プロフィール

本が大好き! 雑食です。様々な体験や知識をくださる作家の皆様に日々感謝しながら、ノベプラの森でのんびり読書中。仲良くして頂ければ嬉しいです(*´꒳`*)

ブックマーク

一覧

  • わさびさん日記

    チンチラのわさびさんとの日々

    142,700

    1,190


    2022年3月7日更新

    チンチラのわさびさんと過ごした日々を、振り返って書きたいと思います。

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • 傀儡といしの蜃気楼

    夢の世界に囚われた王女を救いに行く物語。

    266,570

    3,622


    2022年2月26日更新

    これは、現実の裏側に存在する、≪夢の世界≫のものがたり。 殺された妹、その無残を乗り越えられずにいた冒険者ラトス。 死の真相を探るべく足掻いた先で、行方不明となっている王女の捜索依頼を受けることになる。 王女の従者メリーを連れて森に入ったラトスは、王女が消えたその場所から夢の世界に迷いこむ。 奇妙がうずまく夢の世界に王女も囚われていると知り、ラトスたちは救出に向かう。しかしそのためには、怪物が巣食う悪夢の回廊を通り抜けていかなければならないのだという。 ラトスは旅の途中で出会った協力者たちの助力を得て、様々な困難を乗り越えていく。 現実とつながっている夢の世界は、様々な思想、感情などで構成されている。 広大な草原に浮かぶ、巨大な岩山。 岩山の中には、現実世界に生きるすべての人間が持つ、個人の夢の世界がある。それらはすべて、個人の記憶、思想、感情で盛衰しつづけている。 個人の夢の世界をつなぐ悪夢の回廊は、悪しき感情で満ちている。 悪から生まれた怪物たちは、悪夢の回廊を通り抜けようとする者に襲いかかる。 さらに、七つの大罪の元となる「八つの悪徳」から生まれた怪物は、猛る爪と牙をラトスたちに向ける。 現実感のある不思議がうずまく、夢幻。 誰もが感じ、夢想した世界が、このものがたりで形となる。 ◆◇◆ 現在、第一部全体の推敲作業中です。 2022年3月末に、7章「悲嘆」まで推敲し、再投稿しました。 4月末までに、8章「雪に閉じ」の推敲と再投稿をする予定です。 推敲した部分のみ読みたい方は、ブックマーク等していただき、月末時にまとめて読むことをお勧めします。 ご迷惑おかけしますが、ご容赦ください。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:12時間43分

    この作品を読む

  • 犬の散歩してたら異世界に〜愛犬と会話出来るようになったのに、特殊能力を得た愛犬は毒舌で非協力的だった!?〜

    スーパーわんことポンコツご主人、異世界へ

    29,800

    50


    2022年2月25日更新

    犬の散歩をしていたら、異世界に!? 異世界に転移した影響で愛犬としゃべれるようになった少女と、特殊能力を得た愛犬が、少女とそっくりの王女様を助ける為、大暴れ(主に愛犬が)する物語。

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

  • ネコの手ぐるぐる

    大人向けの童話です

    23,800

    56


    2022年2月24日更新

    ある日桐田家にやってきた二匹の保護ネコは、ごくごく普通の子ネコにしか見えなかったのだけれども……

    読了目安時間:1時間59分

    この作品を読む

  • 元NHK交響楽団ファゴット奏者、菅原眸(HITOMI SUGAWARA)の回想録 この回想録の主には1956年に大ヒットした洋楽曲「ケセラセラ」になぞらえて、「ケセラ」というあだ名が付けられた。「ケセラセラ=なるようになる」はケセラのモットーであり、たとえ苦境にあっても、それを表情に出さず飄々として、関わる人々を笑顔にするのがケセラのスタイルである。このスタイルが功を奏したのか、いつの間にか交友の輪が広がり、その中から人生の岐路にさしかかった時に、手を差し伸べてくれる人物が現れるという、好循環な人生となった。 尚、実際にあだ名が付いたのは大学生時代であるが、この回想録においては、最初からケセラと記述する。 菅原眸の主な経歴 1934年 山形県鶴岡市勝福寺に生まれる。 1956年 法政大学を経て東京藝術大学入学。 1958年 NHK交響楽団入団。 1969年 北西ドイツ・デトモルト音楽大学留学。 1970年 東京音楽大学講師に就任。 1990年 NHK交響楽団退団。 愛知県立芸術大学教授に就任。 1999年 愛知県立芸術大学教授退任。 日本ファゴット(バスーン)協会元会長、現名誉会長 国際ダブルリード協会元副会長 本回想録は、ご本人に直接インタビューした内容を記述しました。

    読了目安時間:34分

    この作品を読む