プロフィール

何だかんだで小説書いてウン十年。 だらだら書きつづった小説をだらだら読んで下さる方、おいでませ(^ ^)

ブックマーク

一覧

  • 不思議な先生が語る不思議な町の噂話

    ♡59,750

    〇170

    ホラー・連載中・57話・102,733字 きざしよしと

    2021年2月13日更新

    逆衣町には蔵図書館と呼ばれる怪しい蔵がある。 今日も蔵図書館に集まった胡鶴、透真、凌の読書倶楽部の面々は、蔵図書館の主・藤丸鳴鶸に町の怪談話をねだるのであった。 語り言葉で綴られるホラー短編集。

  • 少しダークな、組織もの現代ファンタジー

    ♡440,195

    〇1,750

    現代/その他ファンタジー・完結済・112話・256,459字 三ツ葉 きあ

    2021年1月14日更新

    日本にある複合企業《P・Co》。その末端に、《Peace×Peace》――略して《P×P》という、ファッション部門の事務所がある。 通常業務は、服飾商品の開発と販促営業。その裏で、変則的に本社から送られてくる特務……主に、暗殺業務を請け負っている。 幼少期、とある組織の人体実験によって“蛇人間”になった潤は、《P×P》で副所長を務めていた。 所長は男女問わず複数人の“カノジョ”がいる、バイセクシャリスト。 長身細身の紫頭や、怪力女や、その怪力女に盲目的に恋をしているクールビューティー(?)な後輩女子や、怪力女と犬猿の仲の美形白髪頭や、その相方のモブ顔や―― そんな愉快な仲間たちの、少しダークで、時折くすりと笑える日常。 そんな日常に現れる、潤の複製少年と少年愛好家の女。 食べたり飲んだり笑ったり怒ったり喰べたりする、ちょっとハードな日常の一部分。 ◇◆◇ ブックマーク、コメント、スタンプなどを頂けると跳んで喜びます。 ご新規読者様、大歓迎です! ※作品の一部に、LGBT(性的少数者)、虐待、暴力、残酷な表現が含まれます。 苦手な方はご注意ください。 本作はどちらかというと、女性向け(らしい)です。 ※小説家になろうからの転載です※ 2017年12月27日に完結した作品です。 (なろう版とは間違い探しレベルで違う箇所があります) ※挿し絵も自作※ なろう版より、挿し絵も増えています。

  • バラバラになった妖精の魂を集める物語

    ♡22,200

    〇70

    恋愛/ラブコメ・連載中・12話・13,144字 月丘ちひろ

    2021年1月11日更新

    これは砕けた妖精の魂を集める物語。 ある日、僕こと和泉結威の前に妖精王を名乗る男が現れる。 妖精王は一人の妖精の少女とともに、砕け散った精霊の魂を捜して欲しいと依頼を持ちかける。 あまり乗り気ではなかった僕だが、亡くなった大慈おじさんの遺言でもあったため、引き受けることにした。 砕け散った妖精の魂……それは、幼い頃の僕が助けた妖精王の娘カグラの魂だった。 砕かれたカグラの心は人々の傷ついた心の隙間を埋めていた。 僕は妖精と同調できる力「神通力」を武器に、砕け散ったカグラの魂集めに奮闘する。

  • 無類の『悪』が織り成すダークファンタジー

    ♡553,800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・292話・1,078,841字 NZK

    2020年7月20日更新

    齢十二にして、向田静流は異世界『箱庭』に落ちた。 神と呼ぶべき存在が程近い、ゆえに眷属たる人間の肉体性能が地球よりも遥かに高いその地で、記憶すら失くし彷徨っていた彼の窮地を救ったのは、幻想めいた美貌を持つ一人の女性。 彼女に拾われ、薫陶を受け続けた少年は。やがて優れた医者となり、希少な治癒魔法使いとなり――血肉喰らう殺し屋となった。 凶暴極まる魔人、怨嗟に喘ぐ王女、裏切られた聖女、高潔なる騎士、幼き殺人鬼、多重人格の狂人、国すら滅ぼしうる魔獣に至るまで。悉くを手玉に取り、今宵も彼は乞われるまま誰かを救い、或いは命じられるまま誰かを殺す。