プロフィール

令和2年の夏から掲載始めました、ただの雇われ人間です。 元々、本を読むのが好きで、偏ったジャンルしか読まないけど、 いつかは書いてみたいなと思ってたところポッカリ空いた時間が できたためスマホをとることになりました。 筆ではありません。スマホです。 普段、昼休みに下書きをスマホで、清書を家に帰ってからパソコンでやってます。 清書しても読み返すと気になるところとか…… ありますね……今後、要修正です。 とりあえず、10万字を目標に!と書き始めましたが、 なんと、もう目標は達成されたようです。 次の目標は、とりあえず、アンナの物語を完結させて、 娘の物語へ移行していきたいと… しかし、なかなか、進まない。 アンナさんは、寄り道ばかりです。 構想を練っているとあることが判明しました。 プロットが……書けない……書こうとすると とまってしまいます。 仕方がないので、今現在、プロットなしで書いてます。 だから、物語がグネグネしてるところが……あるかと。 後追いで、繋げていってますが、 なんとか今のところは繋がっているのかなぁ……と。 今現在、まだまだ、頭の中の構想では序盤ですから、 しっかり書いて、更新できるよう頑張る所存です。 ※ ハニーローズは、他のサイトに追いつくまで3話更新を続けます。   追いついたあとは、1日1話を基準に更新予定です。   気まぐれなので、わかりませんがね…… 「小説家になろう」・「カクヨム」・「アルファポリス」でも掲載しています。

ブックマーク

一覧

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡1,073,800

    〇15,580

    異世界ファンタジー・連載中・188話・871,486字 普門院 ひかる

    2021年3月4日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2021/1/14、1/22、1/27、2/18 部門別日間ランキング1位)

  • 第四章開幕!クソ野郎のための異世界戦記

    ♡312,920

    〇2,111

    異世界ファンタジー・連載中・105話・355,373字 朴いっぺい

    2021年2月28日更新

    ~クソ野郎の、クソ野郎による、クソ野郎のための異世界戦記~ 林克矢は、想いを寄せる級友・青葉里緒菜との関係に悩む高校生。 ……だったのだが、いきなり内戦真っ只中の異世界に、級友とともに転移してしまう。 兵士に襲われたところを難なく倒したら、異世界の将軍に戦士として雇われることに。 生き残るために戦場に出たら、里緒菜の視線にビビりまくってたおかげか、相手の視線が分かる能力が覚醒。 さらには剣を介してイメージを攻撃に変える技まで使えるようになり、打って変わったような大活躍を遂げる。 だが克矢の前に、級友たちや異世界の将軍の悪意が立ちはだかる。 (こんなところで、死んでたまるか…!) 克矢は級友たちと袂を分かち、やがて自分と同じ弱者のための国を作るという理想に目覚め突き進む。 そんな克矢への想いと憎しみの間で揺れ、狂い堕ちていく級友・里緒菜。 級友の一派を率い、異世界の趨勢に関わることに喜びを見出す学級委員・明実。 彼らの想いは時に惹かれ、時にぶつかりながら、やがて異世界すべてを巻き込む戦いの渦を創り出していく。 これは、想いが力になる世界に舞い降りた少年少女たちの、生き残りと居場所を賭けた青春の物語。 ◆◆◆◆ ※おかげさまで、2020/05/18 ジャンル日間1位&総合3位!ありがとうございます! ※週2~3回(土曜・日曜+どこか)の更新を目標にしています。 ※2020/05/24 追伸※ 作中、主人公たち以外のキャラクターの視点で描いているシーンがあります。 本筋のワンシーンは【(キャラの名前)】、本筋に絡まないシーンは【閑話】としてあります。 この辺の方針は書き上げていく中で変えるかもしれませんが、一旦この方針で進めます。

  • 記憶をなくして、妹はお兄ちゃんに恋をする

    ♡56,900

    〇550

    恋愛/ラブコメ・完結済・42話・162,635字 胡散臭いゴゴ

    2021年2月25日更新

    交通事故で記憶喪失になった中学生・此花桜子は、ちょっとモッサリしてるけど超タイプの男の子にひと目惚れする。此花遼太郎――自分の実の“お兄ちゃん”に。 初対面なのに生まれた時から一緒、物凄く近いのに近づけない。心は他人、体は血縁。あたしの毎日、どうなっちゃうの? 兄ラブ妹・桜子、今日も事故ります! 【最終話執筆済、絶対完結保証作品】 【実は血が繋がってないオチ絶対にナシ保証作品】

