって用済みとなった旧帝国の要塞。そこで、トアは自分に与えられた真の適正――《洋裁職人》ではなく、《要塞職人》に目覚めた。廃棄された要塞を立派に住居としてリフォームし、誰にも縛られない自給自足の快適なスローライフを始める……はずだったが、なぜか美少女エルフ(脳筋)だったり喋って動き回る甲冑だったり伝説のモフモフ狼少女だったり世界を救った英雄やその子どもたちだったりと、自分の意図しないところで要塞に住み着く仲間が増えていく。お人好しのトアは新しい住民たちを受け入れていたが、いつしかその要塞村は周辺国家から注目される存在になっていくのであった。

  • ARバトル! 最弱から始まる成長物語

    ♡171,565

    〇26,991

    SF・連載中・179話 一ノ神(かずのしん)

    2019年12月14日更新

    ★読んでいただいた方に報告いただいたのですが、「!?」←が赤文字になる方がいらっしゃるようです。 私のPCでは普通に表示されるのですが……環境によって違うのかな? 読みづらい方がいらっしゃったら申し訳ないです>< 以下あらすじ&作品紹介です。 スマホに舞台を奪われたPC業界が出した逆襲の一手「サイバーコンタクト」。 「完全AR拡張現実機能を持っている」コンタクトだ。 ある日あるソフトが開発提供された。 「コンタクト内部データを全スキャンしてオリジナルアバター『パペット』を作るソフト」。 不意に現れるのは巨大なパペット。 謎のパペット、謎のユーザー。 そのユーザーを狙う『仮想災厄(ヴァーチャル・カラミティ)』。 最高のコンピュータ【覇―はたがしら―】。 夢と生死をかけるパペットバトル、スタート。 ☆ 12/10より第2章スタートです! (できるだけ)毎日朝の7:05更新を目指します! ついて来ていただけたら幸いです。 ☆