プロフィール

ブックマーク

一覧

  • 愛した彼女は

    彼女にとって……僕とは。

    6,300

    50


    2021年4月15日更新

    大手会社から転職したその日、配属された先で橘朱里という女性と出会った。 彼女は大輪の向日葵のように笑う人で、僕の心を一瞬で攫っていってしまった。 僕は、彼女に一目惚れをしたのだ。 そんな彼女に、初めて会って30分もしないうちに告白をして玉砕。 当たり前だが……それでも彼女の側でいられることに満足していた。 年上の彼女、年下の僕。 見向きもしてくれなかった彼女が、僕に笑いかける。 いつの日か、彼女の支えとなるべく、今日も今日とて付き従う忠犬ワンコ。 彼女の笑顔ひとつを手に入れるため、彼女と一緒にお勤めしましょう。 僕は、考える。 いままでの僕は、誰にも恋をしてこなかったんじゃないかと…… 橘朱里が、僕にとって、初めての恋だったのだと。 初恋は実らない?いんや、実らせてみせるさ!必ず、彼女を振り向かせてみせる。 もう、振られているけど……そんなのは……ちょっと気にするけど、未来を想う。 朱里さんが、彼女が、僕を選んでくれるその日まで…… ずっと、ずっと、彼女を支え続ける。 気持ち悪いだって……?彼女が気にしてないから、僕からは口に出さない。 僕が朱里さんと出会って初めて恋を知り、初めて愛を知った。 彼女となら……永遠さえ、あるのではないかと思えるほどである。 最初の恋を愛を教え、最後に愛を残していってしまった人。 赦されるなら……ずっと、側にいたかった人。 今は、いないけど、そっちにいくまで、待っていてくれ。 必ず、迎えにいくからさ……朱里。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間53分

    この作品を読む

  • ハニーローズ ~ 『予知夢』から始まった未来変革 ~

    予知夢から始まる未来変革記

    135,000

    3,470


    2021年4月14日更新

    「背筋を伸ばして凛とありたい」 トワイス国にアンナリーゼというお転婆な侯爵令嬢がいる。 アンナリーゼは、小さい頃に自分に関わる『予知夢』を見れるようになり、将来起こるであろう出来事を知っていくことになる。 幼馴染との結婚や家族や友人に囲まれ幸せな生活の予知夢見ていた。 いつの頃か、トワイス国の友好国であるローズディア公国とエルドア国を含めた三国が、インゼロ帝国から攻められ戦争になり、なすすべもなく家族や友人、そして大切な人を亡くすという夢を繰り返しみるようになる。 家族や友人、大切な人を守れる未来が欲しい。 アンナリーゼの必死の想いが、次代の女王『ハニーローズ』誕生という選択肢を増やす。 1つ1つの選択を積み重ね、みんなが幸せになれるようアンナリーゼは『予知夢』で見た未来を変革していく。 トワイス国の貴族として、強くたくましく、そして美しく成長していくアンナリーゼ。 その遊び場は、社交界へ学園へ隣国へと活躍の場所は変わっていく…… 家族に支えられ、友人に慕われ、仲間を集め、愛する者たちが幸せな未来を生きられるよう、死の間際まで凛とした薔薇のように懸命に生きていく。 予知の先の未来に幸せを『ハニーローズ』に託し繋げることができるのか…… 『予知夢』に翻弄されながら、懸命に生きていく母娘の物語。 ※この作品は、「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス」「ノベリズム」にも掲載しています。 表紙絵は、菜見あぉ様にココナラにて依頼させていただきました。アンナリーゼとアンジェラです。 タイトルロゴは、草食動物様の企画にてお願いさせていただいたものです!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:36時間46分

    この作品を読む

  • 水底の手紙

    沈んでいく街でわたくしは手紙を書き続ける

    1,053,300

    10,855


    2021年3月7日更新

    拝啓 親愛なる先生 カミサマからのお告げで、街が水没することになりました。 丘の上にあるこの家で、わたくしは最後の日まで貴方に手紙を書くことにしました。 表紙→椿木るり様(@ruri_tubaki )よりいただきました 二次創作→ 「休日の二人と一匹」https://novelup.plus/story/301483406 第三回いっくん大賞で金賞をいただきました。 ありがとうございます!

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • 新聞部の奇妙で優雅な日常

    ラブコメ×ホラー×ミステリな青春ドラマ

    48,000

    325


    2020年6月14日更新

    【祝!投稿後一週間以内で日間ジャンル別一位、週間二位を記録!4/23】 「ふーん、私に欲情したってわけじゃないんだ」真っ暗な部室で僕は、謎の天然ぶっ飛び少女綴ちゃんに踏みつけられた。なんでも、新聞部のネタにするために『川歩高校三大七不思議』の一つ、『秘密の読書クラブ』に関する暗号を解かなければならないらしい。しかも、初恋の写真部部長、古渡先輩の妹さんらしいじゃないか! 先輩に写真部から新聞部への転部をお願いされた僕は、少しもやっとしながらも、綴ちゃんと一緒に学園に潜む怪奇へ立ち向かう。やがて知ることになる真実は、とても残酷で、美しく、そして、ほろ苦かった。 ミステリ×ホラー×ラブコメ×青春なミステリ好きでもそうでない人でも絶対楽しめる、至極の学園ドラマ! 最高のエンタメ小説を、是非、お愉しみください

    読了目安時間:2時間34分

    この作品を読む