  • 新人魔法士たちが集まる研修、そこで……

    ♡1,799,565

    〇40,819

    現代/その他ファンタジー・連載中・108話・442,971字 秋真

    2021年2月22日更新

    ある『出来事』から日常は一変する。 その出来事の後、 各地に現れた魔法を使える者たち。 それぞれの『属性』に応じて魔法を『呼ぶ』。 国は彼らに「魔法士」の資格を与え士業に列し、その管理下に置いた。 混乱した社会。治安の悪化。 各地の人々はそれぞれの地域の都市圏ーエリアーに強制的に移住させられる。そこでのAIに管理された快適な生活。社会は落ち着きを取り戻しつつあった。 都内私立大学法学部に通う大学1年生、羽田悠貴。 テニスサークルにバイトに、とそれなりに満喫しているもののどこか満たされない日々。 サークル同期での学年合宿へ向かう悠貴たち。 そこで起こった出来事が悠貴の運命を変える。 ※※※※※※※※※※※ 初めまして、秋真(あきま)と申します。 都内で司法書士として働いています。 仕事の移動中の妄想をふとした時に小説にしてみたいと思って書き始めてみました。更新は暫くは仕事の関係で不定期になるかもですが週に何回かは更新していきたいと思っています。 現役司法書士が移動中の電車で描く妄想世界。 皆様方の暇潰しに少しでもお役立て頂ければ幸いです。 若輩者ですが宜しくお願い致します! ※こちらの作品は小説家になろう様、NOVELDAYS様にも投稿させて頂いています。

  • 取り返す、夫の愛を。

    ♡149,980

    〇1,840

    恋愛/ラブコメ・連載中・62話・165,460字 すだチ

    2021年2月15日更新

    ※表紙イラスト&第一章~第三章挿絵提供:大福餅(山浦大福)様⇒https://twitter.com/daih033 将棋を知らなくても、楽しめます。 将棋を知っていれば、もっと楽しめます。 でも、一番楽しめるのは、今から将棋を始めるあなたです。 Written by 深山希様⇒https://twitter.com/GUQBGgexDZww58y 【あらすじ】 新妻・園瀬香織(そのせ かおり)には夢があった。 それは、愛する夫・修司(しゅうじ)との甘々の新婚生活。新妻ならば当然の幸福を、彼女は思い描いていた。 だが。待ち受けていた現実は、あまりにも非情だった。彼女の他には誰も居ないリビングルーム。夫の帰りを独り寂しく待つ日々。居たたまれなくなり飛び出した先で、香織はついに涙を流してしまう。 不倫相手に負けたのなら、まだ諦めもつく。 よりによって、ただのボードゲームに敗北してしまうだなんて。 妻である自分よりも夫を夢中にさせているもの。それは──『将棋』。 そんなに面白いのか、そんなに魅力的なのかと思考を巡らせたところで、彼女はあることに気付く。 自分が将棋について、ほとんど何も知らないということに。 もしかして。自分が将棋の魅力を知って、その上で将棋を指せば、夫も振り向いてくれるんじゃないか? 一度気付けば、彼女の行動は早かった。 夫が通う、将棋道場へと向かう。目的は唯一つ、将棋を指すために。 そして、何より。 夫の愛を、取り戻すために。 【前書き】 将棋入門者にとって、初段は遥か雲の上の存在に見えます。 駒の並べ方・動かし方を知っている程度の主人公が、夫を振り向かせるために、少しずつステップアップしていく様子を描ければ良いなと思います。 将棋をよく知らない方にも読めるよう配慮した内容になっております。 どうかご一読いただけますとありがたいです。 なお、続きはTwitterにて連載中です⇒https://twitter.com/shinya1120 ※作中の局面図は、アプリの『ぴよ将棋』を用いて作成したものです。