プロフィール

ファンタジーやミリタリー書いています、リンクスです。ごゆるりとお付き合いください

ブックマーク

一覧

  • ドタバタアクションコメディもどきです

    ♡214,004

    〇5,050

    現代/その他ファンタジー・連載中・106話 助六稲荷

    2020年8月4日更新

    旅する便利屋アレックスと相棒の狐娘マオはおんぼろトラックを走らせて依頼を受けて日銭を稼ぐ日々を送っていた。 ある時ひょんなことから引き受けた美女の依頼は「引きこもった妹を何とかしてほしい」というものだった。安請け合いする二人だったが思わぬ方向に話は転がり始め…!? ――第一章 Shut-in March あらすじ 金欠で三度の飯にも事欠く有様の便利屋一行。 そんな一行の前に現れたのはやたら金満で危ない匂いのするおっさん 金に目がくらんだ便利屋三人は一も二もなくそのおっさんの頼みを受け入れて……? ――第二章 海岸通りあらすじ 便利屋ハイラックス商会はギャンブル三昧で遊ぶべくギャンブル都市〝クーロン〟へ。 しかしそこでもやっぱりトラブルは起きるし一癖も二癖もありそうな連中は集まってくるしで大混乱。 更にはもっと重大な事件も発生して……? ――第三章 When the Sun Goes Down あらすじ 自称お悩み解決率百%、荒野をさすらう便利屋稼業は風まま気ままに今日も行く! ※一応一章毎に話が終わるので好きな場所から読み始めても大丈夫だと思います。 ダメそうだったら言ってください。改善します。 ※不定期更新ですが一応一週間に一度程度の更新頻度を予定しています。 ※素敵な挿絵はファルさんから頂きました!

  • ボクっ娘と吸血鬼のお人好しから始まる恋

    ♡26,740

    〇1,105

    恋愛/ラブコメ・完結済・118話 巴 遊夜

    2020年5月29日更新

    ※登場する魔物・魔族にオリジナル設定が多く含まれます。 人間界と魔界が融合し、一つとなってから百年以上が経った近未来。 人間と魔族は争うことなく共存していた。 お人好しで中性的な顔立ちの少女、時詠茜はある日、怪我をしたアデルという男性を見つける。放っておくことができなかった茜は病院に連れて行こうとするが、アデルは拒絶した。少し休めば問題ないと彼は言う。そんなわけがないだろうと反論した茜にアデルは自身が吸血鬼であることを明かした。 それでも病院に連れて行こうとする茜にアデルは言った「血を分けてくれれば傷はすぐに癒える」と。これも茜は動じず、自身の血を飲めばいいと答えた。あまりにお人好し、いや危機感のない茜の行動にアデルは困惑する。これが二人の出会いだった。 これは魔族と人間が共存しあう世界で始まる人間と吸血鬼の恋物語。 近未来と現代を混ぜたようなファンタジーの恋愛物となります。 カクヨムでも連載しています。

  • 全てのweb作家を巻き込む物語

    ♡291,900

    〇2,050

    現代/その他ファンタジー・完結済・143話 おべりすく

    2020年3月29日更新

    お菓子作りが趣味の何処にでもいる女子高生、小鳥遊翼はある時、声を聞く。 ”この声が聞こえる誰か” 聞こえないフリ、見えないフリをしようかと思ったけど、そこには愛らしい妖精。甘いお菓子の大好きな『セシャトさん』。彼女が言うには、魔本という物が現れ世界の危機が迫っていると話す。魔法少女もとい魔本少女になって世界を救おうと言われるが翼は断る事にした。 だがしかし……目の前で世界の異変を垣間見た翼は一度だけという約束で『セシャトさん』とユニゾンし魔本少女スイートセシャトに変身するのである。 『セシャトさん』とユニゾンした事で、屈託のない笑顔の『セシャトさん』が過去に魔本少女であった事、そして彼女がどんな物を自分の世界で見てきて、今ここにいるのかを知った翼。 『セシャトさん』は笑ってこう言った。 「翼さん、貴女の世界と貴女は私が守ります」 翼は頷き、『セシャトさん』と魔本少女になる事を決意する。 ”魔本少女は世界を守る事が出来ない存在であるというのに”

  • トラウマと迷信を失われた技術で打ち破れ!

    ♡13,250

    〇1,100

    異世界ファンタジー・完結済・59話 相葉美人

    2020年1月30日更新

    氷河期が到来し、人類は生き延びることに成功したものの、新グレートブリテン王国ノーデン領では技術水準と文化が中世ヨーロッパ並みに後退してしまった。 人に言えない母親に性的虐待を受けていたという過去を持つ女嫌いの主人公、次期領主オーランドは教会の言うことに従わねばならず、外国との交流もない閉じられた世界に息苦しさを感じていた。 ある日、彼は「幸運のお守り」の白い蛾のペンダントを気まぐれに買った。 驚くことに、そのペンダントは女の声でしゃべるペンダントだった! 信じられないことに、ノーデン領を襲った外からの攻撃に対処する方法をオーランドに授けた! さらにはノーデンを豊かにするための失われたはずだった旧世界の技術と、海に沈んだと教会が言っている外国と交流できる可能性まで指し示したのだ! 女は苦手だが、カーラと名乗るこの虫のペンダントは信頼できる。オーランドはカーラの助言に従って、領内の改良を始めるのだった――。 産業革命×異世界の、転生なし異色ファンタジー、ここに開幕。 原作者による登場人物紹介https://novelup.plus/story/138310886 続編「絹の娘たち」https://kakuyomu.jp/works/1177354054888685832 原作 種 『彼女は正に絹の娘』 アレンジ 青猫海葉 この物語はフィクションです。実在の艦艇、組織、人物とは一切関係がありません。 *カクヨム、なろう、pixivにも掲載しています