プロフィール

執筆歴一年、受賞歴は未来に予約中の物書き兎禾(うか)です。 夢は自分の言葉を残すこと。 主に人の心や想いをテーマにした小説を書いています。 一度きりの私達の人生、一緒に楽しんで行けたら嬉しいです。

ブックマーク

一覧

  • アオハル・レボリューション

    脆くて儚い青春と、色褪せない日常の日々

    296,400

    4,155


    2021年9月22日更新

    山や海に囲まれた自然豊かな町の高台にたつ、海聖高等学校。 憧れ続けていた高校の制服に袖を通し、入学に胸を弾ませる瀬菜。 軽音部を通して友情や仲間との絆を深め合い、それぞれの恋が複雑に絡み合う。 秋の学園祭の成功と、それぞれの恋を追う物語が始まる。 【登場人物】年齢は設定時 (女子) 羽月 瀬菜(はづき せな)1年15歳 水鳥川 ねお(みどりかわ ねお)1年15歳 天王寺 音(てんのうじ おと)1年15歳 綿瀬 歌音(わたせ かのん)1年15歳 羽月 結菜(はづき ゆな)3年17歳(瀬菜の姉) 天王寺 凛(てんのうじ りん)中学2年(ねおの妹) (男子) 新田 詩音(あらた しおん)1年15歳 高大 澪央(こうだい れお)1年16歳 乙藤 律(おとふじ りつ)1年15歳 七海 奏汰(ななみ かなた)1年15歳 天羽 永遠(あまは とわ)3年17歳(瀬菜の憧れの先輩) 川澄 遥(かわすみ はるか)2年16歳(永遠の親友) 一色 陽向(いっしき ひなた)3年17歳(軽音部部長/エレキ担当) 鳴宮 響(なるみや きょう)3年17歳(軽音部副部長/ドラム担当) 朝日奈 結月(あさひな ゆづき)3年17歳(軽音部/ボーカル、歌詞、ベース担当) 南部 楽(なんぶ がく)男性担任/国語教師26歳 ※約5ヶ月半の改稿を終え、連載を再開致しました。私の最も大切な作品です。ぜひお読み頂けると幸せに思います。 ※s.h.n様よりアオハル・レボリューションをイメージした楽曲を作曲して下さいました。 「波音カノン」 https://youtu.be/880fE16tbS4 コラボ楽曲 「アカツキ×アオハル・レボリューション」 https://youtu.be/8ibUiPIDsU8

    読了目安時間:7時間46分

    この作品を読む

  • 心の声

    あなたが幸せになれますように

    1,295,786

    19,378


    2021年9月22日更新

    悲しみと幸せを詩に纏めました。 心の傷や悲しみは決して消せるものではないですけど、 この詩を読んで少しでも生きる希望を持っていただけたら幸いです。 いつか皆様が幸せに辿り着けますように。

    読了目安時間:3時間49分

    この作品を読む

  • ききょうくんとなずなさん

    友達以上恋人未満の明るく切ない青春物語

    739,978

    7,730


    2021年9月22日更新

    中学生の頃、僕はいじめを受けていた。そのトラウマから登校できなかった僕が高校生活を始めたのは、入学式から一週間程経ってからだった。 そんな僕が一番最初に話したのは、退屈そうな顔をした隣の席の女の子。無愛想に見える彼女が昼休みに向かったのは、立ち入り禁止の屋上。「そこ、立ち入り禁止じゃないの?」そう問いかけた僕を見下ろした瞳は、どこか影を帯びているように見えた。屋上に繋がる扉から見えたどこまでも自由な春空。そして、僕を見つめる空色の瞳。見えない何かに背中を押され、立ち入り禁止の先に踏み入れた時、僕と彼女の人生が交差する──。 表紙イラスト→八女茶様 本文内タイトルロゴ→紅蓮のたまり醤油様 ※HJ小説大賞2020最終選考

    読了目安時間:10時間41分

    この作品を読む

  • 恋がしたくなる言葉

    毎日、あなたに恋焦がれる

    1,629,031

    6,396


    2021年9月22日更新

    きゅんしたり、ドキドキするような短歌を毎日更新してます。 読んだ人それぞれに思いを馳せて頂きたいので、短歌の説明はあえて書いておりません。 「詩/短歌」のジャンル別累計1位になりました!(2021年3月11日) ブックマーク数100を超えました(2021年6月26日) 「詩/短歌」のジャンルで、五冠を何度もとっております。 累計1位をとるために短歌を書き始めたので、とても嬉しいです。 応援してくれている方、読んでくださってる方、本当にありがとうございます。 これからも、言葉を磨いていきます。

    読了目安時間:31分

    この作品を読む

  • 元王女は、勇者の旅路を辿る

    勇者亡き後の世界での物語

    115,200

    1,060


    2021年9月21日更新

    とある召喚勇者が自らの命を賭した一撃は、魔王を長期間に渡って異空間へと封じる相討ちとなった。 長く苦しい魔族との戦いが終わり、歓喜に沸く王侯貴族達。だがそれを見つめる王女の胸には大きな疑問が湧き上がる。 なぜ死んだ勇者を悼む者がいないのか?そもそもなぜ自分は勇者の功績を知らないのか? 「私は、勇者様の事を知りたい」 本来叶うはずの無かった王女の願いは、多くの者の協力を得て実現に向けて動き始める。 そして王女はその地位を捨て、勇者の旅路を辿って走り出した。 王女がその地位を捨てて城を飛び出し、信頼出来る仲間達と旅をします。 冒険者として活動しながら、死んだ勇者に関連する情報の断片を集めます。他にも各地で様々な問題に首を突っ込んだり突っ込まなかったり、巻き込まれたり。 勇者は序盤に死亡し、他者の回想等でしか登場しません。 割と平坦なストーリー(予定)です。 ゆっくり目な更新ですが、お付き合い頂けたら嬉しいです。 カクヨム様でも公開させて頂いています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:26時間38分

    この作品を読む