プロフィール

某サイト(ソドム)出身です。

ブックマーク

一覧

  • 一万字まで小説読ませてください

    私の寿命が尽きるその日まで続けます

    2,726,795

    8,006


    2022年8月2日更新

    2020/10/10 200話記念により表紙がつきました。 志茂塚ゆり様、ありがとうございます!! 基本は書き手の私ですが、自分に足りないものを補うため、色んな思いやその中に隠されたものを理解しくみ取る能力を身に着けたくて隠れた名作を読んで学んでいきたいと思っています。正直者ゆえ、酷評になってしまいがちな可能性はありますが、それでもいいですよ!という心優しい方の作品をお待ちしています。もしかすると、勝手に読んで勝手に感想の時もあるかもですが、そのへんは許してくだされ…… 皆さまの素敵な作品をお待ちしています。よろしくお願いいたします。 *** ※200話以降のエピソードは「次へ」のボタンを押さないと開けません。 201話以降のエピソードを探す際はお手数ですが次のページを開いてくださいね! ※何度か自主企画の運営をお手伝いor企画を立ち上げる、といった回数が多くなりましたので、読書順番票の次のエピソード、『4話』に参加する企画、主催する企画などのお知らせを残していくようにいたします。終わった際はお礼を述べた後に<非公開>させて頂きます。 作品紹介と共に、よろしければチェックしてみてくださいませ。

    読了目安時間:12時間14分

    この作品を読む

  • なまくんの詩集。

    気が向いたら、書く。

    65,076

    1,590


    2022年7月28日更新

    どうもなまです! 詩集を出しました! 更新速度はカタツムリ並みに遅いです! 表紙絵はひだまりのねこ様(https://novelup.plus/user/976280122/profile)に描いていただきました! 本作7話目の「電車で揺られて」をイメージして描いていただきました! 技術力はダヴィンチ並み、表現力はゴッホ並みですよね!ありがとうございます!

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 魔鎧戦記ゴウザンバー

    ファンタジー異世界にスーパーロボット爆誕

    18,200

    0


    2022年5月17日更新

    大陸一の天才機械技師にして、騎士のクレアーツィ・プリーマ。彼の住む大陸でもっとも強大な国家ネルトゥアーレ皇国。その皇国が他の国々との戦争を勃発させる。そしてその皇国が使う兵器はクレアーツィの開発していたもののパクリ!? 自分の作ったものが人々を苦しめるなど許さん! とばかりにクレアーツィは自身の開発したゴウザンバーに乗り込み立ち向かう。 そんな彼の仲間は騎士団長に転生者? 戦乱渦巻くネルトゥアーレ大陸をスーパーロボットゴウザンバーが行く。痛快異世界ファンタジースーパーロボット伝説!魔鎧戦記ゴウザンバー! 君も一緒にバーンドアップ!! 小説家になろうでも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間58分

    この作品を読む

  • 甘辛レビュー企画 募集終了です、ご参加ありがとうございました! ※レビュー終了、お待たせしてしまいすみませんでした

    19作品目のレビューを記載! 募集終了

    55,788

    360


    2022年4月9日更新

    ノベルアップに集う素晴らしい作品にレビューや感想を書いてみたいのですが、自分から書きにいけない小心者です。 一念発起してレビュー投稿企画を立案しました。 あなたの作品にレビューや感想を書かせていただけますか? 辛口感想を希望する猛者も大歓迎です! ※募集を終了しました。これまでに参加フォームにコメントを書いてくださった方々の作品には、感想を書きます。2週間以上くらい掛かると思いますが、気長にお待ちいただけると幸いです! ※2022/4/9 レビューが終了しました。お待たせしました!

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • 婚約破棄されたので悪役令嬢に転生してチートスキル『ざまぁ』を行使いたしますわ

    悪役令嬢ロベルタのざまぁ炸裂ですわ

    42,200

    47


    2021年10月20日更新

    「ロベルタ! 貴様を婚約破棄とする!」 お決まりの文句を言われたロベルタはショック死する。 魂が転生の間に行くと、ロベルタは女神の手違いにより死亡した事が判明する。 女神から転生する権利を得られたと言われても、到底納得ができない。 そこで女神はポケットからチートスキル『ざまぁ』を取り出す。どんな相手にも『ざまぁ』ができるという。 その効果は絶大で、女神にも効果があった。 ロベルタは意気揚々と『ざまぁ』と共に悪役令嬢として転生する。 転生先は豪華な宮殿で、さっそく気にいらない相手に『ざまぁ』を行使する。 その矢先に、ざまぁを無効化するチートスキル『ざまぁ封じ』を操るイケメンと結婚する事になる。 二人は『ざまぁ』と『ざまぁ封じ』で世界を牛耳る事を誓う。 そんな二人がウェディングをあげると、様々な奇怪な現象に遭遇する。 イケメンの上空だけに大雨が降る、辺りが永久凍土に閉ざされる、強力なはずの刺客たちがあっさり出番を失う、暗雲を便利に使いこなす、ざまぁ対象にできない王子から決闘を申し込まれる、馬車が騒音をたてて走り回る、バナナの皮が通りすがるなどなど。 悪役令嬢ロベルタと自称性格イケメンを初めとする、諸突猛進な王子、傲慢な国王、リア充撲滅を目指す魔法使いなどの遠目で関わり合いになりたくないような濃ゆい人物たちの掛け合いも見どころです。 ロベルタとイケメンの愛がはぐくまれる物語と言えば嘘ではないのに、何か違うとしか言いようがありません。 悪役令嬢に待つのは幸せな結婚生活か、壮絶な破綻か。 道徳や倫理観などゴミ箱に捨てたような作品ですが、作者はレーティングに引っかからないように気を配っています。

    読了目安時間:1時間38分

    この作品を読む