プロフィール

コウテイペンギンさん

九藤 朋

Lv   :11

作品数 :6

ジョブ :れびゅにゃ~

称号  :第1回歴史・時代小説大賞応募者

アバター:コウテイペンギンさん

レビュアーポイント:7pt

九藤 朋と申します。 主に純文学系を書いています。

ブックマーク

一覧

  • 大正ロマン×文学×異能力バトル!

    ♡297,931

    〇8,045

    歴史/時代・連載中・99話 芥生夢子

    2020年2月24日更新

    舞台はロマンでモダンでデモクラシイな大正時代! 出版社の新人編集者・虎丸は、謎の同人雑誌で『狂人ダイアリイ』という小説を連載する幻想文学作家・八来町八雲に原稿を依頼するため意気揚々と東京までやってきた。 たどり着いたのは五人の小説家が暮らす怪しい洋館。彼らの書く文字には不思議な力が宿っており、虎丸は原稿と引き換えに怪異と闘うことになってしまう。 やがて、八雲に隠された秘密を知っていき──。 文字と言葉の異能力を操る小説家たちの大正ファンタジー! ※イラストは神風銀さまに描いていただきました。(★のついた話がイラスト入り) ※実在する作家や作品の名称も登場しますが、ストーリーに絡むものはすべて架空です。 ※マグネットマクロリンク、小説家になろうでも同時掲載中です。話の筋は変わりませんがこちらはかなり改稿が入っており、マグマク版とは構成や一部呼称、歴史ジャンルに合わせるため表記などが異なります。

  • 歪められた英雄の歴史が、ここに。

    ♡242,900

    〇2,335

    歴史/時代・連載中・99話 さくも

    2020年2月24日更新

    源平合戦。 平安時代の終わり、源氏と平氏の戦いと言われる戦乱の時代である。 その時代を、必死に生き抜いた一人の男がいた。 彼の名は、源義仲。 木曽の山中から挙兵し、圧倒的兵力差の中でも戦い抜き、京の都から平家を追い落とした希代の英雄である。 彼は、どこまでも人間らしい英雄であった。 そして誠実に生き抜いた。どこまでも誠実に、ひたむきに生き抜いた。――そんな男だった。 【おしらせ】 12/3 登場人物一覧ページ移植しました。 12/13 1月いっぱいはおやすみします。連載再開は2/1になります。 2/1 連載再開します。改めてよろしくお願いします。 挿絵:九藤 朋 様 ツイッター:@kudou_tomo ノベプラ:https://novelup.plus/user/510700127/profile

  • 平安末期の鬼を巡るちょいコメディ奇譚

    ♡83,400

    〇150

    歴史/時代・連載中・74話 田中ヒロミチ

    2020年2月23日更新

    その風体は金色の髪に金色の眼 平安時代末期、はじまりの舞台は混沌たる平安京……から少し北にある鞍馬山。天狗に拾われた少年鬼後は、修験者を相手に遊び、山の中を跳び回る日々を過ごしていた。 そんなある日、修験者たちに混じって一人の少年が鞍馬山を訪れる。名を仁科大助と言った。……後に歴史の裏舞台で暗躍することとなる男である。 時を同じくして鞍馬寺へと預けられた遮那王(源九郎義経)は年の近い二人の噂を聞きつけ鞍馬山へと足を踏み入れる。 鬼後は、小さな胸に大志を抱く二人に惹かれ、次第に憧れていく。また、仁科大助と遮那王は、自由に生きる鬼後に惹かれていった。 ひとつの時代が終焉を迎えようとするなか、彼らは新時代を担う立役者となるべく、時に醜くも足掻き、泣き、笑い、絆を深めながら成長し、それぞれの路へと進んでいくことになる。 現世を生きる『鬼たち』の思惑と混在する野心は、誰にも譲れぬ夢を果たすために、周囲を容赦なく巻き込んで肥大化していく。 ある者は平清盛率いる平氏に ある者は後白河院に、 ある者は台頭する源氏に そして彼らは『忍び』となった。 …あと女装したりさせられたり、酒に酔ったり酒臭かったり、飛んだり跳ねたり、百鬼夜行に出会ったり、懐かれたり、軟禁されたり……殺したり、殺されたり。 ※表紙:九藤 朋さん作

  • 魔術ミステリー的なダークファンタジー(?

    ♡59,721

    〇未参加

    現代ファンタジー・連載中・48話 憂鬱太郎

    2020年2月16日更新

    それぞれの章は独立しているオムニバス形式です。 四章まで完結しておりますので、安心して読み始めて下さい! (近世英国を想定した現実寄りの世界観です) / 第一章/欠けた模倣犯 『始めから崩壊を定められた茶番劇でしかない』 第二章/麗しき人型人形 「ずっと待ってたの。この地獄から抜け出せる日を」 第三章/憎悪の獸 『どこか見慣れぬ場所へ沈む自我に、どこか懐かしさを覚えて』 第四章/笑う殺人鬼 「──ハ、やっぱ気持ち悪いわ。オマエ」

  • あまがえる同題異話参加作品です

    ♡38,800

    〇1,050

    恋愛/ラブコメ・完結済・8話 紫蛇ノア

    2020年2月16日更新

    とある理由で引きこもりを続ける黒住白羽は、家に来訪した担任教師晴寄耕也に一つ頼みごとをする。 「この木の枝を、来るたび一つ一つ手折ってはくれませんか?」 白羽が指さした方向には確かに立派な桃の木が一本。 不思議に思いながらも条件付きで承諾した晴寄だったが、そのとき歯車は徐々に加速し始めていた。 彼女が引きこもる理由とはなにか。桃の枝を折る理由とはなにか。 次々と明かされ降りかかる罪と罰。 小さな春花に秘められた物語をお楽しみください。 雨川はねる(@SalvagerWe)さんの企画「あまがえる同題異話」参加作品です。