プロフィール

アカウント作成2022/09/25。自作品の投稿のほか、新着作品で目に付いた任意の作品の感想をTwitterで呟いていきたいと思います。

ブックマーク

一覧

  • 鐵鞭の女王蜂

    世代をつなぐファンタジー超長編🦍

    121,622

    1,091


    2022年12月9日更新

    【2022/9/18 准男爵の旅 完結しました】 世代を繋ぐファンタジー超長編小説「鐵鞭の女王蜂(てっぺん の じょおうばち)」 ゆっくり、じっくりと読んでいただける、オトナの方に。 ◇ 【最序盤:生まれ落ちる英雄の子】 女神の「異世界間魂情報移行(マイグレーション)」を施された、英雄クレイグ、ハーフエルフの諸人ディアンネの間に産まれた子、リーアン。 リーアンはマイグレーション時のバグにより、産まれる前の段階で、人としての個性を失う。その長期間に渡るバグフィックスに伴う損失を補うため、女神は神託を与え、生まれながらにして、人としての知恵と意思疎通手段を得るに至る。 「女神の寵を受けし子」として、祖父・祖母の庇護を得て、親から見守られ、自ら学び、自由に羽ばたくのは、一体何時か。 【最序盤:准男爵の旅】 リーアンの祖父、サーキ・ドゥ・モン准男爵は「女神の寵」を受けし愛孫の行く末を案じ、育成計画を練る中、「大隠者」オウェン・ブラトと出会う。彼の諫言に沿ってリーアンの一生を左右するであろう賢人たちを集めるべく動き出した。ダイス子爵領より遥か北方地方への旅である。 ヴァン家・サーキ家の旅は様々な出来事・出会いがあり、結局、闇の民・影の民が棲む地底の国「夜の国」、鐵の民達が住まう隣国の「ガカン国」を含め、片道で二か月半の長旅となった。 赤子として急激な成長を見せたリーアンの目にはどう映ったのか。そして、育成計画はどうなっていくのだろうか。 (2022年11月現在、幕間を更新中です) 【最序盤:リーアン、新たなる一歩】 ー2022/12/24 エピソード更新を予定していますー 【改稿情報】2022/11/29 現在「北方旅行計画、ヴァン家の旅支度 後編」まで【全話のあらすじ】追加、文面の改稿が行われています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:17時間34分

    この作品を読